大阪・動物園前の中国居酒屋「えいちゃん」は料理もうまい

2015/10/10

えいちゃん

カワイイ中国人のおねえちゃんが話の相手をしてくれながら、価格は完全に居酒屋価格の、大阪・動物園前の居酒屋「えいちゃん」。ここは、ただおねえちゃんがカワイイだけでなく、料理もうまい。

 

◎スポンサーリンク


 

このあいだ、といってももう1ヶ月くらい前になるのだが、大阪でデモがあったとき、帰りに動物園前の居酒屋「えいちゃん」に顔を出すことにした。

えいちゃん

チーママ・れいなちゃんから、「ぜひまた来てね」と連絡をもらっていたからだ。

 

この店をはじめて知ったときは、衝撃だった。

設定としては、「ガールズバー」とまったく同じ。中国人のカワイイおねえちゃんが、カウンターの向こうで話の相手をしてくれる。

中国人の女性は愛嬌があるから、カラオケをデュエットしたりして、おっさんとしては楽しいわけだ。

 

ガールズバーなら、セット料金が1時間3,000円、それにだいたい、女の子2人くらいにせがまれて、1杯ずつおごるハメになったりして、1時間で5,000円くらいは取られることになるのが相場。

ところがこのえいちゃんは、掛け値なし、まったくの居酒屋価格なのである。

 

飲み物は、生ビールや酎ハイなどなら400円くらい。つまみは500円くらい、カラオケは1曲100円で、チャージはない。

完全に注文した分だけ払えばいいから、2,000円もあれば2時間くらい、十二分に楽しむことができる。

 

これはほとんど、「天国」と言えるのではないだろうか。そういう店が、動物園前にはえいちゃんのほかに30~40軒あるというからオドロキだ。

 

しかも特筆すべきなのは、このえいちゃん、料理もうまい。

料理は、日本人に合わせたいわゆる居酒屋料理の、焼き鳥だの、イカ焼きだの、みたいなものも用意されている。でもそれよりも、ママかチーママ・れいなちゃんに頼んで、中国料理を作ってもらうのがおすすめだ。

2人とも、もちろん料理は普通にできる。

本場中国人が作る、本格的な中国家庭料理が食べられるという話なわけで、これはかなりレアだと思う。

 

こないだは、まずジャガイモのシャキシャキ炒めがカウンターに並んでいたから、それを頼んだ。

ジャガイモのシャキシャキ炒め

ピリ辛味で、ニンジンときゅうりも入って、ちょっとしたサラダ感覚。

 

それかられいなちゃんが作ってくれたのが、トマトと卵の炒め物。

トマトと卵の炒め物

これも、日本の中華料理屋ではなかなか食べられないだろう。ほっこりとするやさしい味だ。

 

ママが作ってくれた、焼きそば。

焼きそば

これは日本人に合わせてニンニク控えめ、そのかわり削りぶしがかけられている仕様で、ちょっと残念。今度注文するときは、本格的な中国人仕様のやつを作ってもらおうと思っている。

でも味は、細麺がプリプリで、大変うまい。

 

あとはサービスで、青唐辛子とジャガイモの炒め物。

青唐辛子とジャガイモの炒め物

 

それに、ひまわりのタネなども出てきたりする。

ひまわりのタネ

 

3品の料理を頼み、酒を5杯飲んで、カラオケを2~3曲歌い、お勘定は4,000円ほど。

えいちゃんがもし家の近くにあったら、毎日でも通ってしまうのではないかと思うくらいだ。

 

■えいちゃん

住所 大阪府大阪市西成区山王2-13-24
電話 06-6643-9620
営業時間 15時~23時
定休日 水曜

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

天国のような中国居酒屋「えいちゃん」〈続報〉

大阪・動物園前「えいちゃん」は天国のような居酒屋だ

大阪・十三の韓国居酒屋「あらい商店」で飲み過ぎるのは仕方ない

ほっこり落ちつく隠れ家カレー。大阪瓦屋町「StudioFATE」

これは行くべき。神戸三宮サンセット通り「餃子屋 社領」
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-084 飲食店