ゆで時間30秒がコツ。キムチのソーミンチャンプルー

キムチのソーミンチャンプルー

これはこないだの昼食、キムチのソーミンチャンプルー。ソーミンチャンプルーは、ゆで時間を30~40秒と、とても短くするのがコツだ。

 

◎スポンサーリンク


 

ソーミンチャンプルーは、手軽な昼飯としてうってつけ。具も特別なものは必要なく、そうめんをゆでて炒めるだけだから、あっという間にできてしまう。

使う具は、基本はツナ缶とニラ。ニラがなければネギでもいい。

味つけは、塩コショウが基本だけれど、このときはキムチを使うことにした。

キムチのソーミンチャンプルー

 

まずそうめん2束をサッとゆでる。この「サッと」というのは、ほんとにサッとやるのがコツで、ゆで時間は30~40秒。

それだとまだ、はっきりと芯がある。でもそのあと炒めるから、それと合わせるとちょうどよくなる。

ゆで上げた麺はザルにあけて水をかけ、冷やす必要まではないけれど、粗熱をとっておく。

 

フライパンに、

  • ツナ 1缶(油ごと)
  • キムチ ツナと同量くらい
  • ゴマ油 大さじ1

を入れて中火にかけ、2~3分、じっくり炒める。

斜め切りにしたネギを入れて炒め、ネギがしんなりしてきたら、ゆでたそうめんを入れて炒める。

 

炒め時間も1分くらいにするのがコツで、それ以上炒めてしまうと粘り気が出てしまう。

味つけは、キムチを入れれば、他には何も入れなくていいと思う。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

簡単にできてしかもウマイ。豚肉の焼きそば

ナスのソーミンチャンプルーはわりと簡単にできるので、手軽な昼めしとしていいのである。

ソーミンチャンプルーは作るのは簡単で、ありきたりの材料しか使わないのに、どこかエスニックな趣きがあるのである。

トマトとツナの焼きソバは、さわやかな夏の味である。

ツナチャーハンは、簡単にできるのに文句のつけようがなくうまいのである。
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-06 昼飯
-