風邪を引いたらこれだ!ソーセージとじゃがいものリゾット

2015/09/29

ソーセージとじゃがいものリゾット

きのうは、ソーセージとじゃがいものリゾット。これは、風邪を引いたときには非常におすすめ。

 

◎スポンサーリンク


 

おとといの夜から、風邪で熱がでて寝込んでしまった。おれは寝込むほどの風邪を引くのは5年に1ぺんくらいなもので、その5年に1ぺんが今回だったことになる。

寝込んでいても、腹は減る。

朝と昼は、いつも通り前の日の残りを食べたが、晩飯は、やはり新たに作らないといけない。

何を食べるか考えた末、一択で思い浮かんだのが、ソーセージとじゃがいものリゾットだった。

ソーセージとじゃがいものリゾット

 

まあまずは、「病人だからお粥」というのが、あるにはある。洋風お粥であるこのソーセージとじゃがいもを入れたリゾットは、これまで何度もつくり、ウマイのはわかっていた。

それで詳しく作り方を考えてみたところ、どうしても、ニンニクとパセリを入れたくなったのだ。

おれはこれまで、ニンニクやパセリは、家では基本的に使わないことにして、ショウガや青ねぎなどの和風素材に置き換えるようにしている。

でもきのうは、どうしてもそれを入れたものを食べたくなった。

 

これは、後から考えてみると、風邪と戦うおれの体が、「ニンニクとパセリを入れろ」と主張したのだ。

ニンニクは、スタミナを回復するのに最強の素材なわけだし、それからパセリは、すべての野菜、果物の中で、トップレベルのビタミンCを含んでいるとのことだ。

風邪のウイルスと戦うためには、免疫細胞に頑張ってもらうことが必要だ。ビタミンCは、免疫力を高めるために、大きな効果があるそうだ。

 

ソーセージと玉ねぎも、スタミナを回復するには効果がある。

なのでこのソーセージとじゃがいものリゾット、風邪を引いたときに食べるには、非常におすすめなのである。

 

 

作るのは、風邪っぴきでもできるくらいで、非常に簡単。

ソーセージとじゃがいものリゾット 作り方

鍋に、

  • オリーブオイル 大さじ2
  • ニンニクみじん切り 1かけ分
  • 玉ねぎみじん切り 4分の1個分
  • 5ミリくらいの小口切りにしたウインナーソーセージ 3本
  • 1センチくらいのサイコロに切ったじゃがいも 1個

を入れて強めの弱火くらいにかけ、2~3分、じっくり炒める。

この料理はウインナーの味がほとんど全てということなので、やはりウインナーはあまり安いのではなく、シャウエッセン、アルトバイエルンクラスのを使うのがおすすめだ。

2~3分炒めたら、洗っていない生の米・2分の1カップを入れ、さらに2~3分、じっくり炒める。

 

ソーセージとじゃがいものリゾット 作り方

米に油がまわったら、沸かしたお湯・2カップを加え、鍋の底がくっつかないよう、揺すりながら、1~2分、しっかり煮立てる。粘り気が出てしまうので、「混ぜずに揺する」のがコツとなる。

揺すりながら、

  • 酒 大さじ1
  • 塩 小さじ1(味を見ながら)

ほどで味つけする。

 

フタをして弱火にし、「25分」炊く。

コショウ・少々を振って、火を止める。

 

 

器に盛り、粉チーズとパセリのみじん切りをかける。

ソーセージとじゃがいものリゾット

 

やさしい味で、食欲が落ちがちな風邪っぴきには、まさに打ってつけ。

ソーセージとじゃがいものリゾット

 

 

あとは、冷やしトマトに、塩とレモン汁、オリーブオイル、パセリをかけたの。

冷やしトマト

酒は、作っている最中にうすいの2杯くらいを飲んだだけで、あとはやめておいた。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

簡単でワンランク上の味。ピーマン肉詰めトマトソース煮

ネギはドたっぷり。豚肉の肉吸い

時間はかかるが手間はかからず死ぬほどウマイ。台湾おでん

隠し味を入れるのがコツ。豚しょうが焼き

簡単にできてしかもウマイ。豚肉の焼きそば
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-013 牛肉