時間はかかるが手間はかからず死ぬほどウマイ。台湾おでん

台湾おでん

きのうは、檀一雄レシピ「台湾おでん」。時間はかかるが手間はかからず、しかも死ぬほどウマイのだ。

 

◎スポンサーリンク


 

きのうは疲れがまだ抜けない上に、寝冷えして風邪を引いてしまった。まさに、弱り目にたたり目。

これは何としても、精がつくものを食べなくてはいけない、、

というわけで、豚ばら肉に、ネギたっぷりの「台湾おでん」。

台湾おでん

 

これは、檀一雄が『檀流クッキング』に載せているレシピ。

友達の邱永漢が遊びに来たとき、
「ひとつ、台湾の、一番簡単で、面倒の要らない料理を教えてくださいよ」
と頼んだところ、邱永漢が深鍋ひとつで作ったのがこれだったとのことだ。

邱永漢もそのことを、自著『食は広州にあり』に書いている。

そちらも参考にし、ほんのちょっとだけアレンジして、おれもこれまで何回も作っている。

 

作るのは、とにかく簡単。はじめに材料を入れて2時間煮て、最後にさらに、少し材料を加えるだけ。「台湾で一番簡単」というだけあり、手間は全くかからない。

でありながら、豚ばら肉もネギもトロトロに仕上がって、絶品だ。

 

この台湾おでんは本当は、ネギを大量に入れるのがポイントなのだ。檀一雄は、「2束3束」と書いている。

きのうは浅い鍋で作ったから、ネギは1束(太いの2本)しか入らなかった。でももし深鍋が家にあれば、それで作るのはおすすめだ。

 

 

台湾おでん 作り方

鍋に、

  • 豚ばらブロック肉 300グラム
  • 鍋に入るくらいの長さに切ったネギ 1束(2~3本)
  • 薄切りにしたショウガ 2~3センチ大
  • 水 4カップ
  • しょうゆ 4分の1カップ(=100cc)
  • 酒 4分の1カップ

を入れて中火にかけ、煮立ってきたら、弱火にする。

しょうゆは、水・1カップに対して大さじ2くらい(水・4カップなら120cc)が適量だが、初めは少し薄めにしておく。

 

水の量は、豚ばら肉は、きちんとかぶるくらいにする必要はある。ただしネギはすぐにしんなりするから、ネギをたくさん入れる場合でも、水面から出てしまうからといって、ことさらに水の量を増やさない方がいい。

檀のレシピにはないのだが、邱のレシピには、ニンニクとショウガを入れることになっている。おれはニンニクを使わないので、きのうはショウガだけを入れた。

 

台湾おでん 作り方

フタをして、弱火でコトコト2時間煮る。

煮詰まって水が少なくなったら、適宜足す。

 

台湾おでん 作り方

味を見て、塩辛ければ水を、味が足りなければ、しょうゆを入れる。

ゆで卵としいたけを入れて10分くらい煮て、火を止めたら少し置いて味をしみさせる。

 

 

皿に盛り、からしを添えて、青ねぎをかける。

台湾おでん

肉はかなり柔らかくなっているから、鍋の中に包丁を入れて切ってしまえば、崩してしまうこともない。

 

これはまず、ネギがトロトロになり、しかも味と油をたっぷり吸って、たまらない。

台湾おでん

 

豚ばら肉も、トロトロ。

台湾おでん

味もバッチリしみていて、手間をかけて角煮などを作るのが、馬鹿らしくなるほどだ。

 

それからこれは、檀のレシピにも邱のレシピにもないのだが、かつお節をかけると、味が完全に整って、死ぬほどウマイ。

台湾おでん

 

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

それに、もちろん、ご飯。

ご飯

 

 

「年なのに無理するからダメなんだよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

隠し味を入れるのがコツ。豚しょうが焼き

キムチ鍋のバリエーション。ブテチゲ鍋

卵が入ってやさしい味。豚肉入りのニラ玉

簡単にできてしかもウマイ。豚肉の焼きそば

デモの前にはニラ入りの豚キムチ丼!
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉