【まとめ】枝野幹事長が梅田にきた!

枝野幹事長 街宣

大阪・梅田でおこなわれた、民主党・枝野幹事長の街頭演説に行ってきた。演説の途中は「いいぞ!」とかの合いの手を入れ、終了後の握手会では「野党共闘たのしみにしています!」と声をかけ、民主党を応援しつつも、プレッシャーをかけておいた。

 

◎スポンサーリンク


 

https://twitter.com/MetalGodTokyo/status/645807673544282112

 

ちなみに枝野幹事長は、ニックネームは「えだのん」。ラーメンが好き。

えだのん

 

開始10分前に、街宣予定場所についた。

地元議員による前説はもう始まっているのに、まだ人は全然いない、、

 

やがて枝野氏到着!

 

話しだした。

 

その頃には、だいぶ人も増えてきた。

 

国会前でも掲げられた、「さよなら晋三」のダンマクが、ここでも掲げられた。

 

枝野氏は、さすが幹事長にまでなるだけあって、話がうまい。

しかも、
「立憲主義は民主主義と共にあるもの。憲法を守らなければ、民主主義は成り立たない」
と、今回シールズを初めとする反対運動の主張を、きちんと汲み取ったものになっている。

聴衆はみな、「いいぞ!「ガンバレ!」など、演説の合間合間で枝野氏を応援。

 

ただし、「野党共闘ガンバレ!」のかけ声に対しては、反応が鈍い。

この街頭演説が、地元大阪の候補を応援することが目的だったこともあるのだろうし、色々党内事情もあるかもしれない。

「自民党に対抗できる軸を、きちんと打ち立てることを含め、考えていきたい」
などと、言葉を濁す。

 

そのため、街宣終了後の握手会で、握手する人の全員から、
「野党共闘お願いします!」
「野党共闘ガンバってください!」
と言われまくる、枝野幹事長。

枝野幹事長は、けっきょく言葉を濁したままだったのだが、地元の参議院議員の人は、
「野党共闘、ぜひガンバります!」
と、握手する手を強く握り返してきた。

「民意がここにある」ことを感じ取ったのではないかと思う。

 

その後のみんなの反応

枝野氏は、きのう夜の段階で、「野党共闘を前向きに受け止める」と語ったそうだ。街宣でお願いした効果があったのかも、、

 

大阪の地元議員のほうが、枝野氏よりも、野党共闘に積極的だったことについては、こんな意見も。

https://twitter.com/AntifaHiroshima/status/646669073292525576

 

それからきのうは、「路上ロビイング」が始まった、記念すべき日になったようだ。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

【まとめ】来年春の参院選にむけ、早くも野党が共闘の動き

「民主主義って何だ?これだ!」~9.18国会前抗議

けっきょく居残り、きのうもまた国会前で抗議デモ

9月16日強行採決予定日の新横浜シットイン、雨の国会前抗議
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-0891 ツイート
-