マジでドミグラスソースの味。みそ煮込みハンバーグ

2015/09/16

みそ煮込みハンバーグ

きのうは、みそ煮込みハンバーグ。八丁みそを煮込むと、マジでドミグラスソースの味なのだ。

 

◎スポンサーリンク


 

ハンバーグが好きな人は、多いのではないかと思う。

おれの場合は、子供のころから食べ過ぎて、何しろ家でしょっちゅう出てくるのはもちろん、親に食事に連れて行ってもらうといえば、レストランでハンバーグ、高校生になって友達と食事へ行くといえば、当時大ブームだったファミレスでハンバーグだったりしたわけで、もうハンバーグには飽き飽きしているのだが、それでもたまに食べたくなる。

 

自分でハンバーグを作るのは、ハンバーグ本体は、大して難しいことはない。問題は、「ソースをどうするか」になるだろう。

ハンバーグを本格的に作るとなれば、ドミグラスソースが本式だ。でもドミグラスソースは、自分で作るとなると膨大な時間と手間がかかるから、さすがにやる人は少ないはずだ。

缶詰のソースを買ってくるか、またはウスターソースとケチャップでソースを作るか、、

おろしポン酢という手もあるが、いずれにしても、料理としてあまり面白みはない。

 

ところがこのハンバーグのソースを、実に手軽に、しかもおいしく仕上げる方法があるのである。

それは、「八丁みそ」を使うことだ。

八丁赤出しみそ

 

八丁みそは、肉と煮込むと、ドミグラスソースそっくりの味になる。

といっても、名古屋でみそ煮込みやみそカツを食べたことがある人は、ドミグラスソースとは思わなかったかもしれないが、あれは甘みが強すぎるからなのだ。

名古屋は独特の食文化があり、八丁みそで煮込む時には、大量の砂糖を使う。この甘みによって、ほんわりとした「幸せ感」がかもし出されるようになっている。

 

でも名古屋以外の人間にとっては、あれはやっぱり、ちょっと甘すぎる。それで砂糖を控えるようにしてみると、これがドミグラスソースそっくりの、コクと深みがある味になるのである。

 

ちなみに西京みそは、煮込むとホワイトソースそっくりだ。

べつに八丁みそも西京みそも、ドミグラスソースやホワイトソースを真似たわけではないわけで、それがこうして、西洋のソースと共通点があるというのは、面白いことだと思う。

 

八丁赤出しみそと西京みそは、どちらもとても使い出がある。常備しておくのはおすすめだ。

 

さてみそ煮込みハンバーグを作るには、まずハンバーグを作る。

ハンバーグは、もしこだわりがあるのなら、そのやり方でやってもらったらいいのだが、おれはハンバーグにあまりこだわりはない方だから、手軽にできるやり方を選んでいる。

 

みそ煮込みハンバーグ 作り方

まず器に、

  • 牛豚合いびき肉 200グラム
  • 玉ねぎみじん切り 2分の1個
  • ショウガみじん切り 1~2センチ大
  • 溶き卵 2分の1個
  • 塩 小さじ2分の1
  • 酒 小さじ2分の1
  • 醤油 小さじ2分の1
  • 片栗粉 大さじ1

を入れて、よくこねる。

ハンバーグには、普通パン粉か食パンを使うわけだが、おれはハンバーグもパンもめったに食べないから、パン粉も食パンも1度ハンバーグを作るために買ったとしても、絶対に余してしまうことになる。

それでハンバーグにも、肉団子同様、片栗粉を使っているが、味はまったく問題ない。

 

みそ煮込みハンバーグ 作り方

ハンバーグのタネを適当な分量とり、両手でキャッチボールして空気を抜き、まん中をへこませて形を整える。

おれはいつも、夜と翌日の昼との2食分を作るから、ハンバーグも2つに分けた。

これを、サラダ油・大さじ1を引いたフライパンを中火にかけ、表と裏をそれぞれ2~3分、こんがりと焼き色がつくまで焼く。(あとで煮るから、中まで火を通す必要はない)

 

みそ煮込みハンバーグ 作り方

ハンバーグが焼けたら、水・1+2分の1カップを注ぎ、調味料、

  • 八丁赤出しみそ 大さじ3
  • 酒 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • 醤油 小さじ1
  • おろしたショウガ 1~2センチ大

を入れる。

 

みそ煮込みハンバーグ 作り方

 

ゴロゴロに切ったじゃがいもとニンジン、玉ねぎを入れ、フタをして、強めの弱火くらいで20~30分、じゃがいもとニンジンが柔らかくなり、煮汁が3分の1くらいに煮詰まるまでコトコト煮る。

ハンバーグと野菜が煮汁から顔を出すので、時々スプーンで煮汁をすくい、上からかけるようにすると、味がしみる。

最後に味を見て、もし辛ければ砂糖を、甘ければ醤油を足す。

 

 

皿によそい、青ねぎをかけてからしを添える。

みそ煮込みハンバーグ

 

みそ煮込みハンバーグ

 

これは、マジでうまいのだ。

知らない人に食べさせたら、絶対に「ドミグラスソースだ」と思うと思う。

 

 

あとは、うす味のみそ汁。

みそ煮込みハンバーグ

酒飲みには、汁物は必須なのだ。というか、酒を飲む際には水分を補給する必要があるわけで、食事の時には、水だと口の中がリセットされてしまうから、水分は汁物で取るのがいいのである。

 

鍋に、

  • 水 1+2分の1カップ
  • 頭とワタを取った煮干し 1つまみ
  • 3ミリ厚さくらいに切った大根
  • 3ミリ厚さくらいに切ったニンジン
  • ささがきにし、水に5分くらいさらしたゴボウ
  • 厚揚げ

などを入れて中火にかけ、煮立ったら弱火で5分煮る。

酒・大さじ2と、淡口醤油・小さじ2を入れて、さらに5分くらい、野菜が柔らかくなるまで煮る。

火を止めて、大さじ2くらいのみそを味を見ながら溶き入れる。

 

酒は、常温。

酒

 

シメは、ご飯。

ご飯

 

 

きのうも、みそ汁を一口すすり、ハンバーグを一口食べたとたんに、「つくづくうまい」と思い、幸せ感が、じんわりと体を満たす。

おれの場合、これは基本的に、毎日だ。

 

この幸せ感は、ただうまいものを食べたからといって、湧いてくるものではないだろう。自分が「食べたい」と思っていた、まさにその期待通りのものを食べるからこそ、感じられるものだと思う。

だから食事で幸せを感じたければ、自分で作るのが一番なのだ。

料理をしない男には、まったく申し訳ない話である。

 

「あきれた自己満足ぶりだね。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

白みそは鶏肉・白菜とよく合う。鶏肉団子の白みそ鍋

抜群にうまい。ゴーヤと厚揚げのピリ辛みそ煮込み

アサリと白菜の白みそ汁/だしは自分で取るのがオススメなのだ

豚肉とレタスのピリ辛みそ炒め/うまいものは自分で料理しないと食えないのだ

万願寺と豚肉のみそ炒め/つまらないもんを食べてる奴は人間がつまらないのである
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-013 牛肉