チンジャオロースよりこっちがうまい。ピーマンの豚キムチ

2015/09/26

ピーマンの豚キムチ

きのうは、ピーマンの豚キムチ。チンジャオロースよりこっちの方が、絶対にウマいのだ。

 

◎スポンサーリンク


 

きのうはスーパーで売っていた、肉厚でツヤツヤ光ったピーマンを「主役」にすることにした。

ピーマン

 

おれは献立を考えるとき、まずは主役を何にするかから考えることが多い。主役が決まれば、あとは主役を引き立てるような脇役や、味つけを考えればいいだけだから、献立は一気に決まる。

 

ピーマンといえば、やはり何といっても代表料理はチンジャオロース。ピーマンは豚肉との相性は抜群だし、醤油ベースの味つけもよく合う。

しかし、豚肉と炒め合わせるのはいいとして、味つけは、醤油よりも「キムチ」の方が合うのだ。

何しろピーマンは、辛みがないとはいえ唐辛子の一品種。唐辛子との相性が最高なのだ。

 

そこできのうは、豚キムチにサッと炒めたピーマンを加えた。

ピーマンの豚キムチ

これが超絶にうまかったわけで、チンジャオロースよりこっちの方が、絶対ウマイ。

 

ピーマンと一緒に、ピーマンとはやはり相性がいい玉ねぎも加えた。

それから焼麩。

焼麩

焼麩はすき焼きなどに入れるのが、関西では定番。すき焼きだけでなく、汁気が多めの炒め物などに入れると、これがまたウマいのだ。

 

 

まずピーマンと玉ねぎを炒める。

ピーマンの豚キムチ 作り方

ピーマン・3個と玉ねぎ・4分の1個は、タテ5ミリ幅くらいに切り、サラダ油・大さじ1を引き、中火にかけたフライパンで、たぶん2~3分、「しんなりとし始めたな」というタイミングまでサッと炒め、皿に取り出しておく。

 

あらためて、フライパンにゴマ油・大さじ1を引き、まず5センチくらいに切った薄切りの豚「バラ」肉・100グラムを敷き詰めて、その上に、豚肉と見た目同量くらいのキムチを敷き詰める。

ピーマンの豚キムチ 作り方

5分くらい置き、肉にキムチの味がしみたところで弱火にかけ、5分くらい、時々混ぜながらじっくり炒める(というか、焼く)。

 

ピーマンの豚キムチ 作り方

調味料、

  • 酒 小さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 淡口醤油 小さじ1
  • キムチの汁 大さじ1(あれば)

を加えてサッと混ぜ、

  • 水に浸して絞り、食べやすい大きさに切った焼麩(2~3センチ大) 3個
  • 取り出しておいたピーマンと玉ねぎ

を入れて、中火で1~2分、焼麩が煮汁をほぼ吸うまで炒める。

 

 

皿に盛り、ひねり潰したゴマをかける。

ピーマンの豚キムチ

 

ピーマンの豚キムチ

味を吸った焼麩が、またたまらないわけである。

 

焼麩がなければ、油あげなどを入れてもいい。

何も入れなくても問題はないが、せっかくだから、汁気を吸うものを何か入れる手なのである。

 

 

あとは、鶏肉の赤出し。

鶏肉の赤出し

これは、残り野菜の処理を兼ねたもの。

 

2カップ半の水に、頭とワタを取った1つまみの煮干しを入れ、10分くらい弱火で煮出す。

酒・大さじ2を入れ、八丁赤出しみそ・大さじ2~3を溶き入れて、鶏肉と、好きな野菜を柔らかくなるまで煮る。

 

酒は、常温。

酒は、常温

 

シメは、ご飯。

しめは、ご飯

 

 

きのうも、料理はあまりのウマさだった。

こんなにうまいと、「酒を控えろ」というのは土台無理な話なのだ。

 

「飲み過ぎなくてもいいと思うよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

これがマジでばっちりウマい。コチュジャンのぶり大根

ほっぺたが100回落ちる。サンマつみれのキムチ鍋

ゴーヤにはキムチが一番。ゴーヤの豚キムチ丼

マジでうまい。サンマのなめろうキムチ入り丼

抜群にうまい。ゴーヤと厚揚げのピリ辛みそ煮込み
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-