マジでうまい。サンマのなめろうキムチ入り丼

2015/09/26

サンマのなめろうキムチ入り丼

きのうはサンマのなめろうキムチ入り丼。これは、マジで、うまい。

 

◎スポンサーリンク


 

おれは、
「料理は新しいメニューにチャレンジするのが楽しみ」
と思うタイプ。

「これはイケるはずだ」と思ったものを実際に作ってみて、それが成功したときの喜びは、何物にも替えがたい。

といってもやったことがないものを作るのは、失敗のリスクがある。そこでそれが本当にうまいかどうか、事前にできる限り点検はする。

 

きのうはサンマを買ってあった。

サンマ

サンマの食べ方は色々あるが、「なめろう」が、最もおいしい物の一つであるのはまちがいない。

 

このなめろうに、キムチを入れたらうまいのではないかと思ったのだ。

サンマのなめろうキムチ入り丼

 

まずサンマは、キムチと合う。サンマをキムチと煮込んだり、汁にしたりしたらうまいのは、経験済みだ。

なめろうの味つけであるみそ、特に八丁みそが、キムチと合うのも分かっている。ねぎや青じそもキムチと合うし、ここに卵を落としてゴマでも振れば、味つけとしては完璧だろう。

 

ただ、生のサンマが、キムチと合うかどうかは自信がなかった。

しかし似たような料理として、カツオのたたきをキムチで食べたことがあり、それは実にうまかった。

 

ここまで点検して「イケる」となれば、あとは実際にやってみるだけである。

 

まずはサンマを三枚におろす。

 

三枚におろしたサンマに、

  • 八丁・赤出しみそ 大さじ1くらい
  • 青ねぎ 1つまみ
  • キムチ 1つまみ
  • おろしショウガ 1センチ大
  • コチュジャン 小さじ2分の1(省略も可)

を加え、包丁でよく混ぜながら、「ザク、ザク」と切っていく。

サンマのなめろうキムチ入り 作り方

 

身をどの程度細かくするかは、好み次第。ただキムチもあるからあまり叩いてしまわずに、1センチ大くらいのコロっとした身が残るくらいにした方が、食べ応えがいいと思う。

 

 

適当な形にまとめて青じそを敷いたご飯に乗せ、まん中をへこませて卵の黄身を落として、ひねり潰したゴマを振る。

サンマのなめろうキムチ入り丼

 

これは、マジで、うまい。

おれ

 

ひとことで言えば、「ユッケのサンマ版」といった趣きだ。

サンマのなめろうキムチ入り丼

 

まず生のサンマとキムチは、完璧に合う。

またコッテリとしたピリ辛のみそ味が、卵の黄身と最高の相性で、酒もご飯も進むことこの上ない。

これはここ数年、おれが作ったものの中でも、1~2を争う出来だと思う。

 

 

あとは、うす味の豚汁。

うす味の豚汁

鍋に、

  • 水 2+2分の1カップ
  • 頭とワタを取りのぞいた煮干し 1つまみ
  • 1センチ厚さくらいの短冊に切ったジャガイモ 1個
  • くし切りにした玉ねぎ 2分の1個
  • 短冊に切った油あげ 2分の1枚

を入れて中火にかけ、煮立ったら弱火にし、10分弱、ジャガイモが柔らかくなるまで煮る。

食べやすい大きさに切った豚こま肉・100グラムを入れ、まだ肉の色が変わらないうちに、すかさず、

  • 酒 大さじ2
  • 淡口醤油 大さじ1

を肉の上からかけて、肉の下味を兼ねて味つけする。

肉の色が変わったら火を止めて、みそ・大さじ1くらいを味を見ながら入れる。

 

それに、農家のおばさんの古漬け。

古漬け

 

酒は、常温。

酒

 

 

またしても、うまいものを作ってしまった。

やっぱりおれは、料理の天才なのである。

 

「一人で喜んでいれば世話ないね。」

チェブ夫

ほんとにな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

サンマの生食は「なめろう」から始めるべき

さんまでスタミナをつけるなら、キムチ味噌汁にすべき

キムチで食べるべき。カツオのたたき

さんまはフライパンできれいに焼ける。さんまの塩焼き

サンマは一緒に炊込むべき。サンマご飯
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-025 サンマ
-