トマトソースは和風にすべき。鶏肉とナスのトマト煮丼

2015/09/26

鶏肉とナスのトマト煮丼

きのうは、鶏肉とナスのトマト煮丼。トマト煮は、ゴマ油とオイスターソースを使い、和風に作るべきなのだ。

 

◎スポンサーリンク


 

おれは、調味料にこだわる奴が嫌いなのだ。

いやもちろん、あまり安いのを使ってしまうのは、さすがにダメだ。しかし中の上くらいのを使っておけば、飲食店などならともかく、家で食べる分には不足はない。

 

さらに、どこかの国の料理を作るのに、いちいち調味料を買い揃える奴。

いや何を隠そう、実はこれは、おれもやったことがある。レシピに書いてある調味料を料理を作るたびに買い、中国、韓国、地中海、、、一時は山のような調味料を抱えていた。

でもそうして買った調味料を、使いきった試しはない。

冷蔵庫や戸棚の肥やしになり、あるとき全部捨ててしまってからは、調味料はできる限り買わないことにした。

 

本場の味は、本場の調味料を使わなければ出せないのは、その通り。でも世界の料理を、イチイチ本場の味にしなければいけない理由はないだろう。

どの国の料理でも、大もとと枝葉末節との両面がある。大もとさえ抑えれば、調味料など枝葉末節はどうでもいいのだ。

 

なので今は、外国の料理は基本的に和風に置き換えることにしている。

本場の味が食べたければ、現地なり、飲食店なりに行けばよく、まったく問題はないのである。

 

 

トマトソースも同じである。

トマトソースを本場のやり方で作るには、まずオリーブオイルとにんにく、それからローリエやオレガノなどのハーブ、チリペッパー、それにパセリなどが必要だ。

オリーブオイルとにんにく(おれはにんにくも使わないのだが)は仕方がないとして、あとの調味料は買ってもまず使い切れない。そこでこれらを、和風の調味料で置き換えようということになる。

 

ところがこれが、意外に難しいのである。

パセリは青ねぎ、チリペッパーは豆板醤(おれはこれを「和風」にカウントしている)で問題がないとして、ローリエとオレガノやタイムなどのハーブは、ただ省いてしまうと、トマトのエグみが出てしまう。

それでは醤油やみそなどを使えばいのかといえば、それもダメなのだ。トマトソースに醤油やみそを使うレシピも時折見かけるが、おれはこれを徹底的に試した結果、「合わない」と結論した。

煮込んだトマトと醤油やみそは、どういうわけか知らないが、ケンカしたようになってしまって味が一つにならないのだ。

 

そして、数年におよぶ試行錯誤のすえ、見つけたのが、
「ゴマ油とオイスターソース」。
(これらもおれは「和風」にカウントしている)

この2つを使うことで、ハーブ類を使わずして、トマトのエグミは抑えられる。実にまろやかな味になるのである。

 

きのうはそうして作った、鶏肉とナスのトマト煮。

鶏肉とナスのトマト煮丼

これはご飯にとてもよく合うから、ガッツリとどんぶりにするのがオススメだ。

 

ナスは別に炒めておいて、後から合わせてもおいしいが、きのうは一緒に炒め、そのまま煮込むようにした。ホロホロにやわらかくなったナスも、またうまいものである。

それからチキントマト煮は、ほんとはソーセージを入れるとうまいのだ。

きのう入れようと思っていたのに、泥酔していたため忘れたが、レシピには加えておいた。

 

 

鶏肉とナスのトマト煮丼 作り方

フライパンに、

  • オリーブオイル 大さじ2
  • ゴマ油 大さじ1
  • みじん切りの玉ねぎ 4分の1個分
  • みじん切りのショウガ 1~2センチ大(これは「みじん切りのニンニク 1かけ」でもいい)
  • 豆板醤 小さじ1
  • 両面にそれぞれ塩・小さじ2分の1、コショウ・少々を振り、食べやすい大きさに切った鶏もも肉 1枚
  • 食べやすい大きさに切ったウインナーソーセージ 3本

を、鶏肉は皮を下にして入れ、強めの弱火にかける。

鶏肉はひっくり返さず皮だけを、じっくりと5分ほど炒める。

 

鶏肉とナスのトマト煮丼 作り方

1センチ厚さくらいに切ったナス・2本を加え、さらに2~3分、ナスが脂となじむまで炒める。

ナスの皮は、たて縞に剥いておくと、味がしみやすい。

 

鶏肉とナスのトマト煮丼 作り方

  • カットトマト 1缶(400グラム)
  • 水 1カップ
  • オイスターソース 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • 塩 小さじ2分の1

を加え、やはり強めの弱火くらいの火加減で20~30分、ナスがやわらかくなるまで煮る。
(加えた1カップの水を、煮終わった時点でちょうど煮詰めるよう、ナスの硬さを見ながら火加減を調節する)

 

鶏肉とナスのトマト煮丼 作り方

最後に味をみて、必要なら塩を加え、コショウ・少々をふる。

 

 

ご飯を盛ったどんぶりによそい、青ねぎとひねり潰したゴマをかける。

鶏肉とナスのトマト煮丼

 

これは、ウマイ、、

鶏肉とナスのトマト煮丼

 

ナスと鶏肉、それにトマトが黄金の相性なのは、言わずと知れた話である。

鶏肉とナスのトマト煮丼

添えるのは、やはりトマトとの相性がよいキムチが合う。

 

 

あとは、うす味のみそ汁。

うす味のみそ汁

信州みそなど普通のみそを使う場合、みそと淡口醤油を半々にすると、みそ臭さがなくなりスッキリとした味になる。

 

2カップ半の水に、頭とワタを取りのぞいた煮干し・1つまみと、好きな具を入れて煮る。
(きのうは油あげと玉ねぎを煮て、でき上がる寸前に、板ずりしてサッとゆでたオクラと、タテのうす切りにしたみょうがを加えた)

  • 酒 大さじ2
  • みそ 大さじ1強
  • 淡口醤油 大さじ1
  • 塩 少々

で味つけする。

 

酒は、冷やした日本酒。

 

きのうは、料理を作り始める時点で、ほぼ泥酔状態だった。料理を作ればさらに飲むから、食べ始めるころには完全にベロベロ。

それでも料理が作れるのは、料理が本能ととても近いところにあるからだろう。仕事だったら、こんなに酔ったらとてもできない。

食べればまた飲むわけで、食べ終わった頃には記憶がほぼなくなるわけだが、家で飲めば帰る必要もなく、そのまま寝ればいいのだから、それでいいのだ。

 

「彼女は永遠にできないね。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

ナスを合わせると美味。いわしトマト煮

ガッツリ行こう!ご飯に合うチキントマト煮

殺人的なうまさ。ゴーヤのトマト煮ライス

マジでおすすめ。ナスとひき肉のトマト缶カレー

ミートソース・ライスは爆裂的にうまいのだ
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-012 鶏肉
-