電車賃をかけても行くべき。中国居酒屋「香楽園」蒲田西口

2015/09/01

蒲田・香楽園

蒲田西口にある、中国式居酒屋「香楽園」。ここは、電車賃を払ってでも来るべきだ。

 

◎スポンサーリンク


 

国会前でのデモが終わったあと、飯をどうしようか考えた。地下鉄で有楽町の駅まで行くと、駅前に良さそうな中国料理屋がある。そこで何品かつまみながら、ビールを飲むのもいいかと思った。

 

しかし店頭に掲げられた料金を見ると、餃子が630円。

「餃子の王将」の影響で、餃子は200円台が相場の京都になじんだおれには、ちょっとありえない価格。

その他にも、麺類も700~800円するし、チャーハンなども790円。

さすが有楽町は、地価が高いせいだろう、物価も高い。これでは「何品か頼んで」など、夢のまた夢という話である。

 

しかしそういう時には、蒲田へ出ればいいのである。

有楽町から蒲田へ行くには、電車賃が220円かかるのだが、それを払ってでも軽く元がとれる、名店があるのである。

 

その名店とは、「香楽園」。

蒲田・香楽園

蒲田駅西口の、駅から西へ向かうバス通りの2本北、風俗店が密集する路地をちょっと入ったところにある。

 

この店は、まず店員が全員中国人で、それはまあ、珍しくはないだろう。しかし特筆すべきは、お客もほとんどが中国人なのである。

蒲田は、中国人が多い街で、香楽園は、その中国人が選んでいる店なのだ。おれもこの店は、以前蒲田に住んでいた頃、マッサージ屋に勤めていた中国人女性に教えてもらった。

 

だから味が確かなのは言うまでもないとして、まず、値段が安い。

たとえば餃子、

蒲田・香楽園

普通の大きさの、実にうまい羽根つきのが、なんと100円。

 

それから、「300円メニュー」というのが、山ほどある。

蒲田・香楽園

 

この腸詰め、中くらいの大きさの皿に一杯入って、300円。

蒲田・香楽園

 

ニラレバ、普通の量の、レバーもたっぷり入っているのが、300円。

蒲田・香楽園

ちょっと考えられない値段である。

 

それから、さすが中国人が相手だけあり、普通の中華料理屋にはまずないようなメニューが、たくさんあるのだ。

これは、家常豆腐(ジャーチャンどうふ)。

蒲田・香楽園

厚揚げと野菜、それに豚バラ薄切り肉を、ピリ辛味で煮たもので、中国の家庭料理としてポピュラーらしいが、おれは日本では、まだここ以外で見たことがない。

 

トマトと卵の炒め物。

蒲田・香楽園

これも、やはり中国の家庭料理なのだそうだが、日本の中華料理屋にはまずないだろう。

 

魚介類のメニューも豊富で、あさり炒め、

蒲田・香楽園

 

牡蠣とニラの炒めなどもある。

蒲田・香楽園

 

お粥類も、色々ある。

蒲田・香楽園

完全に、「本格中国料理」なのである。

 

生ビールは、420円。

蒲田・香楽園

紹興酒も1合350円で、お酒も安い。

 

きのうもあれこれ食べ、酒も十分、とてもとても満足した。

有楽町で630円の餃子を食べるくらいなら、電車賃を払ってでも、こちらへ来るべきである。

 

ちなみに、この店の6階には、史上最強の中国人スナックがあり、夜9時を過ぎてくると、香楽園の前でカワユイ中国ギャルが客引きをしている。

ラウンジ「夢」

1時間で、セット料金3,000円、女の子一人に飲ませて1,000円と、値段は大して高くはないが、行くと絶対にハマるから、行かないようにするのがおすすめだ。

◎食べログ

香楽園 蒲田西口店

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

これは行くべき。神戸三宮サンセット通り「餃子屋 社領」

「昔のラーメン」を食べるならここ。京都駅・新福菜館本店

河原町で中華そばなら「大豊ラーメン」

四条大宮で食事~餃子の王将1号店も王道

京都駅そばの超おすすめラーメン・第一旭
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-084 飲食店