幸せは、自分で生み出すものなのである。(カレイ煮付け)

2014/04/25

昨日は先日食べそこねた、カレイの煮付けを晩メシにした。

昨日の晩飯 カレイ煮付け

煮付けを作りながらしみじみと幸せを感じ、「幸せは自分で生み出すものなのだ」と、改めておもったのである。


 
このところ、「生活」について、あれこれ考えているのである。

先日「仕事を生活と錯覚する」と書いたわけだが、それならば、「生活とは何か」についても、きちんと明らかにする必要があるだろう。

 

しかしこれは、考えてみれば、簡単なことだった。

生活とは、「生きていく」ことである。

生きていくためには、「食べること」を初めとして、様々なことをしていかなくてはいけない。

そういう、生き物としての人間が、最もしなければならないことをしていくことが、「生活する」ことである。

 

生き物の基本的な仕組みとして、生きていくために必要なことは、「欲求」を感じるようになっている。

そして欲求が満たされると、「幸せ」を感じるわけだ。

だからおのずと、生活の基本は「幸せを追求する」こととなる。

これは体の仕組みによって決まることで、理屈ではないのである。

 

生き物はみな、この原理で動いているのだろうけれど、人間の場合には、それが一筋縄ではいかない。

「頭脳」をもっているからだ。

動物はみな、「パンダなら笹」とか、「オオカミなら肉」とか、食べるものが決まっている。

だからそれぞれ、決まったものを食べれば、幸せを感じるはずだ。

 

ところが人間の場合には、食べるものが決まっていない。

何を食べてもいいのなら、エサがなくなって絶滅することも減り、生存に有利だということなのだろう。

しかしおかげで人間は、食事のまえに、「何を食べるか」を考えないといけなくなった。

この、「頭脳によって、何を食べるか考えないといけない」ことが、人間が他の動物と、最もちがうことである。

 

時々主婦の人が、「献立を考えるのが苦痛だ」と言うのを聞くことがある。

仕事として、他人のために料理するとなってしまうと、そういうこともあるかもしれない。

しかしぼくはこのところ、その日の献立を考えるのが、たのしくて仕方ないのだ。

最近では、酒のいきおいも手伝って、1時間ほども考えてしまうことがある。

 

何がたのしいとぼくが思うかといえば、
「何を食べるかを考えることは、まさに創造活動だ」
ということだ。

頭のなかで、自分が食べたいものが組み上がっていく、そのプロセスが、なんともワクワクするのである。

 

考えはじめは、「肉か魚か」というようなところから始まり、「魚」と決めて魚屋へ行き、カレイを見て「煮付けにしよう」となる。

「そこにゴボウを入れよう」「そうめんも入れよう」などと次第に煮付けのイメージは明確になり、さらに「ゴボウは別鍋で煮汁をうすめて炊こう」「そうめんはゆでてから入れよう」と、作業の段取りも決まっていく。

冷蔵庫を見ながらサイドメニューも考え、そうして1時間ほどもあれこれネチネチやっていると、「食事のイメージ」が、細部まで完璧にくっきりと、頭のなかで完成する。

これは非常な達成感があり、ぼくはこの頭の中のイメージを肴にして、さらに酒を一杯飲んでしまうほどである。

 

あとはこのイメージ通りに、料理を作るだけである。

できる限りイメージに忠実にしたいから、料理はていねいに、チマチマ作る。

イメージ通りの料理が実際に出来ていくから、強烈な「実現」を感じることになる。

ぼくは昨日、料理をしながら、その「実現」に、しみじみと幸せを感じたのである。

 

「食」は人間の中心的欲求なのだから、ぼくはこのことが、人間の「幸せ」の基本パターンなのではないかとおもう。

人間は、創造活動により、幸せを「生み出す」のである。

 

さて自分で料理をつくる場合は、それで話は終わりだけれど、食事にはもう一つ、「外食」がある。

外食については、話がちょっと、ちがってくるのである。

 

まず外食は、創造行為ではない。

「選ぶ」のである。

自分が食べたいものが漠然とあるとして、まずはそれが食べられそうなお店を選ぶ。

次にお店へ行って、メニューの中から、食べたいものに近いものを選ぶことになる。

 

この「選ぶ」という行為の中に、独特のむずかしさが入ってくることになるとおもう。

選ぶ際には、「評価」しないといけないからだ。

 

お店を選ぶ際に、ただ「自分が食べたいものが食べられそうな店」というだけでは選ばないだろう。

「いい店」を選ぶはずである。

お店でメニューを選ぶ際にも、「食べたいものに近い」だけでなく、「おいしいもの」を選ぶはずだ。

何かを選ぼうとするときには、かならず「優劣」が含まれることになるのである。

 

そうすると、食べることによる「幸せ」は、外食の場合、自分で料理するのと少しちがうことになってくる。

外食で感じる幸せは、もちろん一つは、「食べたいものが食べられた満足」であるけれど、それだけではないだろう。

「こんなおしゃれなお店で食べられる自分」「こんな高いメニューを選べる余裕のある自分」などという「優越感」も、含まれることになるのではないか。

また逆に、「こんなお店でしか食べられない自分」「こんな安いものしか頼めない自分」という「劣等感」も、含まれてくることになるのである。

 

このように外食においては、自分で料理するのとちがい、「他人との比較」が生まれてくるのだ。

しかしこの「他人との比較による幸せ」は、あくまで「二次的な幸せ」である。

 

人類はもともと長いあいだ、自分で食べるものは、自分で料理してきたはずだ。

外食などつい最近、おそらくは「貨幣」が生まれることに伴ってはじまった、二次的なものだろう。

「幸せ」とはまず、体のなかから湧き上がり、しみじみと噛みしめる「実感」である。

それは「食」に限定していえば、自分で料理する場合にのみ、得られるものではないだろうか。

 

今の時代、「自分はお金がないから不幸だ」とおもっている人は、少なくないのではないかとおもう。

でもそういう人の多くが、食事を外食にたよっているのではないかと、ぼくは想像するのである。

 

というわけで、カレイの煮付けなのだが、昨日はすこしうすめに炊くことにした。

カレイ煮付け

前はかなりこってり炊いていたのだが、酒房京子であっさりめの煮付けを食べるようになり、「これもいいな」とおもうようになったからだ。

それからゴボウは、別鍋にとったカレイの煮汁をうすめて煮ることにした。

魚屋の女将さんに、
「そうしたほうが絶対うまい」
といつも言われるからである。

 

◎スポンサーリンク

 

さて煮付けだが、「煮付けはむずかしい」とおもう人もいるかもしれない。

たしかに煮付けには、独特のむずかしさはある。

 

煮付けは煮汁を飛ばしながら煮る。

それによって煮汁を、元々の調味料の濃度より、さらに高い濃度にすることができ、「こってり」させることができるからだ。

ただそうやって煮汁を飛ばすことになると、残った煮汁が適切な時間内に、適切な濃さになるために、多くの要因がからみ合ってくることになるのである。

 

煮はじめる際の煮汁の量が関係するのはもちろんのこと、火の強さや鍋の形なども、蒸発する水分の量を左右することになる。

だから煮付けは、レシピとして、一般的な形に書き下しにくい料理なのだ。

そのことが、「煮付けはむずかしい」と思われることにつながっているとおもう。

 

ただ煮付けは、「煮時間」さえ間違えなければ、あとは砂糖と塩を間違えでもしないかぎり、そうそう不味くなることはない。

だからまずは、レシピに書いてある通りにやって、あとは自分のガス台や鍋、好みに合わせ、加減を変えていくようにすれば、おいしいのが出来るようになるのである。

 

魚は水で洗い、両側の皮に切れ込みを入れておく。

カレイ煮付けの作り方(1)

これは皮がちぢんで身が反るのを防ぐためと、味をしみ込ませるためである。
 

だし昆布を敷いた鍋に魚を入れ、水1カップと酒2分の1カップ、砂糖とみりん大さじ5を入れる。

カレイ煮付けの作り方(2)

強火にかけ、煮立ってきたら中火にし、アクをとり、落としブタをして5分煮る。
 

5分したら、しょうゆ大さじ2を入れ、さらに5分したら、またしょうゆ大さじ2を入れる。

カレイ煮付けの作り方(3)

さらに少し煮て火を止める。

 

煮時間は、全体で10~15分である。

「15分以上煮るとパサパサになる」とだけ覚えておけば、そうそう失敗はしないのである。

 

さらにゴボウを炊くために、別鍋に半分ほどの煮汁をとる。

カレイ煮付けの作り方(4)

魚はそのまま煮汁にひたし、味をしみ込ませるようにする。
 

煮汁を倍ほどにうすめ、ささがきにし、水にさらしたゴボウを煮る。

カレイ煮付けの作り方(5)

ゴボウが煮えたら火を止めて、1分ゆでたそうめんを入れ、そうめんにも味をしみさせる。

 

皿に盛りつけ、カレイの濃いほうの煮汁を上からたっぷりかけて、青みをふる。

カレイ煮付け

ホクホクなのである。

 

ゴボウはやはり、うすい煮汁で別に炊いたほうがうまい。

カレイ煮付け ゴボウ

 

そうめんは、しみた煮汁を味わうために入れるのである。

カレイ煮付け そうめん

 
 

煮汁が余ったら、捨てずに取っておくようにする。

それを使って、定番はおからだが、野菜でも何でも煮たらいいのである。

 

あとはとろろ昆布の吸物。

とろろ昆布の吸物

とろろ昆布には、薬味はやはり三つ葉である。

ユズの皮の切れっぱしをのせれば、さらにうまいのは言うまでもない。

 

厚揚げの焼いたの。

厚揚げの焼いたの

大根とショウガのおろしたのと青ねぎ、ポン酢醤油。

 

春菊と油揚の和物。

春菊と油揚の和物

さっとゆで、水に取ってしぼった春菊と、フライパンでこんがり焼き、細く切った油揚げ、ちりめんじゃこを、みりんとうすくち醤油それぞれ少々で和える。

甘みのあるしょうゆ味で和えるのは、酒房京子で覚えたのである。

 

「料理もいいけど、仕事もちゃんとしないとね。」

チェブラーシカのチェブ夫

そうだよな、がんばるよ。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

仕事のし過ぎには、気を付けないといけないのである。

煮付けは日本が誇る、類まれなる魚の料理法なのである。

醤油味には無限の世界があるのである。

魚を煮れるようになると、料理の世界が大きく広がるのである。

京都流にていねいに料理を作ると、そこにはドラマがあったのである。

-029 その他魚料理