700人が参加。8月7日神戸元町・SEALDs KANSAI街宣アピール

2015/08/24

8月7日神戸元町・SEALDs KANSAI街宣アピール

きのう8月7日、神戸元町駅前で行われた、SEALDs KANSAIによる戦争法案反対の街宣アピールに参加した。集まった人は700人、元町駅前を埋め尽くし、拍手や声援を送りながら学生・学者の話を聞く、すごい光景だった。

 

◎スポンサーリンク


 

おれは元々、デモやカウンターに参加するのは月に2回と決めていた。ところがそのうち、大阪都構想や戦争法案の動きがあり、そういうわけにもいかなくなって、今は週1回をメドに参加するようにしている。

さらにこの頃では、週に2回以上、参加しないといけなけなくなることもある。そうなると、生活にちょっと無理がかかるのだが、おもに飲み屋へ行く回数を減らしてカバーするようにしている。

 

何しろ戦争法案の帰趨が決するのは、泣いても笑っても、参院の会期が終了する9月27日まで。

それまでに廃案にできなければ、戦争法案は可決されることになる。

 

今まだ、反対運動に参加するかどうか、迷っている人もいると思う。でも迷っている場合ではない。参加するなら、「今」である。

 

反対運動の盛り上がりは、政府に確実に圧力を加えている。きのうも岩手知事選で、
「国の安全保障のあり方が最重要課題に浮上し、県政のあり方について論点にならない状況になった」
ことを理由に、自民党候補が立候補を見送った。(毎日新聞

戦争法案を廃案にするためには、着実に成果を上げつつある運動を、さらに盛り上げていくことが必要なのだ。

 

「政治については語らない」ことを旨としている人もいるだろう。しかしその姿勢こそが、日本をここまで追い込んだことを知るべきだ。

べつにデモに参加したことが知り合いにバレたくなければ、サングラスをすればいい。

生活に支障をきたすことなく運動に関わることは、十分できる。

 

反対のデモや街宣アピールは、目についたやつはどれに参加してもいい。目的はどれも同じだから、頭数の一員になることで、その運動の力になれる。

べつにプラカードなども持っていく必要はなく、顔バレしたくなければサングラスだけ持って、手ぶらでいい。行けばプラカードは主催者が貸してくれるし、何も持たずにただその場に立っているだけでも問題ない。

 

デモやアピールが終わったら、興味があれば、参加者や主催者と話してもいいし、そのまま黙って帰ってもいい。

べつに運動に深入りする必要はなく、ただ「頭数になる」ことだけが大事なのだ。

 

きのうも神戸元町駅前でのSEALDs KANSAIの街宣アピール、すごい人が集まっていた。

8月7日神戸元町・SEALDs KANSAI街宣アピール

 

きのうは関西圏では、大阪・関西電力前での原発反対抗議アピール、大阪・難波でのSADLによる戦争法案反対アピール、そしてこの神戸元町でのアピールが重なっていた。運動に日常的に参加する人たちは共通だから、この3ヶ所に分散していたわけである。

それにも関わらず、この神戸元町で、SEALDs KANSAIの街宣アピールとしてはこれまで最多の700人が集まったのは、日常的に運動に参加する人だけでなく、一般の人が、参加し始めていることを意味していると言えると思う。

 

1時間半のあいだ、学生と学者が代わりばんこにスピーチをする。

8月7日神戸元町・SEALDs KANSAI街宣アピール

おれはこの学生のスピーチが、特に好きだ。

てらいなく、率直に自分の言葉で話をする。賢いことを言おうとせず、ストレートに怒りを表現する。

 

こんな若い人たちにまで戦争の心配をさせるとは、上の世代のおれたちは、「まったく申し訳ない」の一言だ。おれたちがきちんとしなかったのが、日本が今、戦争の淵に立っている原因だ。

 

しかしだからこそ、この若い人たちを全力で守り、応援しなければいけないのだ。

上の世代は本当に、
「ボヤボヤしている場合ではない」
ことを肝に銘じなければいけないのである。

 

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

【参加した】学生・学者による安保法案反対アピールat滋賀

参加者8200人。7・19 SEALDs KANSAI戦争法案反対・大阪デモ

【感想】7月12日SADLなんば戦争法案反対アピール

【参加した】7月10日京都・戦争法案に反対する街宣アピール

6月21日京都「戦争立法に反対する学生デモ」SEALDs KANSAI 見聞記
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-089 日本について
-