豚肉をサッパリと。冷しゃぶ梅ダレ

2015/08/07

豚冷しゃぶ梅ダレ

豚肉をサッパリと食べたければ、やはり冷しゃぶ。冷しゃぶはサラダにし、ごまダレをかけるのが定番だが、青じそと合わせ、梅ダレをつけて食べるのも実にうまい。

 

◎スポンサーリンク


 

きのうは豚こま肉が買ってあり、これを食べることにしていた。

豚こま肉は、一般的に言って、おなじくらいの値段で売っているアメリカ産のロースなどより味がいい。細切れになっているとはいえ日本産なわけで、日本産の肉はやはりうまいのだ。

 

ただし豚こま肉は、店による味のちがいが非常に大きい。どこの部位が入っているかは、店によってマチマチだからだ。

スーパーより肉屋の方が、うまくて安い場合が多いが、でもその肉屋も店によってけっこうちがう。

だからもし、近くに肉を売っている店が複数あるなら、豚こま肉を食べ比べるのがおすすめだ。おれも豚こま肉を買う店は、基本的に一つに決めている。

 

それでその豚こま肉、どうやって食べるか考えたのだが、ガッツリと炒めるのでなく、サッパリと食べたかった。

となれば、冷しゃぶだ。

冷しゃぶは、サラダに乗せて、ゴマのドレッシングをかけるのが定番ではないかと思うのだが、おれはサラダも、ゴマだれも、あまり好きではないのである。

 

そこで、青じそと合わせ、梅ダレで食べることにした。

豚冷しゃぶ梅ダレ

梅ダレは、ハモに合わせるのが定番だが、鶏や豚など肉類にもとてもよく合う。

 

梅ダレを作るには、まずは梅干し2~3個分の梅肉を、包丁でよくたたいてペースト状にする。

豚冷しゃぶ梅ダレ 作り方

これを同量くらいのみりんと合わせて溶きのばし、味を見ながら砂糖を加える。最後に淡口醤油ほんの少しをたらす。

 

豚肉は、塩1つまみを振った水でゆで、軽く味をつけておくようにする。

豚冷しゃぶ梅ダレ 作り方

硬くなるので沸騰させないようにしてサッとゆで、水に取る。

 

 

冷ました豚肉を、細刻んだたっぷりの青じそと合わせ、ひねり潰したゴマを振って、梅ダレを添える。

豚冷しゃぶ梅ダレ

 

これは、うまい、、

おれ

 

夏には打ってつけの爽やかな味で、酒が進むこと甚だしい。

豚冷しゃぶ梅ダレ

 

 

あとは、トマトの赤だし。

トマトの赤だし

あまりにうまくて、おとといに続いてまた作ってしまったのである。きのうはネギではなく、みょうがを入れた。

 

万願寺とうがらしの炊いたん。

万願寺とうがらしの炊いたん

鍋に、

  • 万願寺とうがらし 1袋
  • ちりめんじゃこ 大さじ1
  • 水 1カップ

を入れて中火にかけ、煮立ってきたら、

  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 淡口醤油 大さじ1

を加え、落としブタをして弱めの中火で15分煮、煮汁はほぼ完全に煮詰めてしまう。

 

それに、ナスの塩もみ。

ナスの塩もみ

ナスは、3ミリ幅くらいに切って1つまみの塩で揉み、5~10分置いて水洗いし、よく絞る。

おろしショウガと味ぽん酢で和え、削りぶしをかける。

 

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

きのうも肴が、酒が進むものばかりだったから、また飲み過ぎるわけである。
「これ以上飲んだら飲み過ぎだな」
と思っても、うまいから、やはり飲む。

飲み過ぎが体によくないことなど百も承知だが、べつに人間、体にいいことばかりして生きていけるわけではないのだから、それでいいのだ。

 

「早死するよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

夏にピッタリ。豚肉ときゅうり、トマトの肉吸い

オイスターソースがコツ。ゴーヤの豚しょうが焼き

ほっこりやさしい。豚肉と豆腐の炒め煮

これがまたウマイ。豚キムチのスープカレー

カブと豚肉のさっぱり汁/料理をしないから人を傷付けたくなるのである
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉