ちょっと飲もうと思ったら、結局朝まで飲んでしまったのである。

2013/11/01

昨日は料理に集中できず、家での晩酌はあきらめて、外へ飲みに出ることにした。

立ち飲みてら

ちょっと飲もうとおもったのに、結局朝まで飲んでしまったのである。


 
このごろは、朝型の生活にシフトしたいとおもっていて、「遅くても1時」に寝るのを目標にしている。

1時に寝るためには、ぼくは料理に2時間、食べるのに1時間半かかるから、9時には料理を作りはじめる必要がある。

昨日も9時に、酒を作って料理を考えはじめたのだが、どうにも料理に集中できない。

あれこれ関係ないことばかりを考えてしまうのである。

 

そこで料理はあきらめて、飲みに出ることにした。

時間は10時だったから、1時までの3時間で、十分飲めるはずである。

 

「まずは食べよう」とおもい、行ったのは立ち飲み「てら」。

立ち飲みてら

うまい肴を安い値段で食べるなら、圧倒的にここである。

 

頼んだのは、スパサラ100円。

スパサラ

 

板わさ200円。

板わさ

 

豚天250円。

豚天

 

串カツ各80円~100円。

串カツ

それぞれ信じられないような値段で、しかもどれも、うまいのだ。

 

ぼくはまだ、てらの「常連」とは言えないので、知っている人や話しかけてくる人がいれば話しをするけれど、あとは話を聞いている。

でも関西の人は、笑い話がうまいから、聞いているだけでも十分楽しめるのである。

昨日も常連のお客さんが、阪神の選手について、面白おかしく話している。

つい大笑いしながら、ビールを飲んだ。

 

腹が膨れたところで、よく行っているバー「スピナーズ」へ行った。

スピナーズ

最近早い時間に行くことが多く、遅めの時間は久しぶりである。

バーはどこでもそうだとおもうが、常連さんは多くの場合、来る時間帯が決まっている。

だから昨日は、久しぶりに会う常連さんがたくさんいたのだ。

 

阿部慎之助に似た男性が話しかけてきた。

阿部慎之助に似た男性

阿部慎之助は料理男子で、さらに最近彼女ができ、スピナーズへはいつもいっしょに来るのである。

 

阿部慎之助が、「新爆肉飯」を完成させたとツイッターで見ていたから、作り方をくわしく聞いた。

まずゴマ油でニンニクと豚肉を炒め、一旦皿にとり出しておく。

次に鶏がらスープに、塩と香りづけ程度の醤油で味つけ、白菜の茎をやわらかくなるまで煮たら豚肉をもどし、白菜の葉とニラ、シメジを加えてサッと煮たあとカタクリでとじ、ご飯にかけるのだそうだ。

なるほど、これは醤油を入れすぎないのがポイントだと、ぼくも納得したのである。

 

そのあとは、画家の小森さんの隣の席があいていたから、ぼくはそこに座って、小森さんと話をした。

ぼくは絵など何もわからないのだけれど、小森さんの話はすごみがあって、いつもおもしろいのである。

 

◎スポンサーリンク

 

さて小森さんは、
「絵の本当のすごさは、すぐに分かるものではない」
と言う。

すぐに分かるようなものは、大したものではないのであり、本物は、そう簡単に理解されないのだそうだ。

だから本物の画家は、理解されるまで200年かかり、生きてるうちには評価されない。

それを承知で、何とか食べられるくらいの生活をしながら、高みを目差しつづけるのが画家なのだと言うのである。

 

生きているうちには評価されないとは、気が遠くなるような話である。

しかもそれを小森さんは、深刻な顔をせず、飄々とやっていくのが、すごいところだとおもう。

 

小森さんは、持っていた画集を見せてくれた。

松田正平

小森さんが、「日本で一番すごい画家だ」という人である。

小森さんは若い時分、今日の20円に困ったころに、16万を出し、この人の絵を買ったのだそうだ。

「そのことで、『絵をやっていく』という自分の腹が決まった」
と、小森さんは言う。

 

中を開けると、すべて子供が書いたような絵なのである。

「簡単そうに見えるけれど、この線や色が、なかなか出せないものなんです・・・」

小森さんは話してくれる。

ぼくはよくはわからないながらも、全ページを開いてじっくりと見させてもらった。

本物は、すぐには理解できないのだから、まずは見るだけでいいわけである。

 

画集を見おわり、時計を見たら、2時だった。

寝ようとおもった時刻を、もう1時間もすぎている。

しかしまだ、何かすこし食べたかったのである。

家には前日下ごしらえだけしたものが冷蔵庫に入っているから、それを肴にもう少しだけ飲むことにした。

 

下ごしらえをしてあったのは、ちくわの酢の物である。

ちくわの酢の物

ちくわはうすい小口切り、キュウリもうすく小口切りして塩もみし、しばらく置いて水で洗い、水気をふき取る。

水でもどしたワカメと合わせ、酢1、みりん2、うすくち醤油1/2の三杯酢で和えてゴマをふる。

最近は京子さんの影響で、酢の物に凝っているのである。

 

飲みはじめたら、何だかのんびりしてしまい、あっという間に2時間がたった。

飲みはじめたら、何だかのんびりしてしまい

結局寝たのは5時近く、朝になってしまったのである。

 

「せっかく早寝で来ていたのにね。」

チェブラーシカのチェブ夫

また一から出直すよ。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連情報

立ち飲みてら(食べログ)

スピナーズ(食べログ)

小森文雄の世界
 

◎アマゾン


 

◎関連記事

仕事のし過ぎには、気を付けないといけないのである。

四条大宮は街全体が、一つの飲み屋みたいなのである。

飲み屋には、一期一会の出会いがあるのである。

一杯のつもりで飲みに行ったら、6軒ハシゴしてしまったのである。

-05 軽い肴, 07 外飲み