カレー味がうまい。スパムとキャベツ炒め丼

2015/09/26

スパムとキャベツ炒め丼

 

きのうはキャベツが冷蔵庫に入っていて、これを使ってしまわないといけなかった。

キャベツは、何といってもスパムが合う。これは折り紙つきなのだ。

 

◎スポンサーリンク


 

何しろグーグルで、「スパム レシピ」と検索すると、上部に現れる「他のキーワード」というところに、「スパム 食べ方」「スパム 保存」とならんで「キャベツ スパム レシピ」が現れる。

スパムというと、ゴーヤだと思うだろう?

違うのだ。圧倒的にキャベツなのである。

 

そこでスパムとキャベツを炒め合わせるとして、問題は味つけだ。これはやはり、「カレー」だろう。

カレーライスに千切りキャベツを添えるとうまいのは知れた話だ。

カレー味となれば、当然ご飯を添えて丼にする。

スパムとキャベツ炒め丼

するとこのスパムとキャベツのカレー炒め丼、必然的にうまいわけである。

 

さらにきのうは、ここについでに、ウィンナーとじゃがいもも入れることにした。ウィンナーがキャベツに合うのは言うまでもない話だし、じゃがいもとキャベツも、西洋の料理でよく見かける黄金のコンビだ。

味のベースは、豚肉との相性がよいオイスターソースにすることにした。

 

フライパンに、

  • ゴマ油 大さじ1
  • サラダ油 大さじ1
  • 豆板醤 小さじ2分の1
  • みじん切りのショウガ 1~2センチ大分
  • 1センチ厚さくらいに切った減塩スパム 170グラム(2分の1缶)
  • 斜め半分に切ったウィンナー 3本
  • 1センチくらいの拍子木に切ったじゃがいも 1個分

を入れ、弱めの中火にかける。

スパムとキャベツ炒め丼

 

5分くらいじっくり炒め、じゃがいもが柔かくなり始めたくらいのところで、ざく切りにし、太い脈は包丁でたたき潰すかその場で食べてしまったキャベツ・2分の1個を入れ、火加減を強めの中火にする。

スパムとキャベツ炒め丼

 

キャベツがしんなりしてきたら、

  • オイスターソース 大さじ1
  • カレー粉 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • みりん 小さじ1

を入れる。

スパムとキャベツ炒め丼

1~2分炒め、最後に小口切りの青ねぎ・1本分を入れ、ひと混ぜして火を止める。

 

 

ご飯をよそった皿に盛る。

スパムとキャベツ炒め丼

 

これは、うまい、、、

おれ

 

夏はやはり、何といってもカレー味なのである。

スパムとキャベツ炒め丼

カレー味のじゃがいもも、言うまでもなくうまい。

 

 

あとは、オクラととろろ昆布の吸物。

オクラととろろ昆布の吸物

オクラは、板ずり(まな板で塩を振ってズリズリする)し、サッと水洗いしてから小口切りにする。

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

 

自分の作った飯を食うのは、つくづく幸せなのである。何しろ自分が好きなものばかりで、嫌いなものは一つもないのだから、それは言うまでもないことだ。

「嫌いなものも食べなさい」と子供の頃は言われたものだが、好きだからこそおいしいわけで、おいしいものだけ食べていれば、人間は健康でいられるのである。

 

「そのうちぜったい体を壊すよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

マジでおすすめ。ナスとひき肉のトマト缶カレー

これがまたウマイ。豚キムチのスープカレー

うますぎる。トマト缶とカレー粉の和風ミートボールカレー

厚揚げと大根の鶏そぼろあんかけは、カレーに変換可能である

和風だしを使った「肉じゃが的カレー」は手軽でウマイのだ
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-