夏にピッタリ。豚肉ときゅうり、トマトの肉吸い

2015/07/23

豚肉ときゅうり、トマトの肉吸い

きのうは太っといきゅうりを、豚肉、トマトと合わせて吸い物にした。きゅうりはうす味のだしで煮ると、夏には打ってつけの涼しげな料理となる。

きゅうりは青臭みを取るために、皮を縞に剥いてよく下ゆでする。だしは昆布とかつお節できちんと取ると、圧倒的なうまさである。

 

◎スポンサーリンク


 

きのうは八百屋へ行ったら、太っといきゅうりが売っていたのである。

太っといきゅうり

べつに品種が違うわけではなく、きゅうりは1日か2日採り忘れると、このように大きく太くなってしまうものらしい。

 

実はこの太っといきゅうり、格好の食べ方がある。煮て食べるとうまいのだ。

要はおなじウリ科の冬瓜などと一緒の話だ。うす味のだしで煮ると、コックリとだしを吸い込み、でありながら涼し気な、夏には打ってつけの煮物になる。

 

うす味で煮るのは決まりとして、さらにこの太っといきゅうりを何と合わせるかを考えた。

おれ

 

一つの定番と思われたのは、鶏そぼろと合わせてあんかけにすることだ。冬瓜もこのような煮方をする。

しかしこれだとメイン料理として、ちょっとボリュームが足りないと思われた。

 

となれば、豚肉なのである。豚肉ときゅうりは相性が非常にいい。豚肉が、やはりおなじウリ科のゴーヤと黄金のコンビなのからも分かる通りだ。

豚肉ときゅうりを、吸い物だしで煮て肉吸いにしたら、さぞおいしかろうと思われた。

 

きのうはここに、さらにトマトも入れることにした。

豚肉ときゅうり、トマトの肉吸い

トマトは、青臭くなりがちなきゅうりをうまく補い、まろやかな味にしてくれるのだ。

 

肉吸いは、やはり何といってもだしが大きなポイントだ。化学調味料を使うのではなく、昆布とかつお節できちんとだしを取るのが圧倒的においしくなる。

 

3カップのだしを取るには、4カップの水と10センチくらいのだし昆布を鍋に入れ、中火にかける。

豚肉ときゅうり、トマトの肉吸い 作り方

沸いてきたら弱火にし、ほとんど煮立てないようにしながら10~15分、昆布がビロンと延びるまで煮出す。

 

つづいて鍋にザルを据え、かつお節をミニパック(2.5グラム)6袋分ほど入れ、やはり煮立てないようにしながら5分ほど煮出す。

豚肉ときゅうり、トマトの肉吸い 作り方

かつお節をスプーンで絞ってとり出せば、3カップほどのおいしいだしが出来ているはずである。

 

ここに、

  • 酒 大さじ3
  • みりん 大さじ1(=小さじ3)
  • 淡口醤油 大さじ3

で味つけする。

これは「うどんだし」の分量で、肉吸いは、だしにちょっと甘みを付けるのがコツとなる。

 

だしを取るのと並行し、きゅうりを下ゆでする。

きゅうりの皮は青臭さの元になるから、冬瓜同様、全部剥いてしまうのが味的には一番うまい。ただそれでは「きゅうりらしさ」がなくなってしまうので、タテに縞に剥いておく。

真水で10~15分ほど、青臭さがなくなり、「このままもう食べられる」というくらい柔らかくなるまで、完全に火を通してしまう。

豚肉ときゅうり、トマトの肉吸い 作り方

 

きゅうりが煮えたら、豚こま肉200グラムと一緒に味つけしただしに入れ、弱火で10分ほどコトコト煮る。

豚肉ときゅうり、トマトの肉吸い 作り方

肉が硬くなるから、ここでもほとんど煮立たせないようにするのが大事だ。

 

10分煮たら、8等分のくし切りにし、タネをとり除いたトマトを入れる。

弱火で1分ほど煮たら火を止めて、そのまま20~30分おいて、きゅうりに味をしみさせる。

 

温め直してお椀によそい、青ねぎと一味をかける。

豚肉ときゅうり、トマトの肉吸い

 

これは、うまい、、、

おれ

 

かつおだしが豚肉でコッテリし、それがきゅうりにしみ込んだのが、たまらないわけである。

豚肉ときゅうり、トマトの肉吸い

 

それからこれは、そうめんを入れるとまたウマイのは、言うまでもないのである。

豚肉ときゅうり、トマトの肉吸い・そうめん入り

吸い物に入れる場合、そうめんは30~40秒、また芯が残るくらい固めにゆで、水をサッとかけて粗熱を取る。

 

 

あとは、ナスのからし酢醤油。

ナスのからし酢醤油

ナスは3ミリ厚さくらいに切り、塩1つまみで揉んで10分くらい置き、水洗いしてよく絞ってからし酢醤油で和える。醤油はうす口を使えば、色がきれいに保たれる。

 

それからオクラの冷奴。

オクラの冷奴

オクラは板ずり(塩を振ってまな板の上でズリズリする)し、水で1~2分ゆでる。冷めたら小口切りにして、味ポン酢とかつお節で和え、豆腐に乗せて、一味をふる。

 

あとは、農家のおばさんのきゅうり古漬け。

きゅうり古漬け

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

 

自分で作った料理は、つくづくうまい。自分が食べたいものを、食べたい通りに作るのだから、これは当たり前の話である。

料理がうまければ、酒も飲み過ぎるのが必然だ。しかし家で飲めばあとは寝るだけなのだから、別にそれでいいのである。

 

「もっとシャッキリ生活しなよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

これが意外に王道の味。マーボーきゅうり

さばかないから簡単。イカワタときゅうりのキムチ炒め

トマトを入れるとまたうまい。豚肉とキュウリの塩炒め

豚肉とキュウリのピリ辛みそ炒めは驚愕のうまさなのである。

豚肉とキュウリはピリ辛味で炒めるとうまいのである。
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉