まさに必殺。ナス鶏そぼろあんかけ素麺

2015/07/12

ナス鶏そぼろあんかけ素麺

きのうの晩飯は、ナスの鶏そぼろあんかけ。これに素麺を添えると、しみじみとウマイ。

さらに今朝、冷蔵庫でキンキンに冷やして冷たい素麺に添えた。これは、まさに必殺の味である。

 

◎スポンサーリンク


 

京都マルイ前での街宣アピールが終わり、飲んで帰ろうかと思わなくもなかったが、結局まっすぐ家に帰った。マルイは家から近所だし、だいたいおれは、家で自分で作った料理を肴に酒を飲むのが、一番癒やされるのだ。

「一人で飲むのは寂しい」と思う奴もいるかもしれない。しかしそいつは、単に自炊の楽しみを知らない愚か者なのである。

 

帰り道に、スーパーへ寄って鶏のひき肉を買った。家にナスがあったから、これを鶏そぼろあんかけにするつもりだったのだ。

ナスや冬瓜、カブや大根、やわらかく煮える野菜には、鶏そぼろあんかけは定番中の定番だ。やわらかいもの同士で、食べていてやさしい気持ちになる。

 

さて鶏そぼろあんかけを作るのに、考えどころはまず、「だし」をどうするかなのである。

おれ

 

鶏のひき肉を煮るわけだから、当然そのだしは出る。ひき肉の量が十分なら、きちんと煮れば、それなりに濃厚になるだろう。

「それでいいではないか」と思うかもしれないが、問題は、この鶏のだしが、醤油との相性がイマイチなことなのだ。

 

鶏のスープに醤油味をつけた食べ物の代表に、「ラーメン」がある。ラーメンは、大量の化学調味料を入れることで、初めて味が落ち着くわけで、動物性のだしと醤油は、何かを加えないときちんとした味にならないのだ。

化学調味料は魚介由来の成分だから、この「何か」は、一つは魚介だしである。だから鶏そぼろあんかけも、昆布と削りぶしのだしを使って作るのが、王道であるのは間違いない。

 

ただ、せっかく鶏のだしがあるのだから、それを活かしたいものだ。

その場合、「オイスターソース」を使うのがおすすめなのだ。

 

オイスターソースは、要はカキのエキスである。動物性のだしと醤油の仲を、強力に橋渡ししてくれる。

 

だしの問題は、それでクリアしたのだが、出来上がりの図を頭で思い浮かべてみるに、今一つ物足りないような気がした。何かもう一ひねりしたいところだ。

 

そこで閃いたのが、「素麺」だ。

ナス鶏そぼろあんかけ素麺

ナスの鶏そぼろあんかけに素麺を添えれば、それはウマイに決まっているわけである。

 

作るのは、難しいことは何もない。ただあえて言えば、ナスはすぐに火が通るから、煮過ぎないようにするのがコツといえばコツになる。

 

ナス2本は、味のしみ込みを良くするために皮をタテに縞に剥き、横半分に切ってから、4等分のくし切りにする。

ナス鶏そぼろあんかけ素麺 作り方

これを水に5分くらいひたしておいて、アクを抜く。

 

鍋に水・1カップと鶏ひき肉・200グラムを入れて中火にかけ、スプーンで押し潰してほぐしながら、軽く火を通す。

ナス鶏そぼろあんかけ素麺 作り方

肉の色が変わり、ひき肉がきちんとバラバラになったところで、さらに水・1+2分の1カップを注ぐ。

水を分けて入れるのは、水の量が多いとひき肉がほぐしにくいからである。

煮立ったら弱火にし、アクを取りながら10分煮ると、2カップほどの鶏のだしが取れていることになる。

 

このだしに、

  • 酒 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 淡口醤油 大さじ1
  • オイスターソース 大さじ1
  • おろしたショウガ 1~2センチ大

で味つけし、水にさらしたナスを、落としブタをして弱火で煮る。

ナス鶏そぼろあんかけ素麺 作り方

5分ほどで火が通るから、箸でつまんで「やわらかくなった」と思ったら、すぐに食べてみて煮え加減を確認し、火を止める。

 

この段階で、20~30分置いて冷ますと、ナスに味がしみていく。要はナスを煮るのを調理の一番初めにやり、冷ましているあいだに他のことをやればいいわけだ。

 

冷ましたナスを温めなおし、

  • 片栗粉 大さじ2
  • 水 大さじ2

の水溶き片栗粉を、スプーンで少しずつ、入れては混ぜしながらトロミをつける。

ナス鶏そぼろあんかけ素麺 作り方

 

素麺は、ゆで時間は30~40秒、まだ完全に芯が残っている状態でザルに取り、水をサッとかけて粗熱を取る。

ナス鶏そぼろあんかけ素麺

 

 

器に素麺を盛り、ナス鶏そぼろあんをかけて、青ねぎと一味を振る。

ナス鶏そぼろあんかけ素麺

 

これは、たまらない、、、

おれ

 

素麺に、やさしい味のナス鶏そぼろあんは、最高の相性だ。

ナス鶏そぼろあんかけ素麺

 

 

それからこれは、冷蔵庫でキンキンに冷やし、冷たい素麺にかけておろしショウガを天盛すると、またウマイのだ。

ナス鶏そぼろあんかけ素麺

これは、まさに「必殺」の味である。

 

 

あとは、たたきキュウリの梅カツオ。

たたきキュウリの梅カツオ

キュウリは皮をタテに縞に剥き、すりこ木で叩いて手でちぎり、塩一つまみで揉んで10分置いて、水洗いして水気をふき取る。

梅肉と、見た目同量の削りぶしを包丁でよく叩いてペースト状にし、みりん少々、淡口醤油ほんの少々で和える。

 

厚揚げの焼いたの。

厚揚げの焼いたの

厚揚げはフライパンで表裏をこんがり焼き、おろしショウガと青ねぎ、味ポン酢をかける。

 

それに冷やしトマト。

冷やしトマト

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

 

きのうもまた、うまいものを作ってしまったわけである。

これだけうまいと、外で食べる気がしなくなるのも無理もない話というものだ。

 

「節約するのはいいことだね。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

【参加した】7月10日京都・戦争法案に反対する街宣アピール

手軽でしみじみ。万願寺とうがらしとナスの煮浸し

マジでおすすめ。ナスとひき肉のトマト缶カレー

涙がでるほどウマイ。麻婆なすトマト入り

ご飯によく合う和風味のミートソース。ナスミート・ライス
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-012 鶏肉