【参加した】7月10日京都・戦争法案に反対する街宣アピール

7月10日京都・戦争法案に反対する街宣アピール

京都河原町マルイ前で行われたSEALDs KANSAI主催「戦争法案に反対する街宣アピール」に参加した。300人ほどの人が集まって熱心に話を聞き、通行人の反応もよかったようだ。

 

◎スポンサーリンク


 

与党が戦争法案を7月15日に強行採決する構えとなり、

安保法案、採決日程詰め…13日に中央公聴会(読売新聞)

情勢はにわかに緊迫している。国会でも、民主・社民・生活・維新・それに共産のオール野党が「歴史的」とすらいえる結束をし、共に反対していくことになった。

オール野党結束

ツイート記事

 

街頭での反対アピールも熱を帯びている。きのうは国会前でSEALDs(Students Emergency Action for Liberal Democracy - s=自由で民主的な日本を守るための、学生による緊急アクション)による国会前でのアクションが行われ、2万人の人が押し寄せて、国会前を埋め尽くしたそうだ。

SEALDs国会前アクション

安保関連法案:シールズの国会前集会に1万5000人以上(毎日新聞)

https://twitter.com/synchro_toccata/status/619489214703382528

 

 

SEALDs KANSAIも、元々7月19日に大阪・御堂筋でのデモを計画していた。

 

でもそれでは強行採決に間に合わないということで、急遽、きのう7月10日と17日に、街宣アピールをすることになったのだ。

戦争法案に反対する街宣アピール

これにおれも、出かけてきた。河原町は、歩いても行ける場所である。

 

少し早く着いたのだが、もう学生たちは待機している。報道陣も5~6社が来ていたようだ。

報道陣

報道陣

 

街宣が始まると、とり巻く人は、みるみる膨らんだ。学生たちは、みな自分の言葉で、戦争法案への反対をアピールする。

街宣アピール

街宣アピール

街宣アピール

街宣アピール

 

京都大学の教授も一緒になって、戦争法案への反対を訴えた。

 

学生たちも、勉強に、バイトに、デートや遊びに時間を使わなければいけないわけで、決してヒマではないのである。しかしこうして時間を割いて、戦争法案に反対している。

もし戦争になれば、まっ先に戦地に行かされるのはこの学生たちだ。

国会では与党が圧倒多数だから、法案を止めるには、街頭で声を上げていくしかない。おれたち上の世代も、他人事であっては絶対にいけないのだと思う。

 

 

実はきのう、おれたち上の世代のカウンターメンバーには、あるミッションが課されていた。差別団体のメンバーが、街宣の妨害を予告していたのである。

在特会をはじめとする差別団体は、安倍政権と親しい関係にある。安倍政権の政策に反対する人達を「反日分子」とよび、ネットでも攻撃している。

 

2年前、在日コリアンが多く住む鶴橋で、「在日コリアン大虐殺」を公言した極悪レイシスト(差別主義者)が来るというから、いつもカウンターへ行くメンバーには連絡がまわり、警戒態勢が敷かれた。

学生たちが必死の思いでやっているアピールを、邪魔させるわけにはいかない。

 

しかし結局、警戒を怖れたのだろう、レイシストは現れなかった。

「何事もなく終わったのは、何よりだ、、、」

おれはそう思いながら家へ帰り、いつもの通り飯をつくり、酒を飲んだわけである。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

6月21日京都「戦争立法に反対する学生デモ」SEALDs KANSAI 見聞記

【雑感】7月5日神戸・在特会ヘイトスピーチへのカウンター

ヘイトスピーチを許してはいけないのだ(5月31日大阪カウンター)

5月17日・大阪住民投票に反対を呼びかけたのだ

カウンターを初めて体験したのである。
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-089 日本について
-