揚げ物は、家でやるには向かないとおもうのである。(新福菜館三条店)

2014/03/03

昨日はブログを更新してから、いつも行くラーメン屋で餃子をツマミにビールを飲み、ラーメンを食べ、すっかり満足して昼寝した。

新福菜館三条店

夜は軽い肴で、ツイッターをしながら晩酌したが、「揚げ物は家でやるには向かない」と、あらためておもったのである。


 
ラーメン屋は昨日ももちろん、三条堀川を東に入ったところにある、新福菜館三条店である。

ブログを続けて見てくれている人は、重々承知のことなのだが、ぼくはこの三条店に、毎週一回、通いつづけているのである。

もうこの店のラーメンの中毒になってしまい、週に一回食べなければ気が済まない。

他のラーメン屋に浮気しても、翌日かならず、このラーメンが食べたくなってしまうのだ。

 

もう食べるものは決まっていて、店に入ると店員が「いっしょで?」と聞いてくるから、うなずくと、まずはビールとキムチが出てくる。

新福菜館三条店 ビール

昼間からビールを飲むのが、またたまらないのである。
 

しばらくすると、餃子が出てくる。

新福菜館三条店 餃子

この餃子が、何度食べてもおいしくて、「幸せだな・・・」という気持ちが、しみじみと込み上げてくる。
 

このごろでは、餃子とビールをお代わりする。

新福菜館三条店 ビール お代わり

やはりこの幸せは、満喫しないといけないのである。
 

そして最後は、ラーメン大盛り。

新福菜館三条店 大盛りラーメン

うまさは超弩級であり、食べ終わったときには、あまりの満足感にもうろうとしてくるのだ。

 

ぼくは京都へ来てから、ほぼ毎週、この店に来ているから、もう150回は、この餃子とラーメンを食べている。

にもかかわらず、飽きることがないどころか、毎回かならず、レッドゾーン目いっぱい、メーターの針が振りきる幸せを感じるのである。

これは尋常なことではなく、
「ぼくを裏切らないのは、この店とチェブ夫だけではないか」
とすらおもう。

しかしこれはおそらく、多大なる努力のたまものなのだ。

 

ぼくは最初は、新福菜館の本店へ行った。

本店では2~3回食べ、どうもピンと来なかったのが、三条店ではじめてこの味の意味がわかり、感動したのである。

おそらく本店は、お客さんがたくさん来すぎて、作り方が雑になってしまっているのではないかとおもう。

 

三条店以外の店にも、いくつか行ったことがある。

それらはどれも、三条店の味とくらべて現代流の味だった。

三条店は、現代のラーメンとは大きくちがう味がするから、それらの店は、現代に迎合し、味を変えたのではないかとおもう。

 

そうしてみると、三条店が、昔ながらのラーメンを、毎回変わらず提供しているというのは、貴重である。

もちろんまず、手間を惜しまないことは必要だろう。

でもそれだけでなく、「味を変えたくなる誘惑」に、勝ち続けなければいけないはずだ。

 

新福菜館のラーメンは、現代のラーメンからしてみると、「異端」ともいえるとおもう。

しかしそれを、自らの特徴と思いさだめ、新しい発想や工夫などを封印し、「時代おくれ」と言われようと、相も変わらずおなじラーメンを作りつづける・・・。

これは簡単にできることとはおもえず、やはり新福菜館は、歴史と伝統の街京都のラーメン屋なのだなとおもうのである。

 

ラーメンを食べて家に帰り、2時間ほど昼寝したら、もう夜になった。

雑用を少しこなして、晩酌にすることにした。

 

昼に腹いっぱい食べたから、夜は軽めの肴である。

軽めの肴で晩酌

ただし酒を飲むときは、アルコールを分解するのにアミノ酸が使われるから、タンパク系のものをきちんと食べる必要がある。

 

まずは豆腐は、とろろ昆布のぬく奴。

とろろ昆布のぬく奴

これは寒い時期の、手軽な豆腐の食べ方としてとてもいい。

ひと口大に切った豆腐をお湯であたため、それをお湯ごと、削りぶしととろろ昆布を入れたお椀に注ぎこむ。

うすくち醤油で味をつけ、昨日はここに、小口切りにしたネギとおろしたショウガをのせた。

 

ツナとネギの卵炒め。

ツナとネギの卵炒め

卵炒めも手軽にできる。

中火にかけたフライパンに、汁ごとのツナと斜め切りにしたネギを入れ、しんなりするまで炒めたら、小さじ1程度の酒とみりん、うすくち醤油で味をつけ、溶き卵をくわえて大きめにまとめる。

好みで七味をふって食べる。

 

ナスの塩もみ。

ナスの塩もみ

これもナスの食べ方としては最も手軽で、しかもうまい。

ナスはうすく切り、一つまみの塩で揉んで5分おき、水で洗って水気をしぼる。

昨日はうす切りのみょうが、ちりめんじゃこ、ゴマと合わせ、おろしショウガを上にのせ、ポン酢醤油をかけて食べた。

 

家で晩酌するときは、相手はだいたいツイッターである。

日本酒

ツイッターは独り言をつぶやくためのものなのだが、その独り言に、ほかの人が返信をすることで、会話のようになることもある。

昨日は時間が早かったので、何人かの人と会話になった。

それでやり取りしているうちに、「揚げ物は家でやるには向かない」と、あらためておもったのである。

 

◎スポンサーリンク

 

酒の肴についてのことを、つぶやいていたのだけれど、すると、

「そういえば、高野さんはあまり揚げ物とか食べませんね」

と返信があった。

そうなのだ。ぼくはほとんど、「家では揚げ物はやらない」と決めているのである。

揚げ物は、店で食べたほうがおいしいとおもうからだ。

 

それでそうつぶやくと、

「でも高野さんなら、お店の揚げ物よりおいしいのが作れそうですね」

とまた返信が。

そこでぼくは、少し考えた。

揚げ物が店のほうがおいしいのは、技術や工夫の問題とはちがうのである。

 

揚げ物は、たっぷりの油で揚げたほうがおいしい。

たっぷりの油だと、温度が安定するからだ。

でも家では、そうそう油をたくさん使うわけにもいかない。

油はそれなりの値段がするし、一人分を作るのに、油をたくさん使うのは、値段的に見合わない。

 

そうしたら、また別の人から返信があった。

「自宅には、お店のようにフライヤーを置くわけにもいきませんしね・・・」

なるほどそれは、その通りなのである。

お店なら、フライヤーに油を一杯に張り、次から次へと揚げ物をするのは、ラクな方法なのである。

揚げ物は、たくさん作るからこそ、効率的であることになる。

 

そこで思い至ったことがある。

「お店の料理と、家の料理は、根本的にちがうのだ・・・」

お店の料理を、家で真似しようとおもうと、無理が出ることになるのではないか。

 

お店では、少ないメニューをたくさん作るようにするのが、効率的である。

だから料理は、量をこなせるものの方が、安く出せることになる。

揚げ物は、その代表といえるのではないか。

 

またラーメンも、やはり量をこなすには、やりやすい料理だろう。

しかしこのラーメンも、家で作るにはまったく向かない。

時間をかけてスープをとって、2~3杯のラーメンを作るのでは、まったく割りに合わないのである。

 

家では、多くのメニューを、ちょっとずつ作る必要がある。

お店と家では、料理に求められることが、全くちがってくるわけだ。

だから自ずと、家には家にふさわしいメニューがある。

 

「料理を始めよう」とおもう人は、作るものを考えるのに、まず「お店で食べたもの」を思い浮かべることになるのではないだろうか。

もちろんそれは悪くないし、何でも自分が好きなものを作ったらいいのである。

でももしそれに疲れたら、家には家の、やりやすいやり方もあるのだということを、覚えておいて損はない。

 

昨日はそんな話をツイッターでして、12時頃に布団に入った。

いつも寝るのは2時頃だから、12時はだいぶ早いのだが、朝型の生活に切り替えたいとおもっているのである。

でも昨日は変な時間に昼寝をし、さらに前日、8時間も寝ていたから、なかなか寝付けず、さらに寝たと思ったらすぐ目覚め、目がパッチリと冴えてしまったから起きだした。

それで2時間ほどあれこれしていたら、眠くなってきたからまた寝たら、目が覚めたのは10時過ぎ、まったく朝型にはならなかったのである。

 

「年寄りは寝るのも苦労するね。」

チェブラーシカのチェブ夫

まったくだよ。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連食品

箱入京都ラーメン新福菜館 3食
新福菜館
1,050円(アマゾン)

 

◎食べログ

新福菜館三条店
 

◎関連記事

飲み屋には、一期一会の出会いがあるのである。

新しい土地になじむには、その土地を好きになることに尽きるのである。

お金は好きな人に使えば生きるのである。

一杯のつもりで飲みに行ったら、10杯飲んでしまったのである。

残り物処理をすると、新しい発見があるのである。

-05 軽い肴, 07 外飲み