これはうまい。イカわたと万願寺とうがらしのキムチ炒め

2015/09/26

きのうは、イカわたと万願寺とうがらしのキムチ炒め。

イカわたと万願寺とうがらしのキムチ炒め

これは材料の相性が最高で、とてもウマイのだ。

 

◎スポンサーリンク


 

スルメイカは1パイ150円~250円、一人分ならそれで十分お腹が一杯になるわけで、自炊のお助け食材だ。しかもまた、酒に合う。「スルメ」がおつまみの代表であることからも分かる通り、全ての肉類・魚介類の中で、酒にはこれが一番ではないかと思うくらいだ。

 

足と胴だけでももちろんうまいが、わたを使えば、また次元の違う、濃厚な味になる。スーパーで売っているスルメイカでも賞味期限内ならば、火を通す分にはわたを使ってまったく問題ない。

 

イカのわたを使う場合、味付には多少の工夫が必要だ。わたの味が強烈だから、調味料もそれに合わせて強いものを使わないといけない。

まずうまいのは、檀一雄「イカのスペイン風」にあるオリーブオイルとにんにく、唐辛子。これはパスタの具にするのもいい。

和風なら味噌、特に八丁味噌に砂糖も加えて甘くしたのは悪くない。

 

しかし史上最強なのは、「キムチ」なのである。

イカわたと万願寺とうがらしのキムチ炒め

 

この組み合わせは最近になって知ったもので、キムチはイカわたのためにあるのではないかと思えるほどだ。イカわたの臭みを完全に消してしまうのではなく、それをうまく、うま味に変換してくれる。

これは本当におすすめだから、是非やってもらいたい。

 

さらにきのうは、このイカわたキムチ炒めに万願寺とうがらしを入れた。

万願寺とうがらし

万願寺とうがらしは、まずイカと合う。イカはブロッコリーやねぎなどのクセの強い野菜と相性がいい。

おまけに万願寺も甘いとはいえ唐辛子なのだから、キムチと相性がいいのは言うまでもないのである。

 

万願寺とうがらしはシャッキリとさせ、やわらかなイカとの歯応えの違いを楽しみたい。そこで万願寺だけ最初にサッと炒め、最後に合わせるようにする。

イカも硬くなるから、あまり火を通すぎない方がいい。あまりモタモタ炒めないのが、この料理のコツである。

 

丸ごとのイカを扱ったことがない人も多いと思うが、この料理ではイカは捌かないから、怖がることはない。

イカわたと万願寺とうがらしのキムチ炒め

 

まずイカの胴の、中身と接続されている部分に指を入れ、届くところまで外してから、その胴の内側のところにタテに入っている、細長い軟骨をひっぱり出す。

イカわたと万願寺とうがらしのキムチ炒め

これはまっすぐ横に引き抜かないと途中で折れてしまうから、慎重にやる必要がある。

 

それからイカの足の根元に一対のクチバシがある。

イカわたと万願寺とうがらしのキムチ炒め

これも手でむしり取っておく。

 

あとは端からわたもろとも、、足はぶつ切り、それ以外は5ミリ幅くらいの輪切りにするだけである。

イカわたと万願寺とうがらしのキムチ炒め

 

ぶつ切りにしたイカを器に入れ、

  • 酒 小さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 淡口醤油 小さじ1
  • おろしたショウガ 2センチ大
  • キムチの汁 あるだけ
  • 塩 小さじ4分の1

を加え、手でもみ込む。

イカわたと万願寺とうがらしのキムチ炒め

そのあと20~30分、漬け込んでおく。

 

万願寺とうがらしはヘタを落とし、タテに途中まで包丁を入れて種を取り、食べやすい大きさに切る。

イカわたと万願寺とうがらしのキムチ炒め

フライパンにサラダ油・大さじ1を入れて中火にかけ、1分ほど、サッと炒めて皿にとり出す。

 

改めてゴマ油・大さじ2と、イカと見た目同量くらいのキムチをフライパンに入れ、中火にかける。

イカわたと万願寺とうがらしのキムチ炒め

 

1~2分炒めてから、漬け込んでおいたイカを入れる。

イカわたと万願寺とうがらしのキムチ炒め

 

1~2分炒めて、汁が固まりだした頃、とり出しておいた万願寺とうがらしを入れる。

30秒ほど混ぜ、万願寺に味が絡まったら火を止める。

 

万願寺とうがらしが手に入らない場合には、ピーマンやししとうを使っても問題ない。

イカわたと万願寺とうがらしのキムチ炒め

 

酒にもご飯にも、死ぬほど合う。

イカわたと万願寺とうがらしのキムチ炒め

 

 

あとは、キュウリの酢の物。

キュウリの酢の物

キュウリは薄い小口切りにし、塩一つまみで揉んで少し置き、水で洗って水気をふき取る。

ワカメと竹輪、ちりめんじゃこと合わせて、

  • 砂糖 小さじ4
  • 酢 大さじ4
  • 塩 少々

で和え、器に盛って、ひねり潰したゴマをかける。

 

玉ねぎの赤出し。

玉ねぎの赤出し

煮干しだしに赤出し味噌を溶き入れて、油あげ、玉ねぎ、しめじを煮る。

 

それに、キムチ。

キムチ

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

 

きのうは一日、どうもやる気が出なかったのだ。しかし、うまいものを食べたら元気が出た。

自分で作った料理はつくづく癒やされると、改めて実感したのである。

 

「ただ怠けているだけでしょう?」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おすすめ書籍

 

◎関連記事

檀流クッキング「イカのスペイン風」(旧サイト)

イカのわた味噌バター焼は、思わず涙ぐむほどウマイ

イカわたのキムチ炒め/料理をしない男の世界はちんまりとしているのだ

檀一雄「檀流クッキング」は自炊をする男性には絶対的におすすめなのである。(イワシの煮付け)

ホタルイカとキムチのソーミンチャンプルーは最高だ
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-024 スルメイカ
-