レタスの肉みそ炒め/結婚すると料理を始めるのはむずかしくなるのだ

2015/05/14

きのうは、レタスの肉みそ炒め。

レタスの肉みそ炒め

結婚すると、料理を始めるのはむずかしくなるのだ。

 

◎スポンサーリンク


 

一人暮らしの若い男で、牛丼やらコンビニ弁当やらばかり食べている奴は、本当に頭が悪いとしか思えない。

まずはもちろん第一に、おなじカネを使うなら、料理をすれば何倍もうまいものが食えるのだ。それどころか、ちょっとした飲食店へ行ったとしても、よっぽどのところでない限り、自分で作ったほうがうまい。

これは、料理のウデにはあまり関係ないと思う。自分で作れば、自分がその時食べたいものを、食べたい通りの味付にできるのだから、うまいに決まっているのである。

 

さらにいえば、今の時代、料理をしない男が結婚するのはむずかしいのではないか。

女性が仕事をつづけるのが当たり前の時代である。少なくとも結婚したら、亭主も料理するのは絶対に必要だろう。

 

しかしこの料理、結婚すると、ハードルが高くなるのだ。よっぽどできた女でない限り、奥さんは、亭主が作るダサい料理にひとこと言いたくなるはずだからだ。

もちろん、食事は奥さんも食べるのだから、それが不味ければ文句をいうのは当然の権利である。でも男はプライドが高いから、それで傷つくことも多いだろう。

 

さらに奥さんも食べるから、自分が食べたいものばかり作っているわけにはいかない。自分がそれほど食べたくない料理を作るのは、初心者にとっては結構キツイものがある。

 

結婚してから料理を始めた場合には、そうしてハードルが高くなっているところで、それでも頑張らなければいけないのだ。

結婚前は、そのような苦労は全くない。

 

 

一人暮らしの料理は、ほんとうに自由だ。何をしても、誰にも文句を言われない。

もちろん、あまりヒドイことをすれば、できる料理は不味くなる。でもそれも、自分が責任をもって食べればいいだけである。

 

とにかくやってみたらいいと思うのは、自分がこれまで食べたものを思い出し、その中で、「食べたい」と思えるものを作ってみること。

酒が好きなら、居酒屋などへも行くだろう。それならば、居酒屋で食べた料理を作ってみるのはおすすめだ。

居酒屋で出てくる料理は、簡単にできるものが多い。冷やしトマトや冷奴なら切るだけだし、おひたしなら茹でるだけ、焼き魚なら焼くだけだ。

 

ところがこれが、バカにしたものではないのである。

自分が「食べたい」と思って作った冷やしトマトは、お店でただ出てきたものより何倍もうまいのだ。ここに自炊の「秘密」がある。

 

「食べたい」と思う時点では、それは「夢」を見ているようなものだ。それを実際に作ることで、現実になる。

自炊とは、小さいながらも、夢を実現させることなのである。

その達成感と満足感が、料理の味を何倍にもおいしくするのだ。

 

このよろこびを一旦知ってしまうと、自炊はやめられなくなる。

まあそれも、頭が悪い男には、言うだけムダなことではあるが。

 

 

さてきのうは、レタスの肉みそ炒めを作った。

レタスの肉みそ炒め

焼肉を、甘辛いみそを付けてサンチュで巻いて食べることから分かるように、レタスと肉みそは黄金のとり合わせ。

しかもレタスが、肉の脂を吸ってちょっとしんなりしたのが ウマイのだ。

レタスは生より、ちょっと火を通したほうが圧倒的にうまいと思う。

 

作るのは、大して難しいことはない。くれぐれも、レタスを炒め過ぎないのがコツとなる。

 

フライパンに、

  • ゴマ油 大さじ2
  • ショウガみじん切り 2センチ大
  • ネギみじん切り 長ねぎなら10センチくらい
  • 豆板醤 小さじ2

を入れて中火にかけ、2~3分、じっくり炒める。

レタスの肉みそ炒め

 

豚ひき肉200グラムを加え、さらに5分ほど、ひき肉から出てくる水気が完全に飛び、ちょっと焦げ目がつくくらいまで、しっかり炒める。

レタスの肉みそ炒め

 

合わせ調味料を加えて、ひと混ぜする。

レタスの肉みそ炒め

調味料は、

  • みそ 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 醤油 小さじ1

 

強火にし、大きめにちぎったレタス半玉を入れて、上下を返しながら炒める。

レタスの肉みそ炒め

レタスがしんなりし始めた、「まだ硬いかな」というくらいのところで火を止める。

 

野菜と肉のうま味が出た、油がまたうまいわけだ。

レタスの肉みそ炒め

 

酒にもご飯にも、最高に合う。

レタスの肉みそ炒め

 

 

あとは、煮干しだしのワカメスープ。

煮干しだしのワカメスープ

2カップ半の水に、頭とワタを取った煮干し10匹くらいを入れ、弱火で10分ほど煮出す。

酒・大さじ2、みりん・小さじ2、淡口醤油・大さじ2で味付し、竹輪とワカメをサッと煮て、お椀によそい、ひねり潰したゴマを振る。

 

梅じゃこのたたきキュウリ。

梅じゃこのたたきキュウリ

キュウリはすりこ木で叩いて割り、食べやすい大きさにちぎって、塩一ツマミをもみ込んで10分おき、水で洗って水気をふき取る。

ちりめんじゃこと合わせ、包丁でたたいてペースト状にした梅肉と、同量くらいのみりん、淡口醤油ほんの少々で和える。

 

それに、キムチ。

キムチ

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

 

相変わらず咳がとれず、咳のし過ぎで腹筋が、今朝は筋肉痛になっていた。

酒とタバコがよくないのは明らかなのだが、といってわざわざ、自分のスタイルを変える必要もないのである。

 

ひどくなっても知らないよ。

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

水菜の鍋焼きうどん/使えなかった残りモノは捨てたらいいのだ

ピリ辛みそのゴーヤチャンプルー/自炊を「わびしい」という男はアホだ

豚肉とレタスのピリ辛みそ炒め/うまいものは自分で料理しないと食えないのだ

レタスのドライカレーは、マジでおすすめっすよ

豚肉とレタスのチャーハンは、オイスターソースで味付けするのである。
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉