ピリ辛みそのゴーヤチャンプルー/自炊を「わびしい」という男はアホだ

2015/09/26

きのうはピリ辛みそ味のゴーヤチャンプルー。

ピリ辛みそのゴーヤチャンプルー

自炊を「わびしい」という男はアホなのだ。

 

◎スポンサーリンク


 

自炊を「わびしい」とおもう男がいるわけで、そういう奴はだいたい、40代後半以降の、バブルを経験した世代だろう。

そういう奴が、まず時代遅れなのは言うまでもないことだ。

 

「専業主婦の奥さんが、料理を作って家で待っている」などというのは、もうとっくに終わった話であり、既にどこにも存在しない。

仮に、今現在それを奥さんに強いているなら、奥さんは不満を持っているはずで、その不満を解消するため、絶対浮気しているにちがいない。

 

それから「わびしさ」には、「食事を一人で食べること」も含まれる。このことは、自炊している人でも同意することもあるかもしれない。

 

でも「食卓を囲んだ家族団らん」のイメージは、おそらく、戦後になってアメリカから輸入されたものなのだ。戦前の日本では、家長は家族とは別の場所で、別のものを食べることも多かったと聞く。

殿様だって、自室で一人で食事をした。一人の食事は、むしろ「贅沢」だったのだ。

しかしそれが許されたのは、家長や殿様だけだったから、封建的なイメージと結びつき、戦後になり、「一人の食事はわびしい」と、逆に否定されるようになったのではなかろうか。

 

でももう今、アメリカにつき従う時代ではないだろう。それに一人暮らしなら、封建制とは関係がありようもないのである。

今こそ、一人で食べるよろこびを謳歌すべきではないか。

 

自炊を「わびしい」という男も、本心では、それが時代遅れであることが分かっているはずだと思う。若い世代は、料理男子やらお弁当男子やらが登場し、人気を博す時代である。

 

しかし、分かっていても、変えられないのだ。

それが「アホだ」と言うのである。

 

時代遅れであったとしても、「これまで何とかなってきたから、これからも何とかなる」と思っている。何ともならないからこそ、日本が現在、沈みに沈んでいることが、見ようとしないために見えていない。

 

そういう奴らは、馬に蹴られて死んだらいいのだ。

その方が、よっぽど日本のためになる。

 
 

さてきのうは、ピリ辛みそのゴーヤチャンプルーを作った。

ピリ辛みそのゴーヤチャンプルー

5月8日は「ゴーヤの日」なのだそうだ。それに合わせて初物のゴーヤがスーパーに入ってきたようで、キャベツほど高値でもなかったから早速買った。

 

ゴーヤといえば、やはり「ゴーヤチャンプルー」。味付は、塩に少しの醤油と、削りぶしが基本である。

しかしきのうは、目先をちょっと変えて、みそ味にした。豚肉にみそが合うのは、知れた話だ。

 

ピリ辛で甘辛い味の、水気多めのタレにする。豆腐も、汁気を吸いやすい厚揚げにする。

汁をたっぷり吸った豚肉と豆腐に、苦味のきいたシャッキリゴーヤは、たまらないとり合わせになるはずだ。

 

卵も火を通すのでなく、きのうは生の黄身をトッピングした。

ピリ辛みそのゴーヤチャンプルー

急速に陥没して見えなくなってしまったのだが、これがまたみそ味に合い、非常によかった。

 

ゴーヤは両端のヘタを落とし、半分に割ってスプーンでわたをかき出して、3ミリ幅くらいに切る。これをまず、サラダ油・大さじ1でサッと炒めておく。

ピリ辛みそのゴーヤチャンプルー

炒め加減は、好みである。

ただしあまり炒めてしまうと、ゴーヤの身上である苦味とシャッキリ感がなくなってしまうから、程々にするのが肝心だ。

 

ゴーヤに火が通ったら皿にとり出し、改めて、フライパンにゴマ油・大さじ1を入れて中火にかけ、まず、

  • みじん切りのショウガ 2センチ大
  • 豆板醤 小さじ1

を、1~2分、じっくり炒める。

ピリ辛みそのゴーヤチャンプルー

 

香りが立ってきたところで、豚コマ肉・200グラム、それから5ミリ~1センチ厚さに切った厚揚げ・2個(三角)を、さらに炒める。

ピリ辛みそのゴーヤチャンプルー

 

豚肉に火が通ったら、合わせておいた調味料を入れる。

ピリ辛みそのゴーヤチャンプルー

調味料は、

  • みそ 大さじ2
  • 淡口醤油 小さじ1
  • 酒 大さじ2
  • みりん大さじ2
  • 砂糖 大さじ1

 

2~3分炒め、厚揚げが汁を少し吸ったあたりで、とり出しておいたゴーヤを戻す。

ピリ辛みそのゴーヤチャンプルー

1~2分炒め、味をみて塩加減して火を止める。

 

 

卵黄をのせ、青ねぎをかける。

ピリ辛みそのゴーヤチャンプルー

 

思った通りのたまらない味である。

ピリ辛みそのゴーヤチャンプルー

 

 

あとは、ツナのわかめスープ。

ピリ辛みそのゴーヤチャンプルー

2カップ強の水にツナ1缶を入れて5分ほど、弱火で煮出し、酒・大さじ2、淡口醤油・小さじ1、塩・少々で味付し、ちくわとワカメを少し煮る。

お椀によそい、ひねり潰したゴマを振る。

 

それから、わさび醤油の長芋せん切り。

わさび醤油の長芋せん切り

 

キムチ。

キムチ

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

 

鼻風邪を引いているのに酒をたらふく飲んだから、夜中に咳が止まらなくなった。

しかし咳が出るくらいのことで、好きな酒を飲まないわけにはいかないのである。

 

「飲み過ぎと分かっているのに変えないのはよくないよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

水菜と塩さばのサラダ/外食だけで体調維持できるやつは天才だ

えんどう豆と高野豆腐の卵とじ/「ああ、うまい」と思えることが幸せの第一なのだ

サバめし/炊飯器を買うのはバカだ

しょうゆと削りぶしで味付する正調ゴーヤチャンプルー

キムチのゴーヤチャンプルーは、ぼくのゴーヤチャンプルーシリーズの中でも「決定版」といえる出来なのである。

麻婆味のゴーヤチャンプルーは、夏バテ解消に打ってつけのメニューである。

 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-