5月17日・大阪住民投票に反対を呼びかけたのだ

2015/06/18

きのうは5月17日の大阪住民投票に、反対を呼びかけてきた。

5月17日大阪住民投票

「都構想」は、聞けば聞くほどひどい話なのである。

 
 

大阪の市民でもないのに、反対を呼びかけるためのチラシまきに参加したのは、5月17日に行われる住民投票が、聞けば聞くほどひどい話だからである。

 

橋下市長は、今度の住民投票を、「大阪都構想の是非を問う」と位置づけている。でも「大阪都」などにするのに住民投票だけで決められないのは当たり前の話であり、これから先、国会での議決などを経ないといけない。

国会で議決できるかなど「まったく分からない」話なわけで、今度の住民投票は、じつは単に、「大阪市の解体」についての是非を問うものなのだ。

 

今度の住民投票が通ってしまうと、政令指定都市・大阪市はなくなって、権限は「村以下」の特別設置区5つに分割され、さらに結局、大阪都にはならずじまい、ということになる可能性が高いだろう。

しかもそれだけの荒療治を行うことで、どれだけのメリットがあるのかというと、これが、全くないのである。

 

「二重行政のムダをなくす」というのが、橋下市長の言い分だ。ところがこれが、嘘八百。

構想の発表当初、「4000億円のお金が浮く」と言われていたとのことなのだが、それが今では、浮くのは「1億円」に大幅修正されている。それどころかさらに経費がかかり、新庁舎を作るなどの初期費用で680億円、5年間では1071億円の赤字になる見込みだそうだ。

しかも二重行政として削減されるのは、病院、障がい者センター、公衆衛生研究所、男女共同参画センター、中小企業支援センター、図書館、体育館、大学などなどで、市民が受けられるサービスは大幅に低下する。

 

これはまさに、「やらずボッタクリ」というものだろう。

こんなことが行われるのを、黙って見過ごしていいわけがない。

 

今度の住民投票は、成立要件が設けられていないのである。どんなに投票率が低くても、「賛成」が「反対」より一票でも多ければ、大阪市の解体は決まることになる。

日頃カウンターで顔を合わせる人たちも、2ヶ月くらい前からかなりの強い危機感をもち、多くが反対運動に参加している。

 

ところが橋下市長は、膨大な政党助成金を投じて物量作戦を展開するから、反対運動は劣勢で、1週間くらい前には、メンバーから疲弊した、悲鳴にも似た声があがっていた。

これは大阪市外からも、応援に行かなくてはいけないだろう。

このようなやり方をどこかで一回許してしまえば、今度はもしかしたら同じように、憲法が改正されてしまわないとも限らない。

 

それできのうは大阪まで出かけ、チラシまきに参加したのだ。

5月17日大阪住民投票

 

チラシまきには各地から応援が駆け付け、きのうは総勢25名だったそうだ。市民の人の反応はけっこうよく、3分の1くらいの人が受け取ってくれた感じだった。

 

いまの日本は、本当に信じられないようなことが、当たり前のような顔をしてまかり通る。

微力でも、おかしいことには反対の声を上げないと、どんどんヒドイことになると思う。

 

2ヶ所で計2時間ほどのチラシまきを終えたあとは、軽く打ち上げ。

5月17日大阪住民投票

しかし反対運動は、あと一週間つづくから、みな早めに解散して家に帰った。

 

 

大阪からJRで京都駅にもどり、お好み焼きを食べていくことにした。

山本まんぼ

店は、京都駅北口からちょっと東へ行ったところにある、「山本まんぼ」。

 

京都のお好み店も、関西流の「まぜ焼き」を出すところが、多いには多い。

でも関西も、もともとは、タネを鉄板に平らにのばし、具を上に乗せていくやり方でお好み焼きを作っていて、その「べた焼き」を作る店が、今でもいくつか、京都には残っている。

 

昭和23年、終戦後すぐに創業されたこの「山本まんぼ」も、そうして昔ながらのやり方でお好みをつくり続ける老舗店。

山本まんぼ

さらにここは、そばかうどんの麺を入れるのが特徴で、これは「まんぼ焼き」と呼ばれている。

 

お好み焼きに麺を入れると聞くと、広島風のお好み焼きを思い出す。でもここは、広島とは作り方がまったく違い、姿形は似ているけれど、別々に発展したものではないかと思う。

 

まず鉄板にタネをのばし、そこに油かすやら肉やらイカやらの具をのせていく。

山本まんぼ

 

それとは別に、そばをキャベツと一緒に炒め、ソースで味をつけて上に乗せる。

山本まんぼ

 

ソースを甘いのと、スパイシーな辛いのと、両方塗るのが京都のお好みの特徴だ。

山本まんぼ

卵の焼き加減は指定できるが、やはり「生」がうまいと思う。

 

お好み焼きには、もちろんビール。

山本まんぼ

 

この店は、以前は昼だけの営業だったのが、一昨年、先代から息子さんに代替わりして、夜も営業するようになったそうだ。

京都駅の近くで、京都・昔ながらのディープな味を楽しもうと思ったら、「山本まんぼ」はおすすめだ。

 

頼むといいのは、具を全部のせた「まんぼ焼きスペシャル」・1020円。

山本まんぼ

食べログ

 

 

腹も膨れて、家に帰った。

いつもより早めに布団に入ったから、「これは朝早く起きて仕事をしよう」と思ったら、けっきょく起きるのは、いつもとおなじ時間なのである。

 

「住民投票がサックリ否決されるといいね。」

チェブ夫

ほんとにな。

 

◎関連記事

いい年をしてヘイトをこくなら早く死ね

4月29日梅田カウンター/ネトウヨは救いようがないアホなのだ

京都駅前にうまい味噌煮込み料理の店があるけれど紹介できないのが残念だ

京都・大宮は一人で飲むのにうってつけの飲み屋街だ

京都・大宮は垢抜けないところがいいのである
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み, 089 日本について
-,