4月29日梅田カウンター/ネトウヨは救いようがないアホなのだ

2015/09/26

きのうは梅田で行われた在特会の街宣に、カウンターに行ってきた。

4月29日梅田カウンター

ネトウヨは、本当に救いようがないアホなのだ。

 

◎スポンサーリンク


 

「アホ」にもいろいろ段階があり、可愛げがあるのもいる。また関西などでは、アホが尊敬の対象となることもあるだろう。

しかしネトウヨ・在特会のアホさ加減は、「救いようがない」と言うべきだ。

 

まず、実際にアタマが悪いことは言うに及ばない。

「在日特権」などというありもしない、荒唐無稽なデマをまともに信じているわけで、物事の理解力は最低ランクだ。

 

しかしそうしてアタマが悪いだけならともかく、信じたデマを元にして、他人を攻撃するのである。

これは本人たちにとっては、「やらなければやられる」と思っているのかもしれない。でも実際に攻撃の対象になるのは、在日韓国・朝鮮人や身体障碍者、ホームレスの人たちなど社会的弱者や、女性や子供になるわけで、単に弱い者いじめでしかない。

 

これら「差別」は、初めはネットのなかで始まり、それが「在特会」という組織になって、路上に出てくるようになった。攻撃は徐々に過激化し、在日を「殺せ」「たたき出せ」とまで主張するようになる。

これは「差別扇動」で、多くの国で、刑事罰までが課される重罪とされている。人種差別撤廃条約に加盟している日本でも、きちんと法整備して犯罪として処罰するよう、国連人権委員会から再三求められている。

しかし日本は、どういう理由か、それを怠っているために、差別扇動が広がりを見せるようになった。

そこで2年前、カウンターが登場し、路上で直接、ネトウヨどもを叱るようになったのだ。

 

どんなにアタマが悪くても、普通の神経を持っていれば、そうして叱られているうちに自分のまちがいに気付くだろう。さらに世論も、「ヘイトスピーチは悪」ということになり、法務省も、「ヘイトスピーチ、許さない」の啓蒙までするようになる。

実際、多くの人が在特会から離脱したらしく、在特会のデモや街宣に参加する人の数も減っている。

きのうの梅田での街宣も、在特会の参加は10名ほど、しかも参加者は、もうこのところ毎回、おなじ面子ばかりとなっている。

 

しかしこの「残った面子」というのが、いわば「純化」されていて、完全に、救いようがなくなっているのである。

4月29日梅田カウンター

犯した罪が大きすぎ、もう自分のまちがいを認めることができなくなっているのだろう。「狂信者」と呼ぶのがふさわしい状態だ。

 

周りの言うことに耳を貸さないのはもちろんのこと、それを封じようと、さらにデマを重ねていく。

「いけない」とされることを踏みにじり、ことさらに差別扇動をすることに、快感すら感じているようだ。

 

こうなってしまったら、人間は終わりである。

オウム真理教の信者が「ハルマゲドン」を信じて地下鉄にサリンを撒いたように、どこかの時点で、罪の償いに長い時間を費やさなければいけないことになるだろう。またはそうなるように、こちらはできる限りの努力をしていく必要がある。

 

しかしそういう、相手をする価値がない、救いようのないアホであっても、うす汚いヘイト・スピーチを街に垂れ流すのを許しておくわけにはいかない。

4月29日梅田カウンター

それできのう行われた在特会の街宣へも、お天気のいい祝日なのに、多くの人が、カウンターに馳せ参じるわけなのだ。

 

聞く耳を持たないヤツを相手にしないといけないから、カウンターをしていても、非常に疲れる。おまけに大阪府警は、差別扇動の犯罪者より、それを止めようとするカウンターをより厳しく規制するから、その規制をかいくぐるのにも手間がかかる。

しかしきのうも、こちらの罵声で、ヘイト・スピーチを何とかかき消すことができた。

 

在特会は、鶴橋に流れる可能性があったから、こちらも一応、鶴橋へ向かって状況を確認する。

鶴橋

しかしきのうは、アホどもはみな帰宅したようで、鶴橋は平穏だった。

これをもって、カウンターは無事終了と相成った。

 

そこで、慰労会。

慰労会

まずは、ガード下にある「茂利屋」。

 

ここは、ホルモンや豚足などが、大変うまい。

慰労会

慰労会

慰労会

値段も安く、鶴橋へ初めて来て、まず行ってみるのにはおすすめだ。

 

ビールから始まって、すぐにハイボール・メガジョッキ。

慰労会

 

 

つづいて、駅前にある回転寿司屋「海幸」。

慰労会

 

酒は、熱燗。

慰労会

 

ここも、寿司は2貫で130円からと大変安いのに、けっこううまかった。

慰労会

 

慰労会が終了し、帰り道に腹が減ったから、きつねうどん。

慰労会

大阪のうどんだしは、色はうすいが、醤油はかなり強めだと思った。

 

大阪は、さすが都会である。

慰労会

 

 

阪急電車で、ウトウトとしながら大宮へもどった。

大宮でもう一パイ飲む気力もなく、そのまままっすぐ家に帰った。

 

せっかくだから早く寝ようと思うのだが、なかなかすぐには寝付けない。アホのヘイト・スピーチを浴びたせいで、気持ちが疲れているからだ。

あのアホどもには、一刻も早く、世の中からいなくなってもらいたい。

 

「ほんとに迷惑なヤツらだね。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

カウンターは理解するのに時間がかかるが、だからこそ、取り組む価値があると思うのだ

3月29日大阪カウンター

#12月7日京都ヘイトアクションを許すな ~「カウンターは新しい」と思うのである

カウンターを初めて体験したのである。

「あらい商店」で飲み過ぎるのは仕方がないのである
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-089 日本について
-