迎え酒をバカにしてはいけなかったのである

2015/04/19

きのうまた飲み過ぎて、今朝は迎え酒をした。

迎え酒

迎え酒をバカにしてはいけなかったのである。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

※読んでくださった方は、ぜひアマゾンへ、レビューの投稿をお願いします!
 http://ossanhitorimeshi.net/?p=15418

 
 

きのうはまた、深酒をしたのである。

関西電力・京都支店前での反原発・抗議行動に出かけた。

反原発抗議行動

大宮の飲み屋で知り合った友だちが、これに毎週参加していて、「4月は在特会のデモが関西では予定されていないから、こちらに一度は参加する」と約束していたのだ。

 

トラメガは、もちろん持参。

反原発抗議行動

「原発やめろ!」も、トラメガを通してだと威力がちがう。

 

抗議が終わり、誘われて鉄板焼きパーティーへ。

鉄板焼きパーティー

 

用心は、していたのだ。このところ深酒が続いている。

深酒をすると、酒がそれほど強くないおれは、翌日に酒がのこって一日を棒に振る。飲んだ日に仕事ができないばかりか、その次の日も仕事ができなくなるから、生活が成り立たなくなるのである。

 

それでちまちま、ビールを飲んでいたのに、うまい日本酒があったのだ。

鉄板焼きパーティー

注がれれば、それはやはり飲むだろう。

けっきょく5~6杯飲み、帰って寝たのは2時になった。

 

10時ごろ目が覚めると、フルに酒が残っている。だいたいいつも、この残った酒があるていど醒めるまで、布団から出ることができない。

出勤しないといけないとか、何か用事があるとかいえば、仕方なく動きもするだろうが、こちらはさすらいの自由業。しかも一人で暮らしているから、べつに何もしなくても、怒られたりとか迷惑をかけたりとかすることはない。

それで体が動く気になるまで、ダラダラすることになるわけだ。

 

しかし頭は、「それではいけない」と分かっている。さすがにダラダラとしてばかりでは、食べていくことができない。

そこで、実はおとといのこと、二日酔いでもすぐに動き出すことができる、いいやり方を見つけたのだ。

迎え酒

迎え酒。

 

もちろん、二日酔いには迎え酒が王道であることは承知していた。酒を一杯飲むことで、二日酔いの気持ち悪さがスッとなくなる経験も、したことはある。

しかし何となく、そうして体内のアルコールを増やしてしまうと、それが抜けるまでには時間がさらにかかることになり、一時しのぎになったとしても、事態をさらに悪化させるだけではないかと、これまで迎え酒を舐めていたのだ。

しかし、それは間違いだった。

 

二日酔いで残っているのは、きのうの酒だ。だから酔った状態であるとはいえ、体はそれを楽しめず、「早く抜いてしまいたい」と後ろ向きになっている。

ところが迎え酒をすることで、「ふつうに酔った、気持ちがいい状態」にもどるのだ。いわば過去を断ち切り、未来に目が向くようになると言ってもいいだろう。

 

ふつうに酔った状態なら、シラフの時ほどではないにせよ、それなりに行動することはできる。

べつに布団で寝たままにならなくても、支度をしたり、家を出たりすることができるのだ。

 

迎え酒は、「酒飲みの知恵」といってもいいだろう。

やはり知恵は、たとえ酒飲みのものであっても、バカにしてはいけなかったのである。

 

「肝臓が泣いてるよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

「あらい商店」で飲み過ぎるのは仕方がないのである

京都大宮のグルメパブ「SUe」は、幸せなスタートを切ったようだ

京都・大宮がテレビで紹介されるのだ(5月3日・KBS京都)

カウンターは理解するのに時間がかかるが、だからこそ、取り組む価値があると思うのだ

琴ヶ瀬茶店は、嵐山の「穴場中の穴場」なのだ
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み