大阪・十三の韓国居酒屋「あらい商店」で飲み過ぎるのは仕方ない

2015/06/04

きのうは大阪・十三にある韓国居酒屋「あらい商店」で食事をした。

あらい商店

あらい商店で飲み過ぎるのは、仕方がないことである。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

※読んでくださった方は、ぜひアマゾンへ、レビューの投稿をお願いします!
 http://ossanhitorimeshi.net/?p=15418

 
 

きのうは食材買出しのめぐり合わせがどういうわけか悪く、「絶対ある」と思ったものがなかったり、かといって新たにピンとくるものも見つけられずで、けっきょく備蓄品をいくつか買い、晩めしの材料は買わずに家に帰ってきた。

買出しがうまくいかないことなどあまりないから、
「これは神様が『晩は外食しろ』と言っているにちがいない、、、」
そう思うわけである。

 

神様の言うことは、素直に聞くことにしている。

あらい商店

となれば目指す先は、大阪・十三にある韓国居酒屋「あらい商店」なのである。

 

あらい商店は、大阪に住むカウンターの人たちがしょっちゅう行っている店のようだ。ツイッターに料理の写真が上げられるのをちょくちょく見かける。

それがまたウマそうで、以前から行きたいと思っていたが、家から多少遠いため、なかなか足を運べなかった。

神様からのお告げで外食するには、選択として不足はない。

 

十三は、阪急電車の特急で梅田から一つのところ。

十三

長大なアーケード商店街が広がる、かなり賑やかな場所のようだ。

 

あらい商店へは、このアーケードを西へ行く。

十三

 

どこまでも西へ行き、アーケードが途切れたそのすぐ先に、ひっそりと佇むのがあらい商店。

あらい商店

 

十三の駅からは、10分近くも歩くだろうか。

これだけ辺鄙な場所に、必ずしも近所に住むばかりではないお客さんが日参するのは、この店がよほどの魅力を備えていることを意味するだろう。

 

大将は初対面だったが、年は50歳くらい、村野武範にもちょっと似た、ドスのきいた二枚目だ。

あらい商店

女将さんも美人である。

 

まず頼んだのは、ツイッターで見て前から食べたかった水キムチ・300円。

あらい商店

きっちりとしたコクがあり、さらに辛みがきいて、実にさわやか。

 

次に、直腸のトマトソース煮・680円。

あらい商店

これもツイッターで見ていたもので、本当はハチノスを使うのだが、売り切れとのことで代わりに直腸。

 

これが、ビックリするくらい、うまかった。ホルモンのトマトソース煮は初めてだったが、ホルモンとトマトソースがこれほど合うとは思わなかった。

またホルモンが、やわらかく、ホロホロに煮えている。トマトソースも一からの自家製とのこと、しっかりとしたコクがあり、とてもとても、オススメだ。

 

ビールを飲み終わったら、マッコリ・500円。

あらい商店

この店では「タッペギ」と呼ばれている。

 

さらにホルモン串焼き・160円~200円。

あらい商店

ホルモンは、和歌山の肉屋から送ってもらっているそうだ。

 

それから、キムチ・250円。

あらい商店

あらい商店は、元々キムチ販売店だったとのこと。スーパーなどで売っているのとは比較にならないほど、味が濃い。

このキムチは小売もしていて、100グラム100円と安いから、買って帰ろうと思いながら、酔っ払って忘れてしまった。

 

マッコリは、3杯飲んだ。それで十分だったのだが、時計を見ると、まだ早い。

そこで、チャミスル・1000円。

あらい商店

飲み過ぎなのは、知れた話だ。

 

シメは、牛すじカレー・580円。

牛すじカレー

これも前から「食べてみたい」と思っていた。

 

やはり思っていた通り、バツグンにうまい。牛すじの甘いだしが、辛めの味でまとめられている。

キムチが添えられているのもいい。カレーにはキムチが合うのを知ったのは、この店の写真を見たからだ。

 

この店、料理が全てウマイのはもちろんのこと、さらに「かなりの特徴を持った店」だと言えるのではないだろうか。

いま日本で、韓国料理を食べさせる店としては、焼肉屋、そして韓国家庭料理の店、この2つが主流だろう。しかしあらい商店は、そのどちらでもない。

ホルモンの串焼きが中心だし、その他のメニューも家庭料理ではなく居酒屋料理だ。

「韓国料理を食べながら気軽に飲める店」として、貴重な存在だといえると思う。

 

さらにこの店、韓国料理に必ずしもこだわっていないところが、自由でよい。トマトソース煮はバケットまで添えられるイタリア仕様だし、カレーもべつに韓国料理とはいえないだろう。

大将は料理が好きで、休日などは、家族のために朝から料理をするのだそうだ。

だからあらい商店で出される料理は、「韓国を背景とした創作料理」といえるわけで、そのような店は日本には、あまりないのではないだろうか。

 

これだけうまく、しかも他にはない特徴があれば、お客さんも来るはずだ。

カウンターの人たちが日々通いつづける理由が「分かった」と思ったのでる。

 

終電に間に合う時間に、ちょうど飲み終わって店を出た。帰りの電車で立っていたのか座っていたのか、あまりよく覚えていない。

 

大宮へ着くと、さっきカレーを食べたのに、さらにラーメンが食べたくなった。

そこで家から近いラーメン屋「香来」へいくと、ガッカリしたことに定休日。

香来

 

そこで二条の「天下一品」まで足を伸ばして、ビールと、

天下一品

 

ギョウザ、

天下一品

 

こってりラーメン。

天下一品

酒もめしも、十分満足して家に帰った。

 

今朝起きてみると、分かってはいたことだが二日酔い。昼近くまで布団の中でダラダラする。

 

でもいい店で、感謝の気持ちを示すには、酒を頼むのが一番だ。

あらい商店で飲み過ぎるのは、仕方がないことである。

 

「ただ酒が好きなだけでしょ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

営業時間 12:00~23:30(ラストオーダー23:00)
定休日 火曜日
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270302/27081772/

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

京都大宮のグルメパブ「SUe」は、幸せなスタートを切ったようだ

京都・大宮がテレビで紹介されるのだ(5月3日・KBS京都)

京都・大宮は垢抜けないところがいいのである

3月29日大阪カウンター

大阪・動物園前「えいちゃん」は天国のような居酒屋だ
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み