カウンターは理解するのに時間がかかるが、だからこそ、取り組む価値があると思うのだ

2015/04/06

きのうはカウンターで知り合った人たちと、大阪城公園で花見をした。

花見

カウンターは理解するのに時間がかかるが、だからこそ、取り組む価値があると思うのだ。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

※読んでくださった方は、ぜひアマゾンへ、レビューの投稿をお願いします!
 http://ossanhitorimeshi.net/?p=15418

 
 

大阪城公園で花見をした。

花見

 

大阪城公園は初めてで、ましてやここで花見などしたことはなかったが、桜はかなりきれいである。

花見

花見

花見

花見

花見

 

広大な花見エリアがある上に、「桜と日本建築」という最高のコンビネーションを、眺めて楽しむこともできる。

大阪で花見をするのなら、最強スポットの一つであるのは間違いがないところだろう。

 

一緒だったのは、カウンターで知り合った人たち。

花見

 

在日の人もいて、鶴橋の名店で買い出しがされたから、「死ぬか」と思うくらいおいしい韓国料理が大量に並んでいた。

花見

花見

 

とくに凄かったのが、蒸し豚。

花見

モソモソとしたところが皆無、実にしっとりとしていて、買い出しをしてくれた人は「これは日本一の蒸し豚だと思いますよ」と言っていたが、「そうだろう」と肯いた。

 

カウンターの人たちと話をするのは、ぼくにとってはとてもとても魅力的なのだが、その理由はまず第一に、カウンターには、ありとあらゆる種類の人が集まることだ。

政治や社会にもともと関心が高かった人はもちろん多いが、ぼくのように、3.11のあと、関心を持つようになった人も多い。政治に関心があった人も、左翼活動に参加していた人もいれば、右翼だった人もいる。

在日の人も日本人もいるわけだし、年齢層も、20代から60代までと幅広く、男女ともいるのはもちろん、職業も、学者から不良から、会社員、自営・自由業、会社経営者、公務員、政治家、ミュージシャンなどなど、実にさまざま。

これだけ色々な種類の人と一堂に介すのは、ぼくは中学校以来のことである。

 

しかもそれらの人たちが、ただ集まっているわけではない。「反差別」の一点で目的をおなじくし、路上で、ネットで、その他様々な場所で、具体的な行動をおこすのだ。

「戦友」のような連帯感が感じられ、たがいの結びつが強くなる。

 

もちろん、このような戦いは、本当は、ない方がいい。

しかし、深刻な被害が発生し、戦わざるを得ない以上、連帯は必要なことだろう。

 

といってその連帯に、カウンターの場合、組織はまったく絡んでいない。運動の中心になる団体として「C.R.A.C.」(Counter-Racist Action Collective=対レイシスト行動集団)があるのだが、これはあくまで「情報ステーション」の役割をするもので、いわゆる組織とは全くちがう。

カウンターは、組織動員されて集まる人は、皆無といっていいと思う。みんなツイッターなどの情報を得て、自分自身の意志で集まる。

C.R.A.C.に所属する人からして、運動に専従の人はいないのではないか。そもそもC.R.A.C.自体が、運動に必要な資金は、直接の寄付ではなく、クラブイベントの開催やTシャツの販売などのビジネスによって得ている。

 

このことが、カウンターの新しさの大きなポイントではないかと、ぼくは思う。

社会運動を組織によって運営すれば、どうしても「仕事の領域」に属するものが増えることになる。仕事はあくまで収益を生むことが前提だから、それが運動に持ち込まれれば、それによって、運動の方向性が左右されることもあるだろう。

でもぼくは、政治や社会を仕事の延長に考え過ぎていることが、いまの日本の最大の問題ではないかと思うのだ。たとえば先日閣議決定された残業代ゼロ法案にしてみても、「企業の収益を上げる」という視点で見れば、「正しい政策」になるのだろう。

それに対してカウンターは、仕事の領域を極力少なくすることで、運動を「生活」の延長に考えることを可能にしているのではないだろうか。

 

政治や社会を、仕事ではなく、生活の視点から見ることで、これまでとは全くちがった、新しい世界が見えてくるのではないかと、ぼくは思う。

生活の中心である「食」にぼくがこだわっていることは、そういう意味もあるわけで、カウンターの活動スタイルにはとても共感できるのだ。

 

それからカウンターの人たちと話していて感じることで、ぼくが「スゴイ」と思えるのは、感情と理性とを、絶妙なバランスで調和させていると見えることだ。

これまでの社会運動というと、シュプレヒコールで、たとえば「差別はんたーい」と叫ぶイメージがある。あくまでも理性的に、言論で、対抗するということだろう。

しかし在特会という、言論としてはまったく価値がない、デマのでっち上げによる差別的な誹謗・中傷をまき散らす団体が登場し、それに言論で対抗することは、ただ「バーカ」のひと言で済んでしまうわけだから、意味がないことになった。

といって、在特会による「在日特権」などのデマは拡散して支持者を増し、差別煽動の被害は拡大していくわけだから、その状況は、どうにか食い止めなくてはいけない。

そこで、「非暴力・直接行動」であるカウンターがはじまった。

 

カウンターは、相手の暴力的なスピーチなどにただ反対するのではなく、差別者を叱りつけ、意気消沈させることで、相手の暴力行動を具体的にストップさせる。だから言葉づかいは大変荒く、怒りの感情を爆発させる。

しかしそうして、傍からみれば「半狂乱」とも思えるほどの抗議をしながら、長くカウンターをやっている人は、同時に非常に醒めていて、状況を冷静に見ている。やり過ぎると警察に逮捕されることがあるからだ。

逮捕されるギリギリまで行きながら、寸止めで引き下がる。

ただ感情的であるのではなく、鋭敏な理性がつねに働いているのである。

 

「近代」とは、理性に重きがおかれる思想といえるのではないだろうか。近代の中心にある科学でも、客観的な分析が尊ばれ、個人の感情などについては、「主観的である」として分析の対象から外される。

でも現代は、その積み残された「感情」が、行き場を求めて彷徨っている時代であるようにもぼくには思え、たとえば在特会が支持を集めたのも、あの言論ではなく、感情的な物言いにあったのではないか。

理性と感情を見事に調和させているように見えるカウンターは、そういう意味でも、非常な新しさをぼくは感じ、学ぶところが大きいのである。

 

きのうもカウンターの諸先輩方からたくさんの話を聞かせてもらうことができ、新たにたくさんのことを学んだ。

昼から始まった花見は、夕方に終了し、さらに近くに住むメンバーのお宅へお邪魔して2次会。

花見

12時近くの、終電ギリギリの時間にお暇した。

 

京都に戻って、シメは第一旭の中華そば。

ラーメン

 

カウンターは、単純なデモなどに比べると、内容が複雑で、理解するのに時間がかかる。

でも、「だからこそ、取り組む価値がある」とも、ぼくなどは思うのだ。

 

「親切にしてもらえてありがたいね。」

チェブ夫

ほんとにな。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

琴ヶ瀬茶店は、嵐山の「穴場中の穴場」なのだ

3月29日大阪カウンター

#12月7日京都ヘイトアクションを許すな ~「カウンターは新しい」と思うのである

【書籍紹介】「在日特権」の虚構(野間易通)

カウンターを初めて体験したのである。
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み