神戸でのカウンターのあとは、天国のような中国ギャル居酒屋へ行ってしまうのだ

2015/03/17

きのうは神戸まで、在特会がおこなう街宣のカウンターに行った。

神戸カウンター

そのあとは、大阪・動物園前にある天国のような中国ギャル居酒屋「えいちゃん」へ、結局行ってしまうのだ。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

※読んでくださった方は、ぜひアマゾンへ、レビューの投稿をお願いします!
 http://ossanhitorimeshi.net/?p=15418

 
 

在特会がきのう神戸で街宣することは、あらかじめツイッターを見て知っていたのだが、行くか行かないかは迷っていた。

神戸までは、京都からだとやはりちょっと遠いし、在特会が衰退傾向にあることを思えば、人数もそれほどではないだろうと思われた。街宣の趣旨も、4月にある統一地方選挙についてということで、どうせ差別発言は出るだろうが、一応は差別と関係ないものになっていた。それにぼくは、金曜日に原発抗議へ出かけたので、あまり続くと、さすがに仕事に差し障りが出てしまう。

でも午前中、ブログを更新しながらも、やはり気になる。ツイッターを見ていても、それほど大きく告知されず、カウンターの人数もあまり集まらないだろうから、加勢が必要とも思われた。

それに大阪の天国のような中国ギャル居酒屋「えいちゃん」に、もう3週間顔を出していなかったから、オネエチャンから「どうしたの?」「いつ来れる?」とじゃんじゃんメールが来て、そろそろ顔を出さないといけない雰囲気になっていた。神戸に行けば、帰りに大阪に寄れるからちょうどいい。

 

ブログ更新は1時に終わり、それからダッシュで出かければちょうど間に合う時間だった。

そこで結局、家に戻ってプラカードとメガホンをかばんに入れ、西へ向かう阪急電車に乗り込んだわけなのだ。

 

街宣場所は、神戸元町の駅前だった。

神戸カウンター

到着すると、すでに街宣は始まっている。

 

在特会のメンバーは、中心になるのは20代~30代、まだ若く、これからいくらでも色んなことをやっていける年代なのに、空理空論をふりまわし、在日韓国・朝鮮人を攻撃する。

だいたい在特会が主張する「在日特権」なるものがまず、まったく存在していないわけで、完全なる「デマ」である。そんなこと、ちょっと調べればわかるのに、それをしようともせず盲信している。

一種の「カルト」と言っていいわけで、それに引っかかっている若者は、「哀れ」としか言いようがない。

 

若者も、あるとき自分のまちがいに気がつく時が来るだろう。しかしその先、自分がどれだけ多くの人を、深く傷つけてしまったのかという後悔の念を抱きながら、罪を償う時間が必要になるわけで、人生を大きくまわり道することになる。

本人が選んだ道だから、仕方がないこととはいえ、それを思うと暗澹とした気持ちになる。

カウンターは、そういう連中を相手にしないといけないから、疲れるのだ。

 

まあそれでも、カウンターも、やることはやる。

在特会も、世の中から批判を浴びているのは分かっているから、組織維持のため、差別と関係がない話をしたりして、「自分たちは差別ばかりしている団体ではない」ということを主張しようとする。それはべつに構わないわけなのだが、本当にやりたいのは朝鮮人差別だから、そのうち差別発言が出るようになる。

そこは許さず、きっちり罵声を浴びせてたたき潰す。

 

それにつけても腹が立つのは、警察が、カウンター側に厳しく当たってくることだ。東京などは、それでもかなり態度が変わってきたようだし、京都や大阪などでも、以前と比べれば警備はずいぶん緩やかになっていると聞く。

しかし兵庫県警は、まだ昔のままだから、カウンターは街宣の正面からどけられて、端っこに追いやられる。

不当な街宣に抗議するのは、憲法でも保証された、市民の当然の権利だということを、早く分かってほしいものだ。

 

1時間半の街宣は、カウンターの罵声を浴びながら、無事終了。

神戸カウンター

在特会がいなくなったのを確認し、こちらも「打ち上げ」という段になる。

 

運動の後の打ち上げは、やはり楽しい。ほとんどが、初めて合う人、またはカウンターで顔を見たことはあったけれど、話したことはない人なのだが、共通の話題があるから、話はかならず盛り上がる。

カウンターを長くやっている人もいて、きのうは在特会のメンバーについて、いろいろ詳しく話を聞いた。

話を聞くと、ひたすら哀れなばかりだが、酒の肴にするにはちょうどいい。

 

打ち上げは2時間ほどで終了し、さらにぼくは、カウンターの友だちと、動物園前へ向かった。

えいちゃん

めざすのは、天国のような中国ギャル居酒屋の「えいちゃん」。

 

きのうも、ママに、

えいちゃん

 

チーママ、

えいちゃん

 

かわいいギャルが勢揃い。

えいちゃん

カラオケを歌いまくり、カウンターの疲れも癒やされるわけである。

 

大宮へもどり、ラーメンを食べて帰ろうかと思ったが、思い直して家でうどん。

うどん

腹の虫は、まだ収まらず、結局さらに飲んでしまった。

 

寝る支度をしていたら、ドアの外でにゃんこが「ニャーニャー」鳴く声がする。ドアをあけると、ちびニャンが入ってきた。

ちびニャンは、我が物顔でベッドに上がり、くつろいだ様子で毛づくろいを始める。

ちびニャン

ちびニャン

ちびニャン

エサをだしに一度外へ出したが、またニャーニャー鳴くから入れてやり、結局朝まで、ぼくの脇で寝ていった。

 

カウンターの疲れは、きょうもまだ、残っている。

でもきょうこそは、さすがにちゃんと仕事しないとマズイのだ。

 

「シッカリしてよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

関西電力京都支店前・スタンディングアピールに、はじめて参加したのだ

大阪・動物園前「えいちゃん」は天国のような居酒屋だ

天国のような中国居酒屋「えいちゃん」〈続報〉

カウンターの仲間と酒を飲むのは楽しいのだ。

神戸元町カウンターのあと、大阪で「天国」としか思えない飲み屋をみつけた
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み