京都・大宮「スピナーズ」は、会話一本で4周年をむかえる大した店なのだ

2015/03/09

きのうはお世話になっている京都・大宮のバー「スピナーズ」の4周年記念パーティー。

スピナーズ

「スピナーズ」は、会話一本で4周年をむかえる大した店なのだ。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

※読んでくださった方は、ぜひアマゾンへ、レビューの投稿をお願いします!
 http://ossanhitorimeshi.net/?p=15418

 

 

「スピナーズ」はぼくが「Kaju」につづいて、大宮で2番めに定着することができたバーで、通い始めたのはオープンして半年くらいたったころからではないかと思う。

京都の飲み屋は、東京育ちのぼくにとって、どう振る舞ったらいいのか初めのころはよく分からず、特に立飲み屋などの、店主の仕切りが全くなく、しかもお客さんが立ち位置を自由に変えるような、わりと混沌とした店は、完全にお手上げだったのだが、その点、「Kaju」や「スピナーズ」では、関東ほどではないにせよ、マスターがちょっと強めに仕切るので、居場所を見つけやすかったのだ。

 

「スピナーズ」では、お客同士で話す楽しみを、初めておぼえた。

スピナーズ

店主の仕切りが弱いところでお客さん同士で話すというのは、もちろん話すこと自体は何もむずしくないのだが、「楽しく話す」にはそれなりの技術というか、間合いというか、そういうものが必要となる。要はこちらもあちらも、気心が知れなかったり、気分が乗らなかったりしたまま話しても、疲れるだけで楽しくはないからだ。

 

店主がまったく仕切らない店では、自分と相手の気持ちを合わせるところから、全て自分でやらないといけないのだが、スピナーズでは、そこをある程度、マスターが補助してくれる。どのお客さんとどのお客さんとを隣同士に座らせるかを、マスターはそうとは悟られない自然な形で、緻密に計算するからだ。

お客さんが入ってきたとき、その一人ひとりについて、マスターは「この人を誰の隣に座らせるか」を、おそらく考えていると思う。ただ空いている場所に座らせるというだけではなく、もし席が空いていなくても、「この人の隣に座らせたらいい」と思う場合は、3人か4人かをまとめて、横に移動させたりすることもある。

そうしてお客さんを順に入れながら、「会話が盛り上がるカウンター」を、マスターはつくり上げていくのである。

 

何しろスピナーズには、ツマミがほとんどない。

普通はバーでも、多少の料理を出すことで、客単価を上げると同時に、お客さんが手持ち無沙汰にならないように配慮する。とりあえず料理を食べれば、べつに誰とも話さなくても、居場所があることにはなるからだ。

スピナーズでも、一時はツマミをいくつか出そうとしていたが、この頃は、それはまたやめたみたいだ。そのやり方は、マスターの性に合わないのだろう。

 

ツマミを出さず、酒一本で店を成り立たせようとすれば、とにかくお客さんが楽しく会話してくれるしかない。人と会話してはじめて、お客さんは居場所が見つかることになるし、さらにお酒の杯も進んで、経営的にもプラスになる。

スピナーズのマスターは、そうして人と人とを自然に会話させることに、やはり才能があるのだと思う。

それでぼくも、スピナーズへ通い始めて、はじめて他のお客さんと自然に話せるようになった。顔見知りの常連さんも増え、きのうも、このごろはちょっとサボっているから、知らない、新しいお客さんも多かったが、以前からの常連さんは、ほとんどが「知り合い」ということになっている。

 

このような「会話一本」のやり方は、バーの経営方法としてはかなり「リスキー」だといえるだろう。経営は、何重にも、安全装置をしかけておくのが常道だ。

しかしそうして4年、スピナーズは堂々と続き、しかも新しいお客さんもどんどん増えているのだから、「大したもの」と言うしかない。

 

きのうもぼくが店に入ると、カウンターの一番端に案内された。

スピナーズ

隣には、ぼくより年上、および年下の画家が2人ならんで座っていて、ぼくがその人たちと話すと盛り上がるのを、マスターは分かっているからだ。

ちなみにスピナーズは、1年前くらいから、若い女の子のアルバイトが入るようになっている。最低限マスターと、この女の子たちは話し相手になってくれるから、隣のお客さんとの話が万が一盛り上がらない場合でも、とりあえずは手持ち無沙汰にならない仕組みだ。

 

若い画家の男性は、ぼくは彼が描く絵も好きで、また芸術論も、ぼくが好きな話題の一つだ。さらに彼は、反原発運動にもかかわったりしているから、なおさら話が合って、ひとしきり話をした。

 

するとそのうち、美人の女子がいることに気がついた。見たことがない顔だったが、つい最近、来るようになったらしい。

それでぼくは、女子の隣がたまたま空いていたから、そちらへ移動。

スピナーズ

しばらく話をさせてもらった。

 

しかし美人の女子がいると、そのまわりには、男性がワラワラと集まってくるものだ。そのうち揉みくちゃになり、女子もどこかへ行ってしまったから、ぼくもまた席を移った。

 

最後は近くのイタリアンバルのマスターがいたから、ぼくはその隣に座った。

スピナーズ

マスターはいじめっ子の性格のようで、チェブ夫にかならず、変なポーズを取らせるのだ。

 

しかしイタリアンバルの従業員の女の子が、おしぼりの布団にチェブ夫を寝かせてくれ、事なきを得た。

スピナーズ

 

イタリアンバルのマスターは、ぼくが大阪の中国居酒屋にハマっているのを知っているから、

「大阪ばかりじゃなく、ちゃんと大宮にも来てくださいよ」

と、念を押される。

ぼくも分かってはいるのだが、何しろハマっているから、仕方ないのだ。

 

そうこうするうちに、あっという間に午前2時を過ぎてしまった。まだお客さんはたくさんいて、ぼくももっといたい気もしたけれども、このまま残ってしまったら朝になるのは確実だから、家に帰ることにした。

マスターから、

「こんな、やりたいようにしかやらない奴ですけど、これからもよろしくお願いします」

と、お見送りされて、スピナーズを出た。

 

家に着き、小腹が空いていたから、うどんを食べることにした。

梅とろうどん

うどんをお湯であたためて、お湯ごとどんぶりに入れ、とろろ昆布と削りぶしをかけ、みりん・ほんの少々と淡口しょうゆで味付して、ネギをかけ、梅干しをのせる。

 

おとといに続いてきのうも深酒したのだが、それも仕方がないだろう。

やはり人間、義理を欠いてはダメなのだ。

 

「あしたは仕事もガンバってよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

京都はやっぱりイイんですよね

ささやかな祝杯を上げるのは、やはり京都・大宮なんですよね

京都・大宮で飲んでみようと思うなら、まずはKaju’なのである

「ピッコロ・ジャルディーノ」は大宮でパスタを食べるにはおすすめなのである

たこ焼「壺味」は京都・大宮のへそである
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み