天国のような中国居酒屋「えいちゃん」〈続報〉

2015/02/21

きのうはまた、大阪・動物園前にある、天国のような中国居酒屋「えいちゃん」に行ってきた。

えいちゃん

完全に、ハマりまくっているわけなのだ。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

※読んでくださった方は、ぜひアマゾンへ、レビューの投稿をお願いします!
http://ossanhitorimeshi.net/?p=15418

 

「えいちゃん」には、今週月曜に、行ったばかりだったのだが、きのうは中国の旧正月だったそうだ。

中国では、正月には水餃子を食べる風習があるとのこと。

「えいちゃんでも水餃子をふるまうから、ぜひ食べて」

と、中国ギャルにカワイイ顔をされて言われてしまうと、断るわけにもいかないのだ。

 

阪急・大宮から堺筋線・動物園前までは、淡路で1回乗り換えるだけだし、通勤時間帯でも意外にすわれ、本なども読めるから、それほど大変でもないといえば、ない。

それでも、電車に乗っている時間だけで、片道小一時間、運賃640円をかけていくのは「どうなのか」と、我ながら思うのだが、何しろハマっているから、仕方がない。

電車に乗る前に女の子にメールしたりして、いそいそと出かけるのだ。

 

まずビール。

えいちゃん

 

それからすぐに、餃子が出てくる。

えいちゃん

 

この餃子、たしかに中国人が作るだけあって、うまかった。

皮から手作りするのだそうで、その皮が分厚くてモチモチ。餡もジューシーで、こういう餃子は、なかなか日本では食べられない。

腹も減っていたから、もう一皿おかわりした。

 

きのうはママが、正月で中国へ帰っていなかったから、かわりに先日相手をしてくれた「れいなちゃん」が代理ママ。

その他にも何人か、女の子がいた。

 

ケイコちゃん、

えいちゃん

 

モモちゃんと、

えいちゃん

 

それにフーちゃん。

えいちゃん

全員、気立てのいい、明るい子ばかりである。

 

この3人は、たぶん学生。この店で、アルバイトとして学費を稼いでいるのだろう。

 

若い女性にとっては、酔っぱらいのおっさんの相手をするのは面倒なものだろう。しかし中国の若い女性は、気負った様子もなく、酔客の席に見事にとけこんでいる。

ぼくはそれを見ながら、「中国人は、やはり特別なんだ」と思った。

 

中国人が、中国大陸だけでなく、世界中へ進出しているのは知れた話だ。異国の人を相手にし、商売するのに長けている。

それにはこうして、相手の懐に瞬時にとびこむ、「心の壁」の低さが必要なのに違いない。

韓国人も、フィリピン人も、アジアの女性はみな気取らず、気立てがやさしい。

しかし、この中国人の人懐こさは、やはり4千年の歴史に裏打ちされた、中国ならではの国民性なのではないかと、ぼくは女の子たちを見ながら思った。

 

そんなことを思っているうちに、だんだん酔いは回ってきて、そうなれば、あとはカラオケ。

えいちゃん

女の子とデュエットやら、一人でやら、また7~8曲を歌った。

 

ビールを3本ほど飲み、最後は熱燗。

えいちゃん

体をあたため、寒空を駅まで歩いて、最終電車に飛び乗った。

 

大宮に着いたら、「餃子の王将」でみそラーメン。

餃子の王将

腹もふくれて、家に帰った。

 

我ながら、このハマりよう、「大丈夫なのか」と、ちょっと思う。

料金は安いとはいえ、飲み食いし、往復の電車賃をかけるとなれば、それなりの金にはなるし、京都から大阪まで通うのには、けっこうな時間も費やす。

しかし実は、ぼくは中国人の店にハマるのは、名古屋、東京につづいて、これで3度目なのだ。

よっぽど中国人が好きらしい。

 

何ごとにも、ハマるときには、中途半端に腰を引いてするのでなく、どっぷりとハマった方がいいと、腹を括りはじめてはいるのである。

 

「どうなっても知らないよ。」

チェブ夫

 

「知らないぞ。」

ネコ

 

「知らないぞ。」

ネコ

 

「知らないぞ。」

ネコ

 

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

大阪・動物公園前「えいちゃん」は天国のような居酒屋だ

神戸元町カウンターのあと、大阪で「天国」としか思えない飲み屋をみつけた

蒲田は楽しすぎるから注意が必要だ!

ささやかな祝杯を上げるのは、やはり京都・大宮なんですよね

酒房「京子」は長居になるのも仕方ないのである
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み