大阪・動物園前「えいちゃん」は天国のような居酒屋だ

2015/02/20

大阪・動物園前「えいちゃん」へ、ふたたび行った。

えいちゃん

「えいちゃん」は、まさに「天国」のような居酒屋だ。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

※読んでくださった方は、ぜひアマゾンへ、レビューの投稿をお願いします!
http://ossanhitorimeshi.net/?p=15418

 

きのうの昼めしは、ウインナーとほうれん草のケチャップ焼きそば。

ウインナーとほうれん草のケチャップ焼きそば

焼きそばを食べようと思ったのだが、ちょうど冷蔵庫にウインナーとほうれん草が入っていたので、

「それならケチャップだろう」

というわけだ。

焼きそば麺は、パスタを使うような局面で使って、ほとんどの場合問題ない。

味はほとんど一緒なわけで、パスタのようにわざわざゆでず、袋から出してそのまま炒められるので手軽なのだ。

 

まずフライパンにサラダ油をすこし引いて、強めの中火くらいでウインナーを炒める。

ウインナーとほうれん草のケチャップ焼きそば

 

ウインナーから脂が出てきたら、ざく切りのほうれん草をくわえ、サッと炒めて、

  • ケチャップ 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • ウスターソース 小さじ1

をいれて一混ぜする。

ウインナーとほうれん草のケチャップ焼きそば

 

焼きそば麺をいれて、味をしみさせながらじっくり炒め、塩コショウ少々で味をととのえる。

ウインナーとほうれん草のケチャップ焼きそば

 

これは、ウマかった。

ウインナーとほうれん草のケチャップ焼きそば

 

味は、だいたい想像できると思うのだが、昼のビールに死ぬほど合う。

ウインナーとほうれん草のケチャップ焼きそば

 

閑話休題。

ネコ

 

さてきのうは、先日友達に連れて行ってもらった、大阪にある天国のような居酒屋に、ふたたび行ってきたのだ。

女の子に電話番号を教えてしまい、

「これは営業電話がかかってくるな」

などと思ったのもつかの間、翌日連絡したのは、ぼくの方からだったという体たらく、、、

 

場所は、大阪「動物園前」にある。

動物園前商店街

新天地から南へ下り、立飲み屋街をぬけてさらに南へ行った、脇には西成のあいりん地区、ちょっと奥には飛田の遊郭街があるという、「怪しい」といえば怪しいエリア。

 

「動物園前商店街」が、南へ伸びている。

動物園前商店街

ここにかなりの数の居酒屋があるのだが、たぶん、その半数以上が、中国人の経営する店。

 

「亜紀」、、、

動物園前

 

「まさこ」、、、

動物園前

 

「笑顔」、、、

笑顔

山ほどある。

 

たぶんどの店も、閉店した店に居抜きでそのまま入ったのだろう。店がまえは、どちらかといえば、どれもボロい。

 

ところが、このボロい居酒屋にいる中国人の店主や店員が、全員「女性」で、しかも、わりと若くてかわいいのだ。

えいちゃん

「居酒屋」となっているが、女の子のレベルとしては、完全に「スナック級」。

 

それなら値段も、「スナック級なのでは?」と思うだろう。

ところがところが、、、

えいちゃん

えいちゃん

「完全に居酒屋級」で、チャージすら取られないという、驚くべき世界なのだ。

 

料金を取られるのは、頼んだものだけ。カラオケは、1曲100円。

女の子にお酒をおごれば、もちろんお金は取られるが、だからといって、女の子がお酒をせがんでくることは、一切ない。

時間料金ももちろんないから、何時間いても、取られるお金は変わらない。

 

さらに中国人の女の子たちの接客が、これまたいい。

アジアの女の子は、韓国にしても、フィリピンにしても、「素朴で気取らない」のが特徴だが、中国人は、ひと味ちがう。

やはり「大陸」だからだろう、おおらかで、初対面の人にたいして、心の壁をつくらない。

目が合うと、女の子はその目を離さず、そのままグーッと距離が縮まり、一気に首根っこを抑えられてしまうのだ。

 

おかげで前回も、低料金で、夢のような時間をすごした。

これを「天国」と呼ばずして、どこに天国があるのだろう?

 

帰ってからも、また行きたくて行きたくて、仕方がない。

「このハマりようはまずい」

とちょっと思いながらも、きのうも早めに仕事を終わらせ、大宮から動物園前まで1時間ほど電車に揺られ、出かけてきたというわけなのだ。

 

行ったのは、動物園前商店街をちょっと奥へ行ったところにある、居酒屋「えいちゃん」。

えいちゃん

 

ぼくが店の写真を撮っていたら、ママは目ざとくぼくを見つけて、早速店に連れ込まれる。

えいちゃん

 

まずビール。

えいちゃん

「れいなちゃん」と乾杯。

 

食べものは、色々頼んでみたかったのだが、揚げ物を頼んでみたら、すごい量。

えいちゃん

 

おかげであと食べられたのは、サラダだけだった。

えいちゃん

 

酔いがまわってきたら、カラオケ。

えいちゃん

デュエットばかりを、7~8曲歌った。

 

きのうも3時間ほどをここで過ごして、夢見心地で家に帰った。

「旧正月で餃子をつくるから」

と言われて、近日中の再訪もついつい約束、マジで抜けられそうにない。

 

「どうなっても知らないよ。」

チェブ夫

ほんとにな。

 

カラオケ居酒屋「えいちゃん」

大阪市西成区山王2丁目13-24
TEL 06-6643-9620

営業時間 15時~23時
定休日 水曜日

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

神戸元町カウンターのあと、大阪で「天国」としか思えない飲み屋をみつけた

いい飲み屋が近くにあるのは「ありがたい」ものなのだ

蒲田は楽しすぎるから注意が必要だ!

ささやかな祝杯を上げるのは、やはり京都・大宮なんですよね

たこ焼「壺味」は京都・大宮のへそである
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み