水菜といえば、やはり「ハリハリ鍋」ですね~

2015/02/01

豚肉のハリハリ鍋。

豚肉のハリハリ鍋

「水菜を食べる」となれば、やはりこれですよね~。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

 

人質になっている後藤健二さんの音沙汰が、イスラム国が決めた期限を大幅にすぎた今になっても、まったく聞こえてこない。

「無事に帰ってくれればいいが、、、」

そう思う。

もちろん後藤さんは、湯川さんを探すためにイスラム国の支配地域に入った時点で、「死」を覚悟してはいただろう。

しかし11月に捕らえられてから今まで、蛇の生殺しのように、希望と絶望が交錯する時をすごすこは、どんなにか苦しいことかと思う。

 

後藤さんは「日本の仲間」なのだから、それが命の危険にさらされているときに、どうであれ、まずは助け出すのは「あたりまえ」であると思える。

火事になり、たとえ本人に失火原因があったとしても、火の中に置き去りにすることはないだろう。

その上で、もし後藤さんに過失なり、法に反した点なり、反省すべき点なりがあれば、それは謝罪・贖罪し、今後改めてもらうようにする。

それが「順番」というものだろう。

 

ところが今、日本では、

「危険とわかっている地帯に本人が勝手に立ち入ったのだから、助ける必要はない」
「国に迷惑をかけるくらいなら、みずから命を絶ってもらう方がいい」

などの「自己責任論」を、よく耳にする。

デヴィ夫人などはブログで、

「不謹慎ではありますが、後藤さんに話すことが出来たら、いっそ 自決してほしいと 言いたい。」

と書いているし、
http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-11983065803.html

フィフィなども、

「自分なら死ぬのを覚悟で紛争地域へ行くだろうから、こうして政治利用、もしくは身代金ビジネスに利用されて祖国を悩ませるくらいなら、舌噛んで死ぬ。」

と書く。
https://pbs.twimg.com/media/B7_hDoeCYAIvaAc.png:large

 

さらには後藤さんにたいする誹謗・中傷が激しさを増し、田母神俊雄・元航空幕僚長は、お母さんと後藤さんの名字がちがうことから、

「在日だから助けなくていい」

と言わんばかりの発言をしたり、
http://news.livedoor.com/article/detail/9733434/

ちきりんなどは、後藤さんとお母さんのプライバシーに首をつっ込み、お母さんを批判する。
https://pbs.twimg.com/media/B8lE_TWCQAAoUv9.jpg:large

発売中の週刊文春では、後藤さんを、

「元風俗店経営者だった」

と中傷し、しかもそれは、同姓同名の別人ととりちがえた誤報だった。
http://blog.livedoor.jp/kenji_goto/archives/43128448.html

 

イヤな時代になったものだと、つくづく思う。

なぜこうまでして、テロの被害者を叩かなければいけないのだろう?

 

電車やバスの車内でも、赤ちゃんが泣きだすと、お母さんにたいしてまわりのお客が、

「迷惑だから降りろ」

と言うという話もときどき聞く。

目の見えない人が杖を持って歩いていたら、「邪魔だ」ということなのだろう、「後ろから蹴られた」というニュースもあった。

 

在日などにたいする差別扇動も、根は同じことだろう。

いま日本には、「弱い者をいじめる風潮」がはびこっているようだ。

 

「自分さえよければ、よい」

という考えは、やはりおかしい。

「隣人を愛せ」とまでは言わないけれど、お互いに迷惑をかけ、かけられながらも、折り合いをつけていくことが、大事なのではないかと思う。

 

さてきのうは、「壬生菜(みぶな)」が買ってあったのだ。

壬生菜

壬生菜は京野菜のひとつで、水菜の一種。葉が丸くてやわらかく、シャッキリ感は同じながら、食べ応えは水菜より「やさしい」のが特徴だ。

 

これをどうやって食べるのがいいかといえば、やはり「ハリハリ鍋」になるだろう。

豚肉のハリハリ鍋

ハリハリ鍋は、元々は「くじらの肉と水菜の鍋」のことなのだが、くじらが獲れなくなってからは、ブリや豚肉などをつかうのが定番だ。

コッテリとしたブリや豚と、シャキシャキの水菜は、最高のとり合わせなのである。

 

昆布だしで煮て、ポン酢で食べてももちろんいいが、汁を吸物だしにすると、なおウマイ。

水菜のシャッキリ感が命だから、一度に全部煮てしまわずに、食べる分だけそのつど煮ていく「小鍋だて」にすることにした。

 

まずは昆布と削りぶしのだしを取る。

豚肉のハリハリ鍋

4カップの水に、10センチほどのだし昆布をいれ、弱火で煮立てないようにしながら、10分以上、煮出す。

煮出す時間は、長ければ長いほどうまいのだが、これは他の支度をしているあいだ、鍋を火にかけっ放しにしておけばいいのだから、手はかからない。

昆布の香りがしっかりと立ってきたら、削りぶし1つかみほどをいれ、5分煮出して、だし殻を絞ってとり出す。

 

3カップほどのだしが取れることになると思うが、ここに、

  • 酒 大さじ3
  • みりん 大さじ1
  • 淡口しょうゆ 大さじ2

で味付けする。

この分量は、やや塩気がうすめだが、鍋は煮ているうちに煮詰まるから、あとでちょうどよくなるはずだ。

 

材料は、豚肉の好きな部位をうす切りにしたのと、たっぷりの水菜。

豚肉のハリハリ鍋

それにきのうは、豆腐とシメジをいれることにした。

 

酒は、熱燗。

酒は、熱燗

 

だしを鍋にいれて火にかけ、まず豆腐をすこし煮る。

豚肉のハリハリ鍋

こうして酒をのみながら、チマチマとていねいに作るのが、やはり鍋のたのしみだ。

 

つづいて豚肉、そしてシメジ、最後に水菜。

豚肉のハリハリ鍋

 

水菜を入れたら、ひと煮立ちさせたくらいで火を止めて、器によそい、一味をかける。

豚肉のハリハリ鍋

 

豚の脂でコッテリとした汁に、プンと削りぶしの風味が立つのが、また、たまらない。

豚肉のハリハリ鍋

 

鍋に生卵を落としたり、うどんを煮たりするのも、またうまい。

残った汁は、言うまでもなく、雑炊にするのがいい。

 

2時に布団に入ったが、ツイッターを見てしまったら、3時になった。

もう少し早く寝て、朝、早く起きたいのだが、なかなかそうはならないのである。

 

「ダラダラしすぎなんだよね。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

カキは、ねぎと「ピリ辛すっぱい味」で炒めるとウマイんすよ

ブリ大根にかますご、菜の花 ・・・春の物が出はじめたのである

ブリのはりはり鍋 ~水菜とブリは相性がいいのである

豚の肉豆腐/寒くなってきたらやはり「鍋」なのである

京都名物「豚の粕汁」がまたウマイわけである

水菜と白菜の白みそ汁 ・・・白みそはホワイトソースの味なんすよね
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉