安倍首相に想いをたっぷりぶつけたのである

2015/06/02

東京では、首相官邸前でおこなわれた抗議行動に参加した。

官邸前抗議行動

安倍首相に想いをたっぷりぶつけたのである。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

 

東京での2日目は、まず蒲田でとんかつを食べに行った。

丸一

蒲田といえば、何をかくそう、ひと言でいえば、

「とんかつ」

だ。

なにしろ、とんかつ屋「丸一」がある。

この店のとんかつは、「世界最強」といっても、まったく憚りがないのである。

 

場所は、蒲田駅東口ロータリー横から、京急蒲田方面へのびる「東口中央通」をずっと先へ行ったところ。

丸一

いつ行っても、30分くらいは並ぶとおもうが、それだけの価値は十分ある。

 

まず、値段がすごい。

丸一

ランチなら、ロースカツ定食が1,100円。

 

それで、半ライスとキャベツがおかわりできて、、、

丸一

 

しかも肉の厚さは、「3センチはあろうか」というほどである。

丸一

 

そして味は、こんなにうまいとんかつは、まずほかでは食べられない。

「無菌豚」をつかっているから、中がまだピンク色の加減に仕上げてくる。

やわらかくてジューシー、「モソモソ」とした食べ応えは、一切ない。

 

しかも、この肉、「臭みがまったくない」のである。

だから、ソースもしょうゆもかけずに、「塩」だけで食べるのが、一番うまい。

 

ご主人も奥さんも、まじめで愛想もよく、本当にいい人たち。

ぼくが蒲田に越したころからやっているから、オープンして20年以上になるとおもうが、その間、消費増税などもありながら、一度も値上げしていない。

 

蒲田へ行ったら、この店に立ち寄らなければ、何のために蒲田へ行ったか、わからないくらいである。

 

今回も、この店のとんかつを食べ、あまりのうまさに、ぼくは思わず泣きそうになった。

ぜひ末永く、頑張ってほしいとおもう。

 

夜は、埼玉県の「上福岡」で、知り合いとのんだ。

上福岡

上福岡は、川越の手前にある急行も止まらない小さな街だが、じつは日本を代表する飲み屋街なのである。

 

駅前から奥へ歩くと、ぼくが好みの、「個人経営・どちらかといえばうす汚い店」が山ほどある。

上福岡

上福岡

上福岡

こんな小さな街に、どれだけ酒好きがいるのかと、あきれるほどだ。

 

もともと、新河岸川からの流通拠点で、酒の荷揚げも多かったとのこと。

単位面積当たりの飲み屋の数では、日本で第4位なのだそうだ。

 

今回いったのは、「酒蔵 力(RIKI)」。

酒蔵 力

駅からだいぶ離れたところに、煌々と光を放っている。

 

レバー焼に、ロース焼、、、

酒蔵 力

 

イカ焼。

酒蔵 力

 

それに、もつ鍋。

酒蔵 力

 

どれも大変、うまかった。

知り合いとも、話は盛り上がったわけである。

 

そして、翌日、、、。

 

イスラム国の人質になっていた、湯川遥菜さんが、72時間の期限がすぎ、殺害されたことを知った。

 

はじめに知ったのは、宿のテレビ。それから、ネットを詳しくみた。

 

8月に誘拐されて、4ヶ月あまり。「いつ殺されるのか」と、毎日おびえながら暮らしていたことだろう。

それが最後に、あのような無残な形で命をうばわれる。

その無念さたるや、いかばかりであったかとおもう。

 

今回の件については、人質になっている二人は、危険を承知でシリアに入国したのだから、「自分が悪い」という自己責任論を言いたてる人もいるようだ。

しかしそういう輩は、「国家」のことを、何一つとしてわかっていない。

国民の「生命」は、日本国憲法にもうたわれているように、政府が最大の努力をはらって守らなければいけないものだ。

火事があり、失火原因を本人がつくったからと、消防士が火の中にいる人を助けないなどあり得ないことだろう。

 

そのような観点でみたときに、

「政府は今回、人質を助けるために、本当に最大の努力をしたのか?」

ぼくは報道をみながら、疑問におもった。

身代金の要求があったのだから、それを素直に、払えばよかったではないか?

 

元はといえば、イスラム国に捕らえられていた二人が殺害予告をうけたのは、安倍首相の配慮がたりなかったのが原因だ。

人質がいるのにもかかわらず、日本の首相が、それと敵対する勢力に一方的に肩入れすれば、このような事態になりえることは予想できたはずだろう。

 

湯川さんは8月に、そして後藤健二さんは10月に、イスラム国にとらえられ、身代金の要求はすでにされていたのに、交渉は遅々として進んでいなかったと聞く。

http://news.livedoor.com/article/detail/9714179/

フランスのテロがあり、外務省も、今回の中東訪問は「タイミングが悪い」といっていたのに、首相は、

「フランスのテロ事件でイスラム国がクローズアップされている時に、ちょうど中東に行けるのだからオレはツイている」

と、うれしそうに語って出発したという話も漏れつたわってくる。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150126-00000007-pseven-soci

 

そうして自分の失敗により、人質が殺害予告をうけることになったのに、予告後の記者会見、第一声は、

「テロには屈しない」

と、強硬な姿勢にでる。

テロリストたちに、ほとんど、

「どうぞ人質を殺してくれ」

と、言っているようなものではないか。

 

湯川さんの殺害後、テロリストがのこる後藤さんを解放する条件は、「ヨルダンに捕らえられているテロリストを解放すること」に変わった。

これは他国が関係する分、ただ身代金を払うより、ハードルは上がっている。

 

日本政府には、人質の命を最優先にして、あらゆる可能性を排除せず、交渉してもらわなくてはいけない。

そのためには、

「安倍首相に、きちんとやるよう、ひと言いっておかなくてはいけない、、、」

ぼくは、おもった。

 

ちょうどそのとき、ツイッターのタイムラインに、きのう、首相官邸前で抗議行動がおこなわれるという報せがながれてきた。

官邸前抗議行動

ちょうど予定をあけてあったぼくは、そこに参加することにしたのである。

 

行きしなに、新宿で中村屋の「インドカリー」を食べていく。

中村屋のインドカリー

これが何とも品のいい味、またうまいのだ。

 

この手の抗議行動は、わりと「古め」のものと、「新しめ」のものがある。

どちらでも、参加しないよりは、した方がいいのだが、新しめのやつの方が、ぼくのような初心者には参加しやすい。

 

古めの運動は、これまでの「左翼」のながれを汲んでいて、独特の古臭い、内輪なかんじが鼻につく。

それにたいして新しめの運動は、そのような左翼のながれと切れていて、運動の仕方が新しく、ぼくにはより「しっくり」とくるのである。

 

今回、ぼくが参加したのは、「怒りのドラムデモ」というもの。

http://drumsofprotest.blogspot.jp/2015/01/125.html

これははじめて参加したのだが、「新しめ」の運動で、とてもよかった。

 

まずこの運動には、「ドラム隊」がいるのである。

官邸前抗議

このドラムが、「ドン、ドン、ドン」と、ちょうどロックの、8ビートのリズムをきざむ。

「安倍晋三は、健二をまもれ!」
「安倍晋三は、辺野古をこわすな!」

などのシュプレヒコールは、このロックのビートにあわせて叫ぶ。

古めのシュプレヒコールが、

「安倍首相は~、後藤健二さんを~、ま~もれ~~!」

などと、ちょっと間延びした感じなのとくらべると、タイトでいいのである。

 

それからマイクをもってシュプレヒコールをする人も、古めのやつなら、きれいな声の女性だったりして、印象として、「主張」を叫ぶ感じがする。

それにたいして怒りのドラムデモは、男性が、ドスのきいた声で先導し、「怒り」の感情を直接表明するもので、主張として「思想」のニオイをもたないぶん、運動の素人には叫びやすい。

 

きのうはこのシュプレヒコールを、2時間にわたって延々と、首相官邸にあびせかけた。

官邸前から、歩道を数百メートルにわたって1000人以上の人がうめつくし、やはりツイッターをみて来たのだろう、運動には素人の、「いかにも一般人」という人も多かった。

 

声を上げながら、ぼくがつくづくおもったのは、

「やはり東京は、首相官邸があるからいい」

ということ。

 

京都だと、安倍首相にたいする抗議デモをおこなっても、安倍首相はそこにはいない。

抗議の声は、沿道の、一般の人だけが聞くことになるから、どうも「怒り」を、むき出しで表明するのは憚られるところがある。

 

ところが東京なら、首相官邸前で抗議すれば、安倍首相は、すぐ近くにいる。

シュプレヒコールの先導者は、大きな拡声器をつかうから、その声は、安倍首相にも十分とどくのだ。

 

ぼくもきのうは、自分の想いを、安倍首相にたっぷりぶつけることができた。

 

2時間の抗議がおわり、参加者は三々五々、かえっていく。

ぼくも、食事をすることにした。

 

行ったのは、渋谷の台湾料理店「麗郷」。

麗郷

台湾料理を食べるのなら、東京なら、ここだろう。

 

麗郷の名物は、「しじみ」。

麗郷

ニンニクのきいたしょうゆ味で、大変うまい。

 

あと食べたのは、豚肉入りのちまきと、、

麗郷

 

五目そば。

麗郷

 

ビールのあとは紹興酒の熱燗をのみ、2時間、屋外で抗議をし、冷えきっていた体もあたたまった。

麗郷

 

深夜0時発の夜行バスで、京都へかえる。

京都駅に着いたのは、朝7時。

 

最後に京都で、「旅のシメ」をしていくことにした。

第一旭

この時間のこの場所なら、完全に、京都駅からすぐ近くにある「第一旭・たかばし本店」一択だ。

 

第一旭たかばし本店は、京都を代表するラーメン。

第一旭

澄んだ豚骨スープが特徴で、きりっとした男らしい、しかも上品な味がする。

 

しかもこの店、

「早朝の開店直後が一番うまい」

として知られている。

深夜2時に閉まってから、スープを仕込むからだろう、5時半の開店には、いつもお客さんがズラリと行列をつくるそうだ。

 

早朝の第一旭は、ぼくははじめて食べたのだが、いや、スープがいかにも「作りたて」という感じ、味が澄みきっていて、死ぬほどウマイ。

第一旭

 

ビールものみ、旅はようやく、終わりとなったわけである。

第一旭

 

久しぶりの東京だったが、旧交をあたため、新しい出会いもあり、抗議にも参加でき、得るものは多かった。

ただし飲み食いに金を使いすぎたので、これからどうやって生活したらいいのか、途方に暮れているところである。

 

「調子に乗るのがダメなんだよね。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

湯川遥菜さんのご冥福をお祈りいたします

蒲田は楽しすぎるから注意が必要だ!

『 #鶴橋安寧 アンチ・ヘイト・クロニクル』(李信恵)を読んでますます在日の人たちが好きになったのである

#12月7日京都ヘイトアクションを許すな ~「カウンターは新しい」と思うのである

「怒り」をこそ表明すべきなのである/2014年11月22日(土)安倍やめろデモ
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-089 日本について
-