最強のスタミナフード「豚とニラ・カキのマーボー鍋」は疲れが一瞬でとれるのである

2015/09/26

きのうは、「最強」ともいえるスタミナフード、豚とニラ・カキのマーボー鍋。

豚とニラ・カキのマーボー鍋

これは、疲れが一瞬でとれるのである。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

 

きのうの昼、喫茶店「PiPi」にビールをのみに行ったら、池井くんがいた。

PiPi

池井くんは、さいきん仕事が忙しく、なかなか休みをとれないため、疲れがたまっているそうだ。

「疲れ」のことなら、ぼくにまかせてもらいたい。何しろこちらは齢52、36歳の池井くんよりはるかに長く、疲れと戦ってきているのである。

 

「疲れには、豚肉とニラだよ」

ぼくは言ったが、これは絶対にまちがいない。

なにしろ40を過ぎたころ、押しよせる疲れに悩まされ、睡眠を十分とってもダメ、風呂やサウナに入ってもダメ、運動してもダメだったのが、「豚とニラの鍋」を食べたら、翌朝、前の日まで疲れていたことをすっかり忘れるくらい、疲れがとれていたのである。

「昆布だしにぽん酢でもいいし、キムチを入れてみそで味付するのもいいよね」

「なるほど、なるほど」

池井くんに、簡単に料理法を指南したが、

「あとはカキも、疲れをとる効果は高いよ」

そう言ったあとの、池井くんの答をきいて、ちょっと心を動かされた。

「ああ、そうしたら今夜、豚肉とニラ、それにカキのみそキムチ鍋を食べることにします!」

 

これまで豚肉とニラの鍋も、カキの鍋も、何度となく食べてきたが、それらを一緒にしたことは、まだ一度もなかったのだ。

 

「豚肉とニラの鍋は、疲労回復効果が最強だ」

ぼくはこれまで言ってきた。

でもそれは誤りで、最強なのは、あきらかに、「豚肉とニラ・カキの鍋」である。

「これはぜひとも、やってみなくてはいけない、、、」

そう決心し、スーパーで豚肉とニラ、それにカキを買ってかえった。

 

味付は、はじめ、池井くんにいった通り、「みそキムチ」にしようとおもった。ところがネットを見ていたら、知り合いがぼくのレシピで「マーボー鍋」をつくっていた。

「激辛マーボー鍋のほうが、みそキムチ鍋より疲労回復効果は高そうだ、、、」

そこで最強とおもわれるスタミナフード、「豚肉とニラ・カキのマーボー鍋」をつくることと相なった。

豚肉とニラ・カキのマーボー鍋

うどんを入れて、ガッツリいくことにする。

 

カキは煮すぎると、みじめなほど縮んでしまう。

ほかの材料といっしょに煮ないで、食べる直前に、食べる分だけ、いれるようにするのがいいだろう。

 

いれることにした材料は、豚肉とニラ、カキのほかには、豆腐と玉ねぎ、もやしとシメジ。

ニンニクをいれれば、さらに疲労回復効果はアップするが、ぼくは家では、ニンニクを使わないことにしているから省略する。

 

だしは、鶏がらスープの素などでも問題ないが、きのうは昆布と削りぶし。

豚肉とニラ・カキのマーボー鍋

4カップ半の水に、10センチくらいのだし昆布と一つかみの削りぶしをいれ、煮立てないようにしながら10分ほど煮出し、削りぶしは絞ってから、昆布とともにとり出す。

 

並行し、マーボーの素をつくる。

豚肉とニラ・カキのマーボー鍋

鍋に、

  • わりとたっぷりのゴマ油(大さじ5くらい)
  • 豆板醤 小さじ2~4(好みで)
  • 2~3センチ大のショウガみじん切り
  • ねぎみじん切り 大さじ3~4分くらい

をいれ、弱火で5分くらい、じっくりと火を通す。

 

カキも、洗っておく。

豚肉とニラ・カキのマーボー鍋

「生食用」なら水洗いするだけ、「加熱用」なら、片栗粉をふってもみ洗いし、さらに何度か水を替えながら洗う。

 

マーボーの素の、豆板醤やねぎの香りがしっかりと立ったところで、だしを加える。

豚肉とニラ・カキのマーボー鍋

ここに、

  • 酒 大さじ4
  • みりん 大さじ2
  • みそ 大さじ2
  • 淡口しょうゆ 大さじ2
  • 塩 少々

で味付けする。

あとから豆腐だのもやしだの、水の出る材料をいれるから、塩味はちょっとキツめにつけておくのがポイントだ。

 

鍋を中火にかけながら、煮えにくいものから順にいれていく。

豚肉とニラ・カキのマーボー鍋

豆腐、玉ねぎ、うでうどん、豚肉、シメジ、もやし、ニラ、、、。

 

あとは卓上ですこし煮て、食べる直前に、食べる分だけ、カキを加える。

豚肉とニラ・カキのマーボー鍋

カキはくれぐれも、火を通しすぎないことが大切だ。

生食用なら、ほんの温めるだけでよく、加熱用でも、1分くらい。

 

器によそい、粉山椒をふってたべる。

豚肉とニラ・カキのマーボー鍋

 

豚肉とカキの両方のだしが出るから、味はもちろん、折り紙つきだ。

豚肉とニラ・カキのマーボー鍋

 

酒は、熱燗。

豚肉とニラ・カキのマーボー鍋

 

それでこの疲労回復効果だが、すごかった。

食べている最中に、体が「ポカポカ」どころか、「ジンジン」というくらい、あたたまってくる。

 

食べおわった頃には、すでに疲れは、すっかりとれ切ってしまったくらいだ。

 

しかしこれは、きのうは風呂にも入っていたし、ぼくは仕事もたいして頑張りはしないから、もともと、あまり疲れていなかったのだ。

ムダに疲労回復効果の高いものを食べてしまった、、、

 

疲労回復効果は、翌日であるきょうも発揮されていて、いまだに体が「ジンジン」とあたたかい。

さらにカキのおかげで、酒はまったく残らないから、やはり豚肉にニラ、それにカキの組み合わせは、体のためには「最強」だ。

 

「その威力で仕事もがんばらなくちゃね。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

マーボー鍋 ~激しく寒いときはこれなのである

豚団子のスタミナ鍋 ~スタミナをつけるなら「これ」なのだ!

和風・部隊チゲ ~スタミナをつけるなら部隊チゲもいいのである

カキとにらのオイスターソース炒め/「カキとにら」も疲労回復効果はスゴイのである

40になったらニラを食え。(豚ニラ鍋)
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-