「ピッコロ・ジャルディーノ」は大宮でパスタを食べるにはおすすめなのである

2014/12/26

きのうも京都・大宮で外飲みした。

ピッコロジャルディーノ

「ピッコロ・ジャルディーノ」は、大宮でパスタを食べるにはおすすめなのである。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

 

きのうはブログの更新を終えると、はげしい脱力感があった。

ぼくにとって「カウンター」は、ブログ更新までがワンセットになっているようである。

カウンターでは、差別団体「在特会」による聞くもおぞましい言葉の暴力に対抗しないといけないため、こちらも完全な「戦闘モード」になる。

精神は緊張状態になり、たぶんアドレナリンなども山ほど分泌されるのだろう、それが終わって日常にもどると、力がぬけ、何もやる気がしなくなるのだ。

 

昼飯は、喫茶店「PiPi」で食べたのだが、

喫茶店PiPi

晩飯は、はじめはつくるつもりでいた。

それで昼寝のあと、いつものように何を食べるか考えはじめるのだが、、、浮かばない。

何をどう考えても、つくる気が湧くものが見あたらず、そのうちだんだん、頭が疲れて重たくなってくる。

 

これはどう考えても、神様が、

「きょうは飯をつくるな」

と言っているだろう。

しかもきのうは、クリスマス・イブ。

 

「イブの大宮を眺めるのもいいだろう、、、」

そうおもい、食事は外ですることにした。

 

まずは風呂。

風呂ビール

および、ビール。

風呂は、いつもは2~3日おきである。おととい入ったばかりだから、普通だったらきのうは行かない。

しかし、風呂の疲労回復効果は高いから、力がぬけた精神を癒やすには、やはり必要なのである。

 

風呂屋は、三条通神泉苑西入下ルにある「トロン温泉・稲荷湯」にいつも行く。

ここは銭湯としては変わったつくりになっていて、脱衣所をでたところにラウンジが設けられ、生ビールだの、ソフトクリームだのを頼めるようになっている。

やはり風呂あがりの一杯は、格別だ。

それでおのずと、ここに来ることになってしまう。

 

風呂屋をでたら、後院通を南へくだり、まずは寿司。

ひよこ寿司

四条大宮をちょっと上がった西側の、ビルの1階にある。

ここは「ちょっと高い」イメージがあり、これまであまり行かなかったが、「そうでもない」ことがわかった。

 

まずビール。

ひよこ寿司

 

それから寿司を5~6個。

ひよこ寿司

寿司は1個150円が中心で、いちばん高いのでも300円だから、

「回転寿司よりは高いけれど」

というくらいの値段だ。

 

かるく腹ごなしができたところで、次へ行く。

ピッコロ・ジャルディーノ

むかった先は、大宮通錦小路をちょっと北に上がった東側にある、イタリアンバル「ピッコロ・ジャルディーノ」。

 

あまり洋食を食べる趣味はないのだが、この店にはときどき来る。

ピッコロジャルディーノ

味がいいのはもちろんのことなのだが、マスターと、店員の女の子がとてもいいのだ。

 

マスターの「ハルヲさん」は、たぶんぼくよりちょっと年下。8年前にここで店をオープンした。

大宮は、そのころまだ寂れていたから、友だちや仕事仲間から、

「なんでそんなところで店をやるんだ」

と猛反対されたそうだ。

「居酒屋をやるならともかく、コジャレたイタメシ屋などをやっても、大宮には来る客がいないだろう」

というわけである。

 

それでもハルヲさんがここで店をひらいたのは、

「京都・大宮が好きだったから」

なのだそうだ。

「常連さんが、ほかの飲み屋街にくらべて圧倒的に上品で、みなきれいに酒をのむ」

ことが、大宮に惚れ込んだ理由なのだとか。

 

自分の事業の最大の選択を、「儲かるかどうか」ではなく、「好き」という理由で決めるなど、なんとも気骨があるではないか。

その話を聞き、ぼくもハルヲさんが好きになったわけである。

 

しかし大宮の古手の店は、ダイニングバー「Kaju’」をはじめとして、おなじように気骨あるマスターがやっているところが多い。

そういう先人に、大宮は支えられ、いまの発展があるのだろう。

 

頼んだのは、まずは生ガキ。

ピッコロ・ジャルディーノ

三重県は的場産で、マスターがわざわざ直接仕入れに行くそうだ。

大ぶりで活きがよく、また味も、じつに濃い。

 

「きまぐれキッシュ」。

ピッコロ・ジャルディーノ

九州産・安納芋をいれたもので、芋の甘さをストレートに活かした素朴な味。

キッシュには、季節によって折々の野菜が入るのだそうだ。

 

アマトリチャーナ。

ピッコロ・ジャルディーノ

めったにパスタを食べないから、他店との比較はできないが、まろやかで、文句なくうまいのはまちがいない。

 

この店は、店員の女の子が、また感じがいい。

20代なのだが、「前向きのがんばり屋さん」というタイプ。

ひとりのお客さんがカウンターに座れば、「退屈しないように」と配慮して、仕事の合間になにかと話しかけてくれる。

しかしこれは、マスターが「いい」のだから、その人が選ぶ人もいいのは当然のことだろう。

 

さらにきのうはたまたま、隣にぼくのブログ読者のカップルがいた。

となれば話にも花がさき、心置きないひとときを過ごすことができたのである。

 

お店が閉店の時間になったので、お勘定をして家に帰った。

大宮は、クリスマス・イブといっても、いつも通り。サンタクロースも見かけなかった。

 

「しかし、それがいい、、、」

ぼくはおもう。

 

大宮にあるのは、いつも「当たりまえの日常」。

だからこそ、疲れた心を癒やすこともできるのだ。

 

「ほんとは出会いを期待していたんじゃないの?」

チェブ夫

そうかもな。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

京都・マルイ前カウンター ~カウンターのあとはクールダウンが必要なのである

京都・大宮で飲んでみようと思うなら、まずはKaju’なのである

本を置いてもらいに四条大宮の飲み屋へ行ったら、そのまま飲んでしまったのである。

酒房「京子」は長居になるのも仕方ないのである

東京から京都へ移住すると学ぶことが多いのである。
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み