鯛の湯豆腐/鯛の料理は余計なものを入れないほうがいいのである

2014/12/06

きのうは、鯛の湯豆腐。

鯛の湯豆腐

鯛の料理は、余計なものを入れないほうがいいのである。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

 

もう、「鍋」にとり憑かれているのである。

きのうも「何を食べようか」と考えると、一択で鍋。ほかのものを食べようかという気にならない。

とにかく、この寒いなか、テーブルでおかずが冷えているのを想像するだけで食欲が失せる。

「鍋の国」日本に生まれて、本当によかったと思うところだ。

 

きのうは魚の鍋が食べたかった。タラのあらでもあるかと思って魚屋へ行ったけれども、昼の時点でそれは売り切れ。

タラのあらこそ、鍋にするには打ってつけなのである。

でもみんなわかっているから、早々になくなるわけだ。

鯛のあら

それで代わりに、鯛のあらを買ってきた。

 

鯛のあらを鍋にするなら、「ちり鍋」と「湯豆腐」の2つがある。

ちり鍋は、野菜などの具をいろいろ入れるが、湯豆腐は豆腐だけ。

どちらも捨てがたいのだが、やはり一つを選ぶなら「湯豆腐」だ。

 

鯛は、それだけで完璧な味になる、稀有な魚だ。塩焼きなら、ほんとうに塩で焼くだけ、大根おろしだのポン酢だの、つけないほうがうまい。

鯛の骨は縄文時代の遺跡からも見つかるそうだが、日本人は昔から鯛を食べ、鯛の味を基本として味覚を形作ってきたのだろうとおもえる。

 

だから野菜などを入れてしまうと、鯛の味の邪魔になってもったいないのだ。

シンプルに、豆腐に味を吸わせるだけにするのが一番うまい。

 

鯛のあらは、水で洗って残っているウロコをていねいに取る。

鯛の湯豆腐

そのあと塩をパラパラとふりかけ、ふつうに焼く。焼くことで臭みがぬけ、香ばしい風味もつく。

 

焼いた鯛と豆腐、それにだし昆布を鍋にいれ、豆腐がかぶるまで水をそそぐ。中火にかけ、煮立ってきたら弱火にし、煮立てないようにしながら10分煮る。

ここでだしを取るのである。

だしが取れたら、いれた水が3カップなら、酒を大さじ3。それに味をみながら、大さじ1くらいの淡口しょうゆで味をつける。

 

あとはこれをテーブルに持ちだして、煮立てないように小さくした火にかけておけば、豆腐に味がしみていくわけだ。

鯛の湯豆腐

 

食べるとき、三つ葉がベストなのだが、きのうは冷蔵庫にはいっていた春菊を、鍋で温めて器によそう。

鯛の湯豆腐

 

一味などはかけずに、そのまま食べる。

鯛の湯豆腐

ほっこりと煮えた鯛と、鯛の味がしみた豆腐は、まさに「日本の味」である。

 

あとは、大根のご飯。

大根のご飯

1センチくらいのさいの目に切った大根と塩一つまみをくわえ、少なめの水で炊く。

ご飯はこういう、野菜の淡い味がつくのがつくづくうまい。

 

塩もみキャベツの梅かつお。

塩もみキャベツの梅かつお

ざく切りし、塩もみして20~30分おき、水洗いして絞ったキャベツを、包丁でたたいた梅肉としそ、削りぶし、それにみりん少々とほんの少しの淡口しょうゆであえる。

 

大根煮。

大根煮

 

酒は熱燗。

酒は熱燗

ダラダラと飲み、ついつい夜更かししてしまうわけである。

 

ちゃんと仕事もしないとダメだよ。

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

大根煮には油あげをいれるのである

豚の肉豆腐/寒くなってきたらやはり「鍋」なのである

カキの小鍋だて/自炊をすれば夢は日々実現できるのである

鯛あら炊きはやはり王者なのである。

スーパーで小鯛を見かけたら「買い」なのである(鯛めし)
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-021 鯛