大根菜めし/炊飯器は買わない方がいいのである

2014/11/27

ブリの塩焼きと、大根菜めし。

ブリ塩焼きと大根菜めし

炊飯器は買わない方がいいのである。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

 

魚屋で、ブリの切り身、腹のところが売っていたから、それを塩焼きにした。

ブリ塩焼き

魚屋へは昼前の、いつもよりだいぶ早い時間に行ったのだが、もうアラやらカマやらは売っていない。

連休明けだから、仕入れたはずだと思うのだけれど、目ざとい人が早々にさらっていったもののようだ。

ブリの旬、最盛期は年明けで、その頃のブリといったら滴るように脂が乗っているわけだが、今の時点でも、もうだいぶトロトロになっている。

 

カマや腹など、ブリの脂が乗った部分は、下手にてり焼きなどにするより、まずは塩焼きがうまいと思う。

おろしポン酢であっさり食べる。

 

ご飯は、「大根菜めし」にすることにした。

大根菜めし

白めしも、決して嫌いではないのだが、ぼくの食事は「酒」が主役だ。何かを食べたら、常に酒に帰ってきたい。

ところが白めしは、この主役の座を奪う。料理がすべて、「酒の肴」ではなく、「ご飯のおかず」になるだろう。

だからご飯はできるだけ、味を付けるようにしているのである。

 

大根菜めしは、まず大根の葉っぱや茎を塩ゆでする。

大根菜めし

水に取って細かく刻み、よく絞ったら、ちりめんじゃこ、ゴマ、塩少々といっしょに炊きたてのご飯に混ぜ込む。

 

さてこの「ご飯」なのだが、「炊飯器」で炊く人が多いだろう。

しかし炊飯器は、これから自炊を始める人で、「調理器具を揃えよう」という場合には、「買わない」のがおすすめだ。

 

炊飯器には、メリットが一つもないと、ぼくには思える。

まず「手間が省けるのか」といえば、大して省けない。

鍋でご飯を炊いたって、火加減は途中で2度変え、最後に火を止めるだけの話だ。大変なことは何もない。

 

ご飯の味も、下手な炊飯器よりは、鍋の方がよっぽどうまい。土鍋などなら、炊飯器の100倍くらい、ひっくり返るほどおいしいご飯が炊ける。

「保温機能」も、べつになくていいだろう。お茶漬け、お粥、チャーハンなどなど、冷ご飯の食べ方はいくらでもあるのである。

 

それでいて、炊飯器は値段は高いわ、場所は取るわで、デメリットばかりある。

500円の片手鍋で炊いた方がよっぽどいいのは、火を見るより明らかだろう。

 

しかし「炊飯器を買わない方がいい」のは、単にメリット・デメリットの問題だけではない。

炊飯器は、「自炊のおもしろさ」を決定的に損なうのだ。

 

「めし」は「だし」と並び、日本の料理の「中心」だろう。米をいかにおいしく食べるかを、日本人は長い時間をかけて考え、様々な方法を編み出している。

炊き込みご飯しかり、お粥しかり。

炊飯器を使ってしまうと、それら日本人の智恵に触れる機会を、みすみす逃すことになる。

 

炊飯器が何をしているかが分からないから、あの硬かった米がどのようにして柔らかくなるのか、よくわからない。わからないから、レシピ通りにしか作れない。

それでは、「おもしろさ」など見つけられようがないのである。

 

炊飯器など使わなくても、おいしいご飯は簡単に炊ける。

初めのうち何度かは、失敗もするだろうが、一度コツをつかめば、あとはもう失敗しない。

これから自炊を始める人は、ぜひ炊飯器を買わないで、「自分で米を炊く自由」をつかんでほしい。

 

ご飯を炊くには、スーパーなどで500円くらいで売っている片手鍋で十分だ。

ご飯の炊き方

直径16センチの普通の大きさでも問題ないが、ぼくは14センチの「ミルクパン」を使っていて、それだと一人分にはちょうどいい。

ただし、フタは透明のものを選ぶのがおすすめだ。中が見えるから火加減の調整がしやすいし、鍋の中で何が起こっているかがわかるから、「理解」もしやすい。

 

米を研ぎ、よく水を切ってから、水を入れる。水の量は、米の1.2倍が標準だ。

30分ほど置いてから、中火にかける。煮立って泡が上がってきて、湯気が勢いよく吹き出してきたところで、弱火にする。

8分炊き、水気を飛ばすために一度中火にして、30秒待って火を止める。

あとは10分蒸らして出来上がり。

 

これだけの話である。

この手間をかけるのか、かけないのかで、自炊世界の広がりは、天と地ほどもちがうのだ。

 

きのう作ったのは、あとは「レタスの吸物」。

レタスの吸物

鶏肉と大根煮の煮汁が余っていたから、それを少し薄めてしょうゆを足した。

レタスは、この吸物や鍋物、炒め物など火を通したり、塩もみして酢の物にしたりすると大変うまい。

ただしもちろん、火を通す場合には、あくまで「サッと」が肝心だ。

 

もやしの梅酢和え。

もやしの梅酢和え

もやしはサッと塩ゆでし、水に取ってよく絞る。保存も、生よりゆでてからの方が日持ちする。

ちくわ、青ねぎ、と合わせ、削りぶしと砂糖、梅酢で和える。

 

それにみそバターの豚じゃがの残り。

みそバターの豚じゃがの残り

 

酒は、熱燗。

酒は熱燗

毎度毎度のことながら、死ぬほどうまい。

 

ちなみに「ちびニャン」は、お母さんである「デカイの」と出くわすと、相変わらず威嚇する。

ちびニャン

ものすごい形相で、手などはブルブル震えているから、ちびニャンも必死なのだろう。

デカイのは、相変わらず相手にしない。ちびニャンにしばらく付き合い、そのあとノソノソと去っていく。

 

先日、「ちびニャンがチェブ夫にも反応するか」と疑問がわいた。

ちびニャン

そこでチェブ夫を、ちびニャンの前に立たせてみた。

 

ちびニャンはチェブ夫を一瞥したが、、、

ちびニャン

あとは無視。

やはりぬいぐるみでは、相手にならないようである。

 

「ぼくは怖かったんだからね。」

チェブ夫

そうだよな、ゴメンよ。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

みそバターの豚じゃがは、ほんだし無しでもおいしく出来るのである

スルメイカとブロッコリーのオイスターソース炒め/一人暮らしの自炊初心者は化学調味料を使わないのがおすすめなのである

鶏肉と大根の煮物/大根は野菜の王者である

あさりご飯/「自炊に挫折しないために必要な5つのこと」をまとめてみたのである

スーパーで小鯛を見かけたら「買い」なのである(鯛めし)
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-023 ブリ, 04 鍋料理・ごはん物