サンマ丼と手羽元の吸物おでん/自炊は準備が楽しいのである

2014/11/17

サンマ丼と、手羽元の吸物おでん。

サンマ丼と手羽元の吸物おでん

自炊は、「準備」が楽しいのである。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

 

自炊のコツは、

「食べたいものを作る」

ことに尽きると思う。これを外さない限り、自炊は作って楽しく、食べて楽しい。

特に一人暮らしの場合には、それを邪魔されることは、絶対ない。べつに見栄を張る必要もなく、食べたいものを、純粋に追求できる。

 

もちろん池井くんのように、奥さんと一緒に料理するなどができるなら、それに越したことはない。一人で料理するより、100倍は楽しいだろう。

しかしご主人や奥さんが、揚げ足を取ったり、ネチネチ文句を言ったりすることもあるだろう。

そういうことに比べれば、一人の料理はよほど気楽なのである。

 

食事を作るには、まずは「何を作るか」を考える必要がある。自分が食べるものだから、「食べたいものを作る」のは、言うまでもないことだ。

先日も書いたけれど、ここでレシピなどをパラパラと眺めても、食べたいものが見当たらないことは多い。それよりは、初心者であっても、自分の頭でゼロから考えてみるのがおすすめだ。

 

「食べること」は、人間の快楽の中心に位置するものだ。「自分がどうしたら気持ちよくなるのか」は、ぼんやりと考えるうちに必ず思い付く。

考え方は、「人それぞれ」になるだろう。ぼくの場合は、「肉を食べたいか魚を食べたいか」をまず考え、その時点でお店へ行って、食べたいと思える材料を買い、家に帰ってさらに料理法を考えることが多い。

自炊隊やツイッターで見たものを「食べたい」と思うこともある。自炊を始めたてのころは、居酒屋で食べたものを思い出しては料理していた。

 

この「食べたいものを考えること」が、実に楽しい。あれこれ考え始めると、思わず時間を忘れてしまうこともある。

ぼくの場合は、最後は酒を飲みながら考えるから、なおさら時間が経つのが早い。

細部に至るまで点検し、完成形がはっきりとイメージ出来てから、料理を始める。

ぼんやりとしていたイメージが、考えるうちにだんだんくっきりし、最後には「まさにいま自分が食べたいもの」が頭に思い浮かぶようになることは、「快感」ともいえると思う。

 

そうやって考えたものだから、それを作るのももちろん楽しい。そして出来た料理を食べてみて、思っていた通りの味だったときは、非常に大きな達成感と、満足感とがある。

ただしもちろん、出来た料理が思っていたのとちがうことも、少なくない。

そういう場合は黙って食べ、次回への糧とするのである。

 

きのうはツイッターで「鶏肉と豆腐の鍋」を見かけ、まずは「それが食べたい」と思った。鶏肉は手羽元にし、豆腐といっしょにコトコト煮込み、ポン酢で食べたらうまいだろう。

しかしスーパーへ向かって歩く途中、家に厚揚げがあるのに気が付いた。

手羽元の吸物おでん

厚揚げを使うのなら、鍋よりは「おでん」だろう。

具は最小限、他には、やはり家にある水菜だけにしようと思ったが、家に帰ったら冷蔵庫に卵も余っていたから、それも入れることにする。

汁は甘みを控えめにし、吸物になるようにすれば、さらにほっこり温まるだろう。

 

そう考えながらスーパーへ入ったら、鮮魚売り場に「サンマ」があった。

サンマはもう、本当に終わり。

サンマ丼

食べ納めに今一度、「サンマ丼」を作ることにする。

ただし今回は、ご飯は白めしではなく、酢めしにした。

 

まずは手羽元の吸物おでん。

だしで手羽元と厚揚げ、ゆで卵をコトコト煮て、水菜は最後にサッと煮る。

 

鍋に水3カップ半と、10センチ長さくらいのだし昆布を入れ、中火にかけて、沸いてきたら弱火にする。

手羽元の吸物おでん

10分くらい、昆布の風味が立ってくるまで煮出したら、かつお節・ミニパック6袋分を入れ、そのまま弱火で2~3分煮出す。

だしをザルで漉し取って、

  • 酒 大さじ3
  • みりん 大さじ1
  • 淡口しょうゆ 大さじ2

で味付けする。

この分量は、まだ塩辛さが足りないが、おでんは煮ているうちに煮詰まるから、味は最後に決めるようにするのが肝心だ。

 

このだしで、サッと湯通しした手羽元、お湯をかけて油抜きした厚揚げ、ゆでた卵をコトコト煮る。

手羽元の吸物おでん

30分くらい煮たところで味を見て、必要だったら淡口しょうゆを少し足す。

時間があれば、ここでしばらく置いておけば、味がしみるのは言うまでもない。

食べる直前に、ざく切りの水菜を加え、サッと煮て火を止める。

 

お椀によそい、青ねぎと一味をかける。

手羽元の吸物おでん

昆布と削りぶしに鶏のだしが加わって、こっくりうまい。

 

サンマ丼。

まずは酢めし作りから。

 

鍋に研いだ米1カップに水1カップ(通常より少なめにする)、5センチ角くらいのだし昆布を入れ、中火にかける。

サンマ丼

湯気が勢いよく噴き出してきたら弱火にし、8分炊く。

8分たったら中火に戻し、30秒くらい待って水気を飛ばす。

火を止めて、10分蒸らす。

 

炊けたご飯を皿に空け、

  • 酢 小さじ3
  • 砂糖 小さじ2
  • 塩 小さじ1

をよく溶き混ぜたものを、しゃもじで受けながら万遍なくかける。

しゃもじを平らに持ちながら切るように手早く混ぜ、濡れフキンをかけて、人肌くらいまで冷ます。

 

酢めしを冷ましているあいだに、サンマを三枚おろしにする。

サンマ丼

おろし方は、こちらを見るのがわかりやすい。

 

どんぶりに酢めしをよそい、食べやすい大きさに切ったサンマを並べる。

サンマ丼

たっぷりの青ねぎとゴマ、ショウガをかけ、しょうゆをかけまわして食べる。

 

生魚のどんぶりは、本当にたまらない。

サンマ丼

サンマはまだ、ぎりぎり食べられるはずである。

 

あとは、梅酢のなます。

梅酢のなます

大根はできるだけ細く切り、ひとつまみの塩で揉んで、しばらく置く。

水洗いしてよく絞り、砂糖と梅酢で和え、かつお節をかける。

 

キムチ納豆。

キムチ納豆

よく練った納豆、キムチ、青ねぎを、淡口しょうゆとゴマ油それぞれ少々で和える。

 

酒は、熱燗。

酒は熱燗

食事の支度の最中にも酒を飲み続けているから、食べ始めるときにはすでに出来上っているのである。

 

「彼女ができればいいのにね。」

チェブ夫

ほんとにな。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

サイン会をすることにしたのである

あさりご飯/「自炊に挫折しないために必要な5つのこと」をまとめてみたのである

豚肉とカブの吸物/豚肉を吸物にするとメチャクチャうまいのである

サバ寿司は大して面倒でもないのに死ぬほどうまいのである

鶏もも塩焼きレモンバターソースは死ぬかと思うほどご飯に合うのである
◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター


 
◎楽天


 
◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-012 鶏肉, 025 サンマ