あさりご飯/「自炊に挫折しないために必要な5つのこと」をまとめてみたのである

2015/09/26

きのうの晩飯は、「あさりご飯」。

あさりご飯

「自炊に挫折しないために必要な5つのこと」をまとめてみたのである。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

 

新装版『おっさんひとり飯』は、わりと好評。

まあもちろん、著者を前に悪く言う人はあまりいないと思うけれど、みんなけっこう褒めてくれる。

 

「サイズが小さいのがいい」

とは、よく言ってもらうことだ。持ち運びしやすいだけでなく、

「本を見ながら料理する場合でも、狭い台所に置きやすい」

と言ってくれた人もいる。

自炊写真を投稿するフェイスブックグループ「自炊隊」でも、参加者の人が、ぼくの本を見て料理を作り、

「おかげでおいしく出来ました」

などと言ってくれたりする。

レシピは自信を持っはいるが、自炊経験の浅い人が本のレシピ通りに作り、本当においしくできるのか、もちろん不安なところはある。こうして報告してもらうのは、うれしいと同時に安心する。

 

きのうはぼくの本を買ってくれたという、ぼくと同年代のご夫婦と、喫茶店で偶然会った。

ご主人は、これから1ヶ月ほど、一人暮らしをしないといけないことになり、「外食ばかりじゃ何だから」と、本を手に取ってくれたという。

奥さんは、

「自分が食べたいものを自分で作って食べるのは、生活の大きな楽しみだから、主人も私の作ったものを黙って食べるだけではなく、自分も料理するようになればいいのに」

と言う。

ぼくもそれは、本当にその通りだと思う。

 

奥さんは、

「料理本は、ときどき凝った調味料を使っていることがあり、それを買うのはいいけれど、一回使ったきりになってしまうことも多い。でもこの本は、調味料はだいたい家にあるようなものばかりなのがいい」

と言ってくれる。

このことは、まさにぼくがレシピを載せるにあたり、心がけていることだから、分かってもらえたのはありがたかった。

本の中から、「カキの酢味噌和え」を、まずは作ってみたそうだ。

「子供たちにも好評だったんですよ」

とのこと。

ベテラン主婦に、そうしてお褒めの言葉をもらい、ぼくはレシピの内容に、ますます自信を持ったのである。

 

おそらく今、こうして『おっさんひとり飯』を買い、「自炊を始めてみよう」と思っている人が、何人もいるだろう。

ぼくは、そういう人を、愛しく思う。どんなことでも、新しく何かを始めることは、勇気がいる。

その勇気をふり絞り、自炊を始めるため、まずは『おっさんひとり飯』を買ってくれたというわけだ。

 

そうして「自炊のとびら」の前に立った人たちが、どうか無事、扉を開け、中に入ってほしいと思う。また途中で挫折することなく、前へ進み続けてほしい。

そこでいくつか、「自炊に挫折しないために必要なこと」をあげてみることにする。

これは、ぼくの経験から言うことだが、当てはまる人は多いのではないかと思っている。

 

1 基本はレシピを見ないで作る

ぼくがレシピ本を出版しておきながら、矛盾することを言うようだが、これは本当だ。料理を作るときには、レシピはできるだけ見ないのがいい。

料理の一番の楽しみは、「自分で考える」ことだと思う。最初から最後まで、全部自分で考えて作るのが、完成し、食べるときの満足感はもっとも高い。

作るのは、どんなにヘボいものでもいい。ヘボくても、自分で考えたものならば、十分においしく食べられる。

それを途中で、下手にレシピを見てしまうと、レシピの料理は、自分が考えたのよりおいしそうに見えるわけだ。

そうするとつい、レシピ通りに作ることになり、自分で考えて作る機会を失ってしまうことになる。

 

2 「失敗」は覚悟しておく

ただし自分で考えて作ると、「失敗」することは多い。でもそれは、仕方ないことだ。

「失敗は、覚悟しておくこと」が必要だ。

自炊を続けるためには、「おいしい」ことより「おもしろい」ことが、モチベーションを維持するためには大切だ。おもしろいからこそ、「趣味」として、自炊を続けていくことができる。

それに特に一人暮らしなら、まずい料理を作っても、自分が我慢すればいいだけで、誰に文句を言われることもないだろう。

失敗したら、そのとき初めて、レシピを見てみるのもいい。そうすれば、料理について、多くのことを学べるはずだ。

 

3 レシピ通りに作る際には事前に熟読して内容を覚える

とはいえ、レシピ通りに作ってみることで、学ぶことが多いのもたしかだ。その場合、料理の前にレシピを何度も熟読し、「内容を覚えてから作る」のがオススメだ。

レシピ通りに作ればおいしく出来るのは、多くの場合、まちがいない。しかしレシピを見ながら作ってしまうと、レシピの内容を理解するのはむずかしい。

レシピは内容を理解するからこそ、その後の自分の糧になる。

レシピを熟読し、内容を覚えようとすることは、イコール、そのレシピを理解することにつながるのである。

 

4 ていねいに作る

料理は誰でも、忙しい時間を割いてやらないといけないだろう。だから「少しでも短時間でやりたい」と思うことは当然だ。

ただし短時間でやるために、雑に料理してしまうと、ただの「やっつけ仕事」になってしまう。やっつけ仕事に、おもしろさを感じることはむずかしい。

自炊を楽しく続けるためには、やはり自炊が「仕事」ではなく、「趣味」と位置付けられることが必要だ。

ていねいにやることで、作る料理に愛着もわき、楽しさのあまり、気が付いたら時間を忘れてしまったりもするのである。

 

5 食器洗いは洗剤を使わない

料理を作ることで面倒なのは、「食器洗い」だ。「食器洗いが面倒で料理をしない」人も、多いのではないだろうか。

この食器洗い、洗剤を使わないことで、大きく手間が省かれる。ゆすぐ時間が必要ないから、時間にして3分の1ほどに節約できる。

洗う際にはスポンジは使わず、フキンで擦るようにする。そうすれば、お湯を使えば、油汚れもほぼ落ちる。

それでも落ちない油汚れは、その後水気を拭き取れば、ほぼ気にならないくらいにきれいになる。きちんと乾かすようにすれば、雑菌の繁殖なども心配ない。

食器を洗ったり拭いたりしたフキンも、お湯だけで洗えばいい。

ただしフキンは、週に1~2回、キッチンハイターで除菌・漂白することは必要だ。

 

自炊に挫折しないため、「大事」と思うのは以上の通りだ。

いずれにせよ、続けるために必要なのは、

「人の意見にあまりとらわれず、自分が思った通りにやる」

ことではないかと思う。

もちろん上の5つも、あくまで「ぼくの意見」。参考にするにとどめ、やりながら、自分の考えを確立してほしいと思う。

 

 

さてきのうは、「あさりご飯」を作ったのである。

あさりご飯

あさりご飯は、「最もおいしい炊き込みご飯の一つ」と言えるのではないかと思う。

 

あさりは今は、「旬」というわけではない。

あさりは春先、3月くらいが一番の旬。産卵前で、身がプリプリに肥えている。

ただし年中出ていて、いつでもわりとおいしく食べられる。

 

あさりご飯は、あさりの最もおいしい食べ方の一つであるのは間違いない。あさりから出てくるうまみを、ご飯が漏れなく吸い込んでくれる。

あさりはみそ汁や吸物にするのも、やはりうまみをムダにしない食べ方だ。

しかしうまみが、ただ「だし」のままではなく、ご飯の甘みと合わさることで、「次元がちがう」とすら思えるうまさを醸し出すわけである。

 

さらにあさりご飯は、「最もおいしい炊き込みご飯の一つ」とも、言えるのではないだろうか。

炊き込みご飯は、どれもうまい。肉や魚などのうまみを、ご飯がさらに引き立てる。

しかしあさりのうまみは、「淡い」のである。

 

炊き込みご飯が淡い味だからこそおいしいのは、「豆ごはん」を想像すれば分かるだろう。

「ご飯の甘みにほのかに香るあさりのうまみ」が、あさりご飯の身上だ。

 

あさりご飯を作るには、「水加減」と「塩加減」に気を付ける必要がある。あさりは、けっこうな量の塩水を、殻を開く際に吐き出すのだ。

なので水と液体調味料を合わせた量は、通常の「米の1.2倍」より、やや少なめにする。

また塩加減も、やや控えめにするのがポイントだ。

 

それからあさりは火を通すと縮むから、本当にていねいにやろうとするなら、カキご飯と同様、途中で取り出しておいた方がいい。

しかしあさりは、縮むといってもカキほどではないから、あまり気にせず、鍋に入れたままにしても、それほど大きな問題はない。

 

あさり200グラムは、海水くらい(水1カップに対して小さじ1)の塩水に1時間くらいひたし、砂出しする。

あさりご飯

そのあと水を替えながら、両手でガシガシ殻をこすり、水がきれいになるまで洗う。

 

土鍋に、

  • だし昆布 5センチ長さくらい
  • 研いで15分ほどザルに上げておいた米 1カップ(200cc)
  • 細切りのショウガ 2~3センチ大

を入れ、上に洗ったあさりを並べる。

あさりご飯

そこに、

  • 水 1カップより心持ち少なめ
  • 酒 大さじ1
  • 淡口しょうゆ 大さじ1

を入れ、フタをして、中火にかける。

湯気が勢いよく噴き出してきたら、弱火にする。

10分炊き、火を止めて10分蒸らす。

 

たっぷりの青ねぎと、ひねり潰したゴマを混ぜ込む。

あさりご飯

 

またこれが、酒にもよく合うのである。

あさりご飯

 

あとは、すべておとといの残り物。

豚肉とカブの吸物。

豚肉とカブの吸物

 

皮やらだし殻やらの炒め物。

皮やらだし殻やらの炒め物

 

大根のサバ酢和え。

大根のサバ酢和え

 

酒は熱燗。

酒は熱燗

自分で作ったうまいものを食べ、しみじみと幸せなのである。

 

「たくさんの人が自炊を続けてくれるといいね。」

チェブ夫

ほんとにな。

 

◎スポンサーリンク



 

◎関連記事

豚肉とカブの吸物/豚肉を吸物にするとメチャクチャうまいのである

はじめて作る料理はできるだけシンプルにやってみるのがいいのである(カキめし)

アサリ料理は「うまみの引き受け先」をどう作るかがポイントなのである(アサリとじゃがいものキムチ酒蒸し)

夢の大きさでは負けないのである。(アサリと春キャベツの蒸し物)

ハモのご飯~魚の炊込みご飯は簡単でうまいのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

 

-029 その他魚料理
-