冬は「ブリ大根」なくして語れないのである。

2014/11/09

きのうはハマチのあらで、「ブリ大根」にした。

ブリ大根

冬はブリ大根なくして語れないのである。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

 

冬は、「ブリ大根」なしには語れないのである。

ブリも大根も、冬場に一番おいしくなる。その2つを合わせたものが、ブリ大根。

まずブリ大根が、「冬の食べ物」であることは、まちがいない。

 

しかもブリ大根、ただの食べ物ではない。食べ物の中でも「別格」とも言える地位を獲得している。

食べ物で、名前の「短縮形」を持っているものは、そう多くない。

「ブリと大根の煮物」を短縮し、「ブリ大根」。おなじのは、「肉ジャガ」「豚キムチ」「ニラ玉」、、、「イカ納豆」や「ジャコおろし」が、短縮形というより、本当にそのままであることを考えれば、そのくらいなのではないか。

そう考えると、別格なブリ大根を、「冬を代表する食べ物」と言ったとしても、言い過ぎではないだろう。

 

何かを代表するものがもしなかったら、その「何か」が語れないのは、言うまでもないことだ。

であるからして、冬は、ブリ大根なしには語ることができないのである。

 

とまあ、「冬はブリ大根なしに語ることができるか」という、別にどうでもいいことを考えるのに、1時間もかけてしまった。

こんなことをしているから、ブログ更新に時間がかかるのだ。

 

しかしとにかく言いたいのは、

「冬はブリ大根を食べれ」

ということだ。

ブリ大根

実に、本当にうまいのだから、これは絶対まちがいない。

 

「ブリ大根を作る」というと、何となく「面倒」なイメージがあるかもしれない。

たしかに何でも料理をすれば、ある程度の手間はかかるが、ブリ大根を作るのは、思ったほど面倒ではない。

1 ブリを下処理する
2 大根とブリを煮る
3 味をしみさせる

以上、スリーステップ。

大根を下ゆでする必要がないし、だしを取る必要もないから、下手をしたら「おでんよりラク」なのである。

 

ただし味の決め手は、「買い物」にある。

ブリアラ

「アラ」を選ぶのが、絶対にオススメだ。

きのうは、ハマチのアラのいいのがあったから、それにした。

 

切り身でもブリ大根はできるのだが、ブリ大根は長く煮るから、切り身だとどうしても「モソモソ」としてしまう。「脂でトロトロ」のブリ大根にはならないのだ。

よく居酒屋などでは、ブリ大根は切り身で出てくる。しかしこれは、アラは大量入手が難しいからではないだろうか。

家庭では、別にたくさんは要らないのだし、そのくらいの量のブリアラは、いくらでも手に入る。

 

アラはまずサッと水洗いして、「湯通し」する。

ブリ大根

フライパンにお湯を沸かし、火を止めてからブリアラを入れ、「しゃぶしゃぶ」としてお湯を捨てる。

そのあと、よく水で洗う。

特に、

血の塊
皮のヌメリ

をていねいに取り去るのが大事である。

 

フライパンに10センチ長さほどのだし昆布を敷き、まず大根を入れる。

ブリ大根

大根・2分の1本は皮のまま、大きめの乱切りにする。

ブリ大根では、大根の皮は剥かない方がいい。その方が甘みもあるし、強めの火で長く煮るから、煮崩れもしにくいのだ。

 

つづいて大根の上に、洗ったアラをならべる。

大根の方が、アラより味がしみてほしいから、下にするわけである。

ここに、

酒 1カップ
水 3カップ
砂糖 大さじ6
みりん 大さじ6

を入れて、強火にかける。

煮立ったら中火にし、まずサッとアクを取る。

 

落としブタをし、引きつづきアクを取りながら、中火のまま20分煮る。

ブリ大根

ここでまず、甘みをしっかりとしみさせるのが、ブリ大根を作る際には最大のポイントだ。

 

20分たったら、しょうゆ大さじ5を入れ、さらに20分煮る。

ブリ大根

落としブタのところまで、煮汁がしっかり上がるよう、火加減を調整する。

煮汁はだんだん少なくなるから、火はだんだん強くしないといけないわけで、終盤は「ほとんど強火か」と思うくらいになるはずだ。

 

計40分煮たところで、しょうゆ大さじ1を入れ、ひと煮立ちさせて火を止める。

ブリ大根

煮汁は、3分の1ほどになっているはずだ。

あとはフタをしてゆっくり冷まし、最低でも30分以上は置く。

 

ぼくの場合は、その間に「スピナーズ」などへ行くわけだ。

スピナーズ

30分のつもりが、まちがえて1時間半もいてしまった。

 

皿に盛り、青ねぎやカイワレなど、緑のものを散らす。

ブリ大根

 

ブリはホクホクのトロトロ。

ブリ大根

 

大根にも、かなり味がしみている。

ブリ大根

大根とブリの組み合わせが、また「何ともいい」わけである。

 

ブリ大根は、鍋に入れて置いておけば、さらに味がしみていく。

1日で全部食べてしまわず、翌日の分も取っておくのがオススメだ。

 

あとはとろろ昆布の吸物。

とろろ昆布の吸物

 

ちりめんじゃことショウガのご飯。

ちりめんじゃことショウガのご飯

酒と淡口しょうゆを少し入れて炊いたご飯に、ちりめんじゃこと細く切ったショウガを混ぜ込んだ。

 

キャベツ塩もみの梅ダレ和え。

キャベツ塩もみの梅ダレ和え

塩揉みして洗い、絞ったキャベツを、梅肉と削りぶしをたたいたの、みりん少々、淡口しょうゆほんの少々で和える。

 

酒は、熱燗なのは言うまでもない。

酒は、熱燗なのは言うまでもない

「ブリ大根に熱燗」も、最高に黄金な取合せなのである。

 

「冬はおいしいものが一杯あるね。」

チェブ夫

ほんとだよな。

 

◎スポンサーリンク



 

◎関連記事

ブリカマ塩焼きは今の時期でもホクホクのトロトロなのである

はじめて作る料理はできるだけシンプルにやってみるのがいいのである(カキめし)

生魚のどんぶりは「たまらない」のである(サンマのづけ丼)

「うまい、安い、早い!」といえば「サンマのたたき丼」なのである。

角煮大根をできる限りていねいに作ってみたのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-023 ブリ