ガッツリ豚肉の丼は「みそ味」がうまいのである(豚みそ炒め丼)

2014/11/08

「豚みそ炒め丼」をガッツリ食べた。

豚みそ炒め丼

豚肉には「みそ味」がうまいのである。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

 

豚バラの薄切り肉が買ってあり、晩飯はこれで何か作るつもりにしていた。野菜は、大根やらほうれん草やらキャベツやら、色々ある。

最近は、買い物の時点で献立を決めてしまうことは、あまりない。「食べたい」と思える食材を適当に買い込み、食前酒を飲みながら、何を作るか考える。

 

だいたい昼に献立を決めておいても、食べる直前に変わることが多いのだ。

「食べたいもの」は、腹の具合によって変わる。腹の具合は、昼と夜とでちがってくるのは当然のことだ。

だったら献立は、食べる直前に考えるのが、いちばんムダがないだろう。

 

献立を考えながら、自炊写真を投稿するフェイスブックグループ「自炊隊」を眺めていた。

自炊隊を見る以前には、豚肉は「大根と煮ようか」と何となく思っていた。

ところが自炊隊を見ていると、まずガッツリとした豚ショウガ焼きが出てくる。次に豚のてり焼きをキャベツに乗せたのが出てくる。

さらにキャベツを、蒸した料理が出てくる、、、

見ているうちに、それらを食べたくなるわけだ。

 

ここに至り、献立はほぼ決まった。

「ガッツリとした豚肉の炒め物を、蒸したキャベツの上に乗せた丼にしよう、、、」

 

このように自炊隊は、自炊写真を投稿し、自炊の励みにするためだけにあるのではない。

人の自炊写真を見ることで、献立を決めるためにも役に立つ。

「自炊隊に登録すると、自分も投稿しなくちゃいけないのでは?」

と思い、登録をためらっている人もいるかもしれない。

しかし、そんなことはない。自炊隊に登録している多くの人は、もっぱら人の写真を見ることに徹している。

 

迷っている人は、ぜひ登録してもらいたい。

自炊隊
自炊隊のページ

もちろん登録・使用は「無料」である。

 

さて「ガッツリとした豚肉の炒め物」だが、これはまずは「ショウガ焼き」が定番だろう。ショウガ焼きがうまいことに、反対するつもりは毛頭ない。

しかし「しょうゆと豚肉」は、相性があまり良くない。シンプルに「酒、みりん、砂糖、しょうゆ、それにショウガ」とやってしまうと、どうもひと味足りなくなる。

 

それでぼくは、よくショウガ焼きに「オイスターソース」を少し入れる。魚介のだしは、しょうゆと豚肉を合わせるのには最強だ。

「バター」を隠し味に使ったショウガ焼きも、食べたことがある。バターとしょうゆは、やはり強力な取合せなわけだから、これも実にうまかった。

 

しかし豚肉に味を付けるのに、最もシンプルにやるのなら、最強なのは

「みそ」

なのだ。これは「豚汁」が、豚肉料理の王道であることからも分かるだろう。

豚肉料理にみそを使えば、隠し味は必要ない。

豚みそ炒め丼

和風調味料を素直に使えば、足りないところのない味になる。

 

きのうはこれに、豆板醤を少し加えた。「ピリ辛のみそ味」が、またうまい。

それから最後に、酢を少し加える。これでクドさが和らぎ、一気にさわやかな味になる。

 

キャベツは、きのうは8分の1個、しかしこれは、4分の1個くらいはあってもよかった。ざく切りにして鍋に入れ、ほんの少々の塩をふりかけて軽く揉み、酒を少し振りかけて、弱いめの中火にかける。

豚みそ炒め丼

キャベツはやはり、「蒸す」のがうまい。うまみが溶け出してしまわないから、ほっこりと甘くなる。

10分くらい蒸し焼きにし、やわらかくなったら、丼によそったご飯の上に敷いておく。

 

フライパンにゴマ油を引いて中火にかけ、食べやすい大きさに切った豚バラ薄切り肉(コマ肉でももちろん良い)を炒める。

豚みそ炒め丼

肉の色が変わったら、

うす切りの玉ねぎ 2分の1個
ばらしたシメジ 少々

を入れて、サッと炒める。

 

よく溶き伸ばしておいた、

みそ 大さじ2(みそは何でもいいけれど、赤出しみそ(八丁味噌)だと特にうまい)
砂糖 大さじ2
酒 大さじ2
みりん 大さじ2
おろしたショウガ 2センチ大分くらい
豆板醤 小さじ1

を入れる。

豚みそ炒め丼

強火にし、1分ほど、全体を返しながら炒めたら、酢・大さじ2分の1くらいを加え、ひと混ぜして火を止める。

 

蒸したキャベツの上に盛り、青ねぎをかける。

豚みそ炒め丼

 

コッテリとしたみそ味とほっこりキャベツが、またよく合うのである。

豚みそ炒め丼

 

あとは、とろろ昆布の吸物。

とろろ昆布の吸物

 

ほうれん草のおひたし(+ちりめんじゃこ、味ポン酢)。

ほうれん草のおひたし

 

キムチ(+ゴマ油・淡口しょうゆ)の冷奴

キムチ(+ゴマ油・淡口しょうゆ)の冷奴

 

酒は、熱燗。

酒は、熱燗

料理を食べながら飲む酒には、やはり熱燗が一番うまい。

 

ちなみにちびニャン、昨夜もケンカを吹っかけていた。

ちびニャン

相手は「デカイの」、ちびニャンの母親だ。

ちびニャンは、母親だと分かっていないようなのだが、デカイのは「自分の子供だ」と、どうやら分かっているらしい。ちびニャンに挑発されても、やり返すことはない。

ちびニャンの近くで静かに座り、ちびニャンのことをジッと見ている。

 

さらにちびニャンが立ち去ろうとすると、その後を付いていく。付いてこられると威嚇するちびニャンだが、デカイのは意に介さない。

少し離れて、ちびニャンを追いかけるのである。

 

「ちびニャンと仲良くしたいのかな。」

チェブ夫

そうかもな。

 

◎スポンサーリンク



 

◎関連記事

ブリカマ塩焼きは今の時期でもホクホクのトロトロなのである

はじめて作る料理はできるだけシンプルにやってみるのがいいのである(カキめし)

肉は吸物にするのもまたうまいのである(豚肉と小松菜の吸物)

最高にガッツリとしたものを、もっとも手軽に作ろうと思えば「豚肉とジャガイモの和風ピラフ」なのである。

炒め物を和風にやろうとおもえば「甘み」がポイントになるのである(豚肉と小松菜・厚揚げのあんかけ炒め)
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉