はじめて作る料理はできるだけシンプルにやってみるのがいいのである(カキめし)

2015/09/26

きのうは昼間にカキを確保、カキめしを作った。

カキめし

はじめて作る料理は、できるだけシンプルにやるのがいいのである。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

 

料理を始めてのころは、まあもちろん、レシピを見ながら、あれこれ作ってみるだろう。これはもちろん必要で、他人から学ぶことなしには料理はなかなか上達しない。

レシピを見ながら作る場合、自分なりの解釈をせず、「一から十まで、完全にレシピ通りにやってみる」のを、一度はやってみるのがオススメだ。

料理は、材料の持ち味から火の通りやすさ、味のバランス、見た目などなど、様々な要因がからみ合って出来ている。

取るに足らないように見える、ちょっとした分量などが、実は大きな効果をもたらすことがあるからだ。

 

ただし一方、レシピ通りに作るだけでは、「料理の楽しさ」は、実はなかなか見えてこない。

料理は、「自分なりに考えて作る」ところに、最大の楽しさがあるからだ。

 

だからぼくは、料理の初心者に対しては、早い段階から、自分なりに考えて、料理を作ることを勧めたい。

レシピ通りに作ることと、自分なりに考えて作ることと、その「両輪」があってはじめて、料理を楽しく続けていけるのではないかと思う。

 

自分なりに考えて作ることが、なぜ楽しいのかといえば、そこにこそ「幸せ」があるからだ。

考えに考え抜いた料理を、考えた通りに作ってみる。そしてそれを食べたとき、実際に考えていた通りの味がする、、、

食べ物は、本能に直接訴えかけてくるところが大きいからなのだろう。その達成感と満足感が、「幸せ感」を湧き上がらせることになるのである。

 

ただしもちろん、この幸せ感は、いつでも感じられるわけではない。「失敗」をすることもあるからだ。

失敗したら、その時こそ、人のレシピを見るといい。実際に自分でやっているから、何が足りなかったのかが分かるだろう。

そうすれば、次にはその料理を失敗せずに、作ることができるようになるわけだ。

 

はじめて作る料理を自分なりに考える場合、「いちばん大事」だと思うことがある。

それは、「できる限りシンプルにやる」ことだ。

 

一般に料理は、シンプルなものほどうまい。刺身や塩焼きは、その典型だろう。

素材には、それぞれの持ち味がある。合わせる材料や調味料を増やすほど、その持ち味が見えにくくなる。

だからまずは、考えられる限りシンプルにやってみて、素材の味を見極める。

その上で、「足りない」と感じたところがあれば、ほかの素材や調味料を補えばいいのである。

 

このことは、レシピを見て料理を考える場合にも役に立つ。

レシピを見ると、「意味」が分からない調味料などが書かれていることがあるだろう。まずはレシピ通りに作ってから、今度は意味が分からない調味料を、「抜いて」作ってみる。

その2つの料理の味の差が、「調味料の意味」である。

 

ある調味料を抜いてしまうと、その料理が壊滅的に不味くなることはあると思う。

しかし逆に、抜いた方がうまいことを見つけることもあるだろう。

 

まずい料理を食べるのは、誰でもあまり、嬉しくはない。

でも料理の理解を深めるには、それも必要なことなのだ。

 

さてきのうは、「何としてもカキを食べよう」と思ったのである。

遅い時間にスーパーへ行ってしまうと、出始めで、人気のカキは売り切れる。そこできのうは、ブログ更新を終えた昼間、早々にスーパーへ行き、カキを確保した。

 

これを、「カキめし」にすることも、決めていた。

カキめし

自炊隊で見て、「食べたい」と思ったからだ。

しかしカキめしを作るのは初めてだったから、「最もシンプル」と思われるやり方をすることにした。

 

まず入れる材料だが、元々は、ゴボウや油あげ、竹輪などを入れようと思っていた。しかしそれらは全てやめ、だしの昆布とショウガで炊き、最後に青ねぎを混ぜ込むことにした。

 

作り方だが、一番シンプルに考えれば、カキを初めから最後まで、一緒に炊き込んでしまうのが簡単だ。

しかしカキは、火を通す時間が長いと、惨めなくらいに小さく、硬くなってしまうことは、知っている。どこかで取り出し、最後に加えるようにしないといけないだろう。

これだけは、ネットで調べた。

すると、はじめにカキを調味料でサッと煮て、煮汁だけを炊き込んで、蒸らす前にカキを加えるのが一般的らしい。

そのやり方を採用することにした。

 

カキ100グラムは、片栗粉を振って揉み、何度か水を替えて洗う。

カキめし

「片栗粉を振る」のは、広島の魚市場の人から習ったことだ。

 

洗ったカキを、

酒 大さじ1
みりん 大さじ1
淡口しょうゆ 大さじ1

で、ほんの1~2分、サッと煮る。

カキめし

ここでカキを煮過ぎないのがポイントだ。

 

土鍋に

だし昆布 5センチ角くらい
研いでザルに15分くらい上げておいた米 1カップ
ショウガ細切り 2センチ大くらい
水 1カップ

を入れ、カキの煮汁もすべて注ぐ。

カキめし

フタをして中火にかけ、湯気が勢いよく出てきたら弱火にし、10分炊く。

10分したらフタを開け、カキを並べてフタをする。

フタをして、30秒ほどしたら火を止めて、10分蒸らす。

 

たっぷりの青ねぎを混ぜ込み、好みでスダチや一味をかける。

カキめし

 

ほかに材料は、あったらあったでいいと思うが、これはこれで、しみじみとうまかった。

カキめし

 

あとは、「キムちくわ」。

キムちくわ

これは、我ながら久々の大ヒットだった気がする。

キムチとちくわを、ゴマ油と淡口しょうゆ少々で和える。

キムチとちくわは、抜群の相性だ。

 

ツナのみそ汁。

ツナのみそ汁

水に2カップにツナ缶を油ごと入れ、野菜を煮てみそを溶き入れる。

 

万願寺の焼いたの。

万願寺の焼いたの

万願寺とうがらしをグリルで焼き、削りぶしとポン酢をかける。

 

酒は熱燗。

酒は熱燗

相変わらずの飲み過ぎだ。

 

「ぼくは失敗したの食べるのイヤだな。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク



 

◎関連記事

カキは今が最もうまいのである。(カキのオイスターソース炒め)

商店街は顔が見えるから楽しいのである。(カキと鶏のみそ煮込み)

カキの疲労回復効果もハンパないのである。(カキのぬた)

鶏めしは「もっともうまい炊き込みご飯」の一つである。

キムチ・チャーハンも生米から作ると手軽でうまいのである(豚キム・ピラフ)
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-026 カキ
-