『おっさんひとり飯』出版の報告を飲み屋にするのである。

2014/11/02

『おっさんひとり飯』新装版・出版の報告をするために、四条大宮の飲み屋を4軒まわった。

京子

たとえ寝るのが4時になっても、報告はしないといけないわけである。

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

 

『おっさんひとり飯』新装版、無事に出版されたから、近所の本屋を覗いてみた。

料理本のコーナーには、見当たらない。

料理雑誌のコーナーも見てみたが、そこにもない。

「まだ配本されていないのかな、、、」

そう思い、担当の人を呼んでもらって、挨拶をすることにした。

 

話をすると、、、。

おっさん本

なんとレジ前のカウンター、お店で一番いい場所に、「ガツン!」と平積みされていた!

 

これは、ありがたいことである。

担当の人は、前のムック本のとき、ぼくが挨拶したのを気にかけてくれていたそうだ。

前回は、発売が11月末になったため、おせち料理の本に場所を取られて、うまく並べてもらうことができなかった。

今回は時期も早いし、

「何とかちゃんと並べてあげよう、、、」

そう思ってくれたのだろう。

 

そうして書店が気にかけてくれるのなら、ぼくもすることをしないといけない。

ポップを作ることにした。

10枚以上の試行錯誤を重ねた末、出来たのがこれ、、、。

おっさん本

「自炊は『自由』だ」はあとがきのタイトルで、ぼくが今回、一番伝えたいことでもある。

 

よく行くコーヒーショップでも、話をしたら、何冊か置いてくれることになった。

顔見知りの店員も、

「買いますよ!」

その場でお金を払ってくれる。

 

本が出るのは2年ぶり。それをこうして、喜んでもらえるのはありがたい。

となれば次に、やはり「飲み屋」へ、報告に行かないといけないだろう。

一番喜んでくれるのは、日頃お世話になっている四条大宮の飲み屋である。

 

真っ先に報告するのは、4軒に絞ることにした。本当は、まだ行きたいところもあるけれど、一晩でまわるのは、それ以上はちょっと無理だ。

店主には、サイン本を贈呈することにした。いつもお世話になっているから、お礼として、そのくらいはしないといけないだろう。

 

まず行ったのは、家から一番近い、ギャラリー&バー「スピナーズ」。

ギャラリー&バー「スピナーズ」

ここはぼくが、四条大宮の飲み屋のなかで2番めに長く行っている店で、お客さんも、ほとんどの人が顔なじみ。

マスターに本を渡し、お客さんにも見てもらう。

「料理をしながら見るにも、コンパクトな方が使いやすいよね」

「あ、これおいしそうだなあ、、、」

評判も、悪くはないようである。

 

きのうはハロウィン。

ギャラリー&バー「スピナーズ」

店員の男の子も仮想している。

 

血だらけのお客さん、、、。

ギャラリー&バー「スピナーズ」

 

マスターも、ちょこっと鼻血をたらしていた。

ギャラリー&バー「スピナーズ」

 

ポテトサラダをつまみに頼む。

ギャラリー&バー「スピナーズ」

カリカリのベーコンが入っていて、香ばしい風味がする。

マスターとも、色々と話しをした。

 

マスターは、30代も半ばになった。大宮のお客さんでも、30代半ばの人が、体調を崩したり、健康診断で引っかかったりという話をちょこちょこ耳にする。

「高野さんは、もう50も過ぎたから、飲み過ぎで体調を崩しても、それはそれでいいでしょうけど、ぼくはまだ先があるから、『このままでいいのか』と、不安になることもあるんですよね、、、」

とマスター。

たしかに30代後半から40代前半にかけ、体力が急速に衰えるから、20代の頃とおなじようにしていたのでは、体が持たない。

 

でもそれについては、ぼくは考えがある。

「飲む量をセーブするより、食い物に気を使ったほうがいいと思うんだ、、、」

これは、ぼくの経験に基づくことだ。

 

40代の初め頃、疲れがどうにも抜けなくなった。睡眠時間を十分取ったり、スポーツジムに通ったり、サウナへ行ったりしてみたけれど、どうにもダメ。

ところが自炊を始め、豚肉とニラの鍋を食べてみたら、あれほど抜けなかった疲れが、一晩で、前の日まで疲れていたことを忘れるほど、抜けていた。

それ以来、ある程度の年になったら、「食い物に気を使わなくてはいけない」と思うようになったのだ。

 

マスターは、

「なるほど、食い物ねえ、、、」

半分納得したような、そうでないような調子である。

でもいずれマスターも、自分の身にしみて分かる時が来るだろう。

 

それからも、お客さんと、あれこれと話しをした。

すると、9時から飲み始めたのに、もう11時。まだあと3軒まわらなくてはいけないのだ。

お勘定をし、お客さんにも挨拶し、次へ向かうことにした。

 

次は、たこ焼き「壺味」。

たこ焼き「壺味」

大将も、出版を祝ってくれる。

頼んだのは、つぶ貝わさび漬け。

たこ焼き「壺味」

大将が、小浜まで出かけて仕入れてくる。

 

わりと長く知っている、女性のお客さんがいた。

「私には贈呈してくれないの?」

と言うから、一冊贈呈。

「お客さんとかにも、ちゃんと宣伝してあげるから」

とのことである。

 

「俊ちゃんも、頑張っていてエライよね、、、」

ぼくのことを「俊ちゃん」呼ばわりするその女性と、苦労話に花が咲く。

「やっぱり、人から何と言われても、一つのことを続けるのが大事よね」

女性も、仕事のステップアップを目指し、学校に通っているそうだ。

ひとしきり話をし、そのうちほかのお客さんも入ってきて、話題が別のことに移ったから、ぼくは次に向かうことにした。

 

向かった先は、ほっこりバー「Kaju」。

ほっこりバー「Kaju」

ここはぼくの、「本籍」のような店である。

5年前に京都へ来て、はじめに馴染みになった店だから、マスターはぼくのことを大宮の誰よりも知っている。

マスターには、事あるごとに報告を入れ、相談に乗ってもらったりもする。

 

マスターは、差し出した本を黙って受け取る。

別に何も言わないけれど、きちんと考えてくれる人だ。

頼んだのは、まずおでん。

ほっこりバー「Kaju」

 

それから、お客さんが持ち込んだというサバ寿司。

ほっこりバー「Kaju」

これがウマくて、半生のシメ加減がいいのはもちろん、すし飯の調整が、また絶妙。

おかわりした。

 

深夜12時をまわっていたが、お店は満員。顔見知りの人が多かったから、色々と話しをした。

料理本を持ち込んだから、料理の話にもなった。

一人暮らしの男性で、趣味でパンやらぬか漬けやらを作る人が話をしている。イースト菌もぬか床も、使わないとダメになるから、自分が食べられる以上の量を作るハメになるのだそうだ。

「たまに作ったパンを、誰も食べる人がいないから、捨ててしまうこともあり、何のために作っているかわからないですよ」

と言うから、大笑いした。

 

けっきょくKajuでものんびりし、店を出たのは2時近く。

しかしそれでも「京子」には、行かない訳にはいかないのだ。

 

さすが給料後の金曜だったからだろう、そんな時間でもお店は満員。

京子

ぼくは一番隅の、一つだけ空いていた席に、なんとか座れた。

女将に出版した本を渡す。

「ああ、小さいのは、いいね」

褒め言葉をくれる女将。

 

店内は、すでにカラオケで絶好調。

京子

ぼくも早速、歌い始める。

出てきた料理は、酒粕の鍋。

京子

あり合せの材料を使って作った「めちゃくちゃ鍋」と女将は言うが、ほっこりと体があたたまる。

 

お客さんで、ぼくのブログを見てくれている、ぼくよりたぶん、少し年上の人がいた。

「ブログに載っていた角煮大根、この休日で、ぜひやってみようと思うんですよ、、、」

ぼくは、

「煮立てさえしなければ大丈夫ですから、ぜひやってみてください」

と、太鼓判を押す。

 

あとは、カラオケ。お客さんが、帰ってはまた入ってきてとなるから、なかなかキリが付けられない。

それで結局、店を出たのは4時近かったという次第である。

 

しかしこうして、出版を喜んでくれる人がいるのは、ありがたい。

四条大宮に住んで、ほんとに良かった。

寝るのが遅くなることくらい、べつに屁でもないのである。

 

「本がたくさん売れるといいね。」

チェブ夫

ほんとにな。

 

 

◎スポンサーリンク



◎関連記事

『おっさんひとり飯』新装版がいよいよ発売されました!

『おっさんひとり飯』新装版が、予約受付中なのである。

角煮大根をできる限りていねいに作ってみたのである。

40になったらニラを食え。(豚ニラ鍋)

京都・三条会商店街は一人でも楽しいのである。
◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み