京都・三条会商店街は一人でも楽しいのである。

2014/10/27

京都・三条会商店街の夜市へ行った。

三条会商店街・夜市

三条会商店街は、「一人でも楽しい」のである。

 

 

食事のための買物は、スーパーですることもある。仕事が忙しいときなどは、昼間に時間が取れないこともあり、夜遅くまで開いているスーパーは、便利は便利。

ただスーパーで買物をすると、レジで会計をしたあと、品物をバッグに詰めるとき、いつも必ず、ちょっと悲しい気分になる。

これはたぶん、スーパーでは、買物をするとき、誰ともひと言も話をしないからだと思う。

レジのとき、「レジ袋は要りますか?」に「いいえ」、「ポイントカードお持ちですか?」に「いいえ」と答えるだけだから、お店の人と、人間どうしの交流が生まれる余地はない。

 

もちろん、「べつに買い物をするのに人間どうしの交流など必要ない」と思う人もいるだろう。

しかしこれは、実際に食事を作り、また食べるときに「幸せ」を感じられるかどうかを、意外に大きく左右するのではないだろうか。

 

商店街で買物すると、たとえば魚だったら、まずは魚屋の若大将が「目利き」して選んだものになる。

新鮮で、脂が乗ったサバなどがあった場合は、若大将は、わざわざ奥の調理場から店先へ出てきて、「これはおいしいですよ」と勧めてくれたりもする。

下処理を頼めば、若大将がていねいにやってくれる。料理の仕方は、女将さんが教えてくれる。

挨拶もするし、世間話に花も咲くしで、一匹の魚に、たくさんの人の「顔」が付いてくるのである。

 

家に帰れば、魚と一緒に、その顔を持ち帰ることになる。

料理をしたり、それを食べたりするときに、その人たちは、いつも自分と一緒にいる。

そういうとき、「幸せ」は、より大きくなるのではないかと思う。

 

便利さだけを求めてしまうと、見えなくなるものがある。

その見えなくなるものが、じつは一番大事なものであることも、少なくないと思うのである。

 

そういうわけで、買物は、ぼくはできるだけ近くの「三条会商店街」でするようにしているわけだが、きのうはその三条会商店街の「夜市」があり、出かけてきた。

三条会商店街・夜市

三条会商店街は、今年「100周年」に当たっていて、その記念イベントとして、いつもは夏だけにやる夜市を、この時期にも開催したわけだ。

夜市では、各商店が店の前に出店をだす。

ビールを飲みながら、それを冷やかし、ちょっとしたツマミを買い食いしたりできるという趣向である。

 

彼女や親しい女友達でもいれば、二人で行くのが一番楽しいにはちがいない。

それでおととい、ツイッターとフェイスブックで、

「誰か一緒に行く人いないかな~(女性限定)」

と、それとなく呼びかけてみた。

 

しかしそれには、返事はなし、、、

仕方ないから、一人で出かけることにした。

 

向かった先は、まずは魚屋。

三条会商店街・夜市

いつもお世話になっている、「ダイシン食料品店」。

 

うまそうなものが色々あり、ちょうどお腹も減っていたから、片っ端から買い込んだ。

三条会商店街・夜市

ホタテ焼きとハモの唐揚げ、サバの唐揚げに、びんちょうまぐろのカルパッチョ。

お盆も借りて、店の脇に出された床几台に座り、通る人を眺めながらビールを飲む。

これがまた、気分がいいわけである。

 

それから次に、魚屋のすぐ先にある「山崎・喜與門豆腐店」

三条会商店街・夜市

ここでもいつも、豆腐や油あげを買っている。

 

食べたのは、「大根・大葉の湯葉巻き」。

三条会商店街・夜市

細切りの大根はシャッキリしていて、またうまい。

 

八百屋へも行った。

三条会商店街・夜市

やはりお世話になっている、「玉弁食品店」。

マリオとルイジの衣装を着た双子の娘さん、揚げたパスタを売っていて、中学生に大人気。

三条会商店街・夜市

 

ぼくはかぼちゃのスープをもらった。

三条会商店街・夜市

ホックリと癒やされる。

 

「肉の三条イマムラ」。

三条会商店街・夜市

豚コマ肉を買う店だ。

食べたのは、ジャンボフランク。

三条会商店街・夜市

さすが肉屋が売るだけあり、味が濃い。

 

腹も落ち着き、ふと八百屋の向かいを見ると、エステサロンがある。

三条会商店街・夜市

「Prism」という名前だが、八百屋にはちょくちょく来るのに、自分には関係がないエステサロンは、あるのに気付いていなかった。

立て看板に、「ハンドマッサージ無料」の文字、、、

三条会商店街・夜市

お店の人は、全員若くてカワユイ女性、、、

 

「こんな酔っぱらいのおっさんでも、マッサージしてもらえますか?」

聞いてみると「OK」とのことだったので、早速マッサージしてもらったわけである。

三条会商店街・夜市

極楽、極楽、、、

 

普段は女性客限定のサロンだそうだ。

料金は、1万円くらいが相場のところ、5千円くらいだとのこと、オススメだ。

 

さらにブラブラ歩いていると、洋品店が、セールをしている。

三条会商店街・夜市

 

ブルゾンを、500円で買った。

三条会商店街・夜市

 

1時間そこそこの滞在時間だったのだが、とても満喫した気分になった。

三条会商店街は、「一人でも楽しい」のである。

 

夜市のあとは、たこ焼き「壺味」。

たこ焼き「壺味」

若い仲間が、「ご一緒しましょう」と誘ってくれていた。

早めに引き上げるつもりだったが、話が盛り上がってしまったため、店を出たのは11時、、、

 

さらに、後から来た池井くん、およびその友達も誘って、イタリアンバル「トレオット」。

イタリアンバル「トレオット」

ここでも話が盛り上がり、出たのは2時、、、

 

最後は一人で「餃子の王将」。

餃子の王将

ラーメンセットを食べ終わり、寝たのは3時。

結局フルコースになってしまった次第である。

 

彼女が出来る様子は、いまだ、ない。

しかし大宮に住んでいれば、ないならないで、不自由もないのである。

 

「いい年してガツガツするのもみっともないしね。」

餃子の王将

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク



 

◎関連記事

荒木晋太郎くんの絵を衝動買いしたのである。

飲み屋では若いギャルとも知り合いになれるのである(およびめし粒がパラパラとしたチャーハンの炒め方、冷水は体調不良の原因になる件)

飲み屋とのつき合いは「報告」が欠かせないのである。

これからの時代は「やりたいことをやる」のがほんとに大事なのである。

東京から京都へ移住すると学ぶことが多いのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み