倒れたら、延命措置はせずに死にたいのである。

2014/09/03

ぼくはもし、街中などでばったり倒れたら、延命措置はせずにそのまま死にたい。

延命措置はしないでください

人生は、一回きりでいいのである。

 

 

会社をやめ、退職金でブラブラしていた頃、つくづく思ったのが、

「オレはうまい酒が飲めれば、あとは人生それでいい」

ということだ。仕事上で、やりたいことは色々あると思っていたが、それはあくまで「仕事上」の話であり、もし金がいくらでもあり、仕事をしなくていいのなら、別にそれもしなくていい。

やりたいことは、一通りやって来て、身勝手な人生を送ってきているから、自分的に「やり残した」と思うこともない。

「あとの世代への義理」は、果たさなければいけないと思っているが、それも自分の寿命があればの話で、無理してやることでもないだろう。

 

だからぼくは、もう、いつ死んでもいいのである。別にそれが、「今」でもいい。

あとは神様が、ぼくを生かしておいた方がいいと思えば、そうするだけの話だろう。

長生きするために努力するのは、「したくない」と思うのだ。

 

ただし、死ぬまでは、健康でいたいとは思う。死に方の理想としては、

「きのうまでピンピンしていたのに、今日になったら死んでいた」

というものだ。

だから健康には、それなりに気を遣う。気の遣いどころとしては、主に「食生活」である。

 

食事については、

「食べたいと思うものを食べている限り、体にいい」

と思っている。

体が欲するものは、体が必要としているものだろう。だから大切なのは、体がどのようなものを欲しているかを、神経を鋭敏にして感じ取ることだけではないかと思っている。

 

これを誤解することがあるのであり、例えば酒を飲んだあと、ラーメンが食べたくなる。しかしこれは、本当は、体は「麺」を欲しがっているのでなく、体内のアルコールを分解するため、アミノ酸がたっぷり溶け出した「汁」を飲みたがっているのである。

だからここで、ラーメンを食べるのではなく、とろろ昆布の吸物を啜ることにするなどの判断は、当然のこと必要となる。

 

体の不調に関しても、例えばどこかが痛かったとして、すぐに医者に行かないといけないわけではないこともある。

ぼくは以前、奥歯の歯根が痛くなったことがある。本当に奥歯の根元のところだから、これは磨き残しによる歯周病ではなく、歯根に潜んでいた細菌が、何かの拍子に暴れ出したと思われた。

 

医者に行けば、抗生物質を投与され、そのあと歯に穴を開け、病巣を消毒し、またそこを埋めて歯になにか被せてと、数ヶ月に及ぶ治療となる。ぼくは以前にそれをしたことがあり、大変な思いをした。

しかしその時は、かなりの痛みがあったけれど、歯医者へは行かないことにしたのである。

 

歯根が痛いということは、細菌と、免疫細胞が戦っているということだ。痛みの意味は、必ずしも「医者へ行け」ということではなく、「ぼくたち、頑張ってますので!」という、免疫細胞からのメッセージだと考えてもいいはずだ。

それならば、そのメッセージは「受け止める」のが筋だろう。

心のなかで、免疫細胞を「ガンバレ!」と応援し、さらに暴れる細菌に「なめんなよ」とニラミを利かせておいたら、痛みは1~2日で引き、あとは完全に治ってしまった。

 

肌にしても、石鹸で洗ったり、さらには風呂に入ったりし過ぎないほうが、臭くもならないし痒くもならない。

必ずしも、医者を全否定するわけではないのだが、細胞や、肌の微生物など体そのものが持つ働きを、もっと信じてもいいのではないかと思うのである。

 

がんは自覚症状がないそうだ。だからがん検診をマメにして、初期の段階で発見しなければいけないと言われる。

しかしこれについても、「本当なのか」と、ぼくは思う。体が自覚できないことを、なぜ知らなければいけないのかと思うのだ。

 

これはもちろん、年齢や、その人の考えによっても違うし、また例えば放射線などの影響がありえる地域に住んでいるなら、それはそれで、気を付けなければいけないこともあるだろう。

しかしぼくの場合は、もしがんになったのなら、それは「寿命」だと思ってあきらめたい。だいたいぼくは、たばこをスパスパ吸っているわけだから、がんにならないわけがない。

がんになったら、神様が、「もうこれで十分だよ」と言ってくれたと思い、素直に死にたいと思うのだ。

 

だから今年から、がん検診はもちろんのこと、健康診断へはもう行かないことにした。

自分の体は、人にとやかく言われずとも、自分で判断するから、それでいい。

 

あと心配なのは、街中などで、脳の血管や心臓が破裂したりして倒れたとき、自分の意志に反して延命措置をされることだ。こちらとしては、それは理想の死に方なのだから、それを止められてしまうのでは口惜しい。

 

そこで運転免許証に、その旨、書き込んでおくことにした。

延命措置はしないでください

救急病院に搬送されると、まず身分証明を探すとのことだから、運転免許証に書き込んでおけば、医者は必ず、それを目にすると聞いた。

 

ぼくは人生、一回きりでいいのである。

それを大事に生き、味わい得るものを味わえれば、それで十分だ。

 

「ほんとにそんなに潔くできるの?」

チェブ夫

その時になってみないと解らないけどな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

人生は、後悔してこそナンボである。

洗濯機は使わない方が、日々の洗濯はラクである。

「災い転じて福となす」は本当なのである。

免疫諸君に頑張ってもらうためには「気合いが重要」であることが改めて証明されたのである。

風呂には毎日入らなくても全く問題ないのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-085 人生についての持論