しょうゆと削りぶしで味付する正調ゴーヤチャンプルー

ゴーヤチャンプルーもこの夏はこれで最後かもしれないと思ったから、最もオーソドックスと思われる、しょうゆと削りぶしで味付したゴーヤチャンプルー。

正調ゴーヤチャンプルー

具は、すべて別々に火を通すのがポイントである。

 

 

夏野菜に、順次別れを告げているのだけれど、やはりゴーヤにも、挨拶を忘れるわけにはいかない。ゴーヤとなれば、やはりゴーヤチャンプルー。

ゴーヤチャンプルーは、この夏、作り倒した感があり、

などなど、自分的にはずいぶん新境地を開拓したのだけれど、やはり最後に、今一度ゴーヤチャンプルーを作るとなれば、最もオーソドックスと思われるやり方を選びたい。

正調ゴーヤチャンプルー

やはり、しょうゆと削りぶしで味付したものになるだろう。

 

沖縄は、ぜひ一度行ってみたいと思うのだけれど、料理がとても興味深い。南方にあるから、東南アジアの影響を強く受けているだろうと思うし、実際ゴーヤチャンプルーにしても、いかにもエスニックな雰囲気が漂ってくるけれど、調味料がすべて、しょうゆだの、ショウガだの、削りぶしだの、和風のものになっている。

和食には、炒め物の伝統はないわけで、だから炒め物をするとなると、どうしても中華風になってしまうわけだけれど、沖縄の料理を見ていると、和風調味料のみを使い、どうやって炒め物をしたらいいかがよく解る。

ゴーヤチャンプルーの場合なら、「削りぶし」が、大きなポイントとなっている。

 

これは一度、ぜひ試してみたらいいと思うけれど、きょうのゴーヤチャンプルーを、削りぶしを振りかけずに食べてみるのだ。削りぶしは、食べてみたあと振りかければいいのだから、被害はない。

すると、どうだろう?ちょっと間の抜けた感じの味になっていると思う。

ここで改めて、削りぶしを振りかけて食べてみる・・・。

すると、味がバッチリ、決まるのを、感じられると思う。

 

これは、「豚肉としょうゆ」の相性によるものだ。豚肉としょうゆは、今ひとつ、相性がよくないのだ。

 

塩焼きした魚なら、しょうゆだけかけて食べてもうまいだろう。ところが塩焼きした豚肉は、しょうゆだけだと、どうしても味が足りない。

これはしょうゆが、魚に合わせて開発されてきているわけで、仕方のない話だろう。

なのでしょうゆを豚肉に合わせるためには、味を何か、足す必要がある。

 

足すものには色々あり、まずはニンニクが王道で、これは中国が採用している。それからショウガという手もあり、これは「ショウガ焼き」の原理だろう。

酸味を足す手もある。とんかつにおろしポン酢をかけるのは、そういう話だ。

それから辛味を足す手もあり、シュウマイは、カラシじょうゆで食べるだろう。

 

さらに日本が、王道として採用しているやり方は、「だし」を使うことなのだ。豚肉を和風に煮る場合には、角煮にしても、肉豆腐にしても、かならず削りぶしのだしを入れる。

これを沖縄では、炒め物に応用し、削りぶしを振りかけているというわけだ。

削りぶしを炒め物に振りかけるのは、ゴーヤチャンプルー以外にあまり見かけないと思うけれど、じつは豚肉をしょうゆ味で炒める場合の、王道といえるやり方なのだ。

 

しかし沖縄では、料理はどのように成立してきたのだろう。

機会があれば、ぜひ研究してみたいところだ。

 

ゴーヤチャンプルーを作る場合は、しょうゆは淡口を使うのがいい。せっかくの緑や黄色、白などが、濃口だと真っ黒になってしまう。

それから、具はすべて、あらかじめ別々に火を通す。

火の通りがそれぞれ違うから、全部一緒に炒めてしまうとグダグダになる。

 

まずゴーヤを下ゆでする。

正調ゴーヤチャンプルー 作り方

塩一つまみを入れ、ほんとに20~30秒、軽くでいい。

 

卵も、サラダ油で炒めておく。

正調ゴーヤチャンプルー 作り方

あまり細かく、炒り玉子みたいにしないで、大きめにまとめておくと、食べ応えがよい。

 

それからきのうはやらなくて、「失敗した」と思ったのだが、豆腐もあらかじめ、サラダ油で炒めておく。

切り方は四角でもいいし、手で食べやすい大きさにちぎると味がしみやすい。

 

豚コマ肉200グラムをサラダ油で炒める。

正調ゴーヤチャンプルー 作り方

肉に火が通ったら、酒と淡口しょうゆ大さじ1ずつ,砂糖とおろしショウガ小さじ1ずつを加え、サッと混ぜる。

 

ゴーヤと卵、豆腐をもどし、全体を返しながら味をしみさせる。

正調ゴーヤチャンプルー 作り方

最後に味を見て、塩ほんの一つまみくらいを加え、火を止める。

 

皿に盛り、削りぶしを振りかける。

正調ゴーヤチャンプルー

言わずと知れた、黄金の味である。

 

あとは、とろろ昆布の吸物。

とろろ昆布の吸物

お椀にとろろ昆布、削りぶし、水に浸して絞った焼き麩、青ねぎ、淡口しょうゆを入れ、お湯をそそぐ。

 

ナスのじゃこポン。

ナスのじゃこポン

塩もみし、水で洗って絞ったナスを、ちりめんじゃことおろしショウガ、味ポン酢で和える。

 

キュウリの梅かつお。

キュウリの梅かつお

すりこ木で叩いてちぎり、塩もみして水洗いしたキュウリを、包丁で叩いた梅肉と削りぶし、それと同量程度のみりん、ほんの少しの淡口しょうゆで和える。

 

酒は焼酎水割り。

酒は焼酎水割り

相も変わらず、飲み過ぎているのである。

 

「ゴーヤにもお世話になったよね。」

チェブ夫

ほんとにな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

豚肉豆腐トマト入りは、たまらない味である。

万願寺とうがらしは、豚肉と、ピリ辛みそ味で炒めると、めちゃくちゃうまいのである。

豚肉と万願寺とうがらしの塩レモン炒めは夏に打ってつけなのである。

昼めしには、豚肉の焼きソバが最強である。

万願寺とうがらしと豚肉のサッパリ煮は、夏には打ってつけのコッテリさわやかな味である。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉