ハモのご飯~魚の炊込みご飯は簡単でうまいのである。

2015/09/26

きのうはハモのご飯を肴にした。

ハモのご飯

魚の炊込みご飯は、簡単にでき、うまいのである。

 

 

炊込みご飯に魚を入れるというと、意外な感じがする人もいるかもしれない。炊込みご飯といえば、たしかにまず、鶏肉を入れたものが思い浮かぶ。

それがなぜだか、よく解らないのだが、炊込みご飯は、実は魚を入れても大変うまい。要は「塩焼きして入れる」だけの話で、作るのはごくごく簡単だし、土鍋ごと食卓に出せば、ごちそう感もあり、さらにきのうのハモなどのようにやや値が張る魚なら、ごはんや具でかさ増しされ、財布にも優しい。

 

入れる魚は、本当に何でもいいと思えるのであり、鯛やアナゴ、スズキなど白身系の魚はもちろんうまいし、

カキやアサリ、イカ、タコなどの魚介系は、定番とも言えるだろう。

サバやサンマなどの青身の魚を入れてみたこともあるのだが、

これも臭みなどは特になく、問題なくうまかった。

 

ハモのご飯は、酒房京子で初めて食べ、

それ以来、家でも時々やる。

上品なハモの風味がなんともうまく、「いかにも京都」という味だ。

 

京都では、スーパーなどでも、骨切りしたハモが売っている。

ハモ

生のやつをそのまま買ってくればいいし、落としにしたものでもいい。

 

一緒に入れる具は、香り出しのごぼう、味を吸う油あげとコンニャク、それにハモのうまみを補う竹輪とした。

ハモのご飯

ハモはていねいにやるのなら、サッと焼いてから入れるのだが、丸まってしまうから串を打たないといけなくて面倒だし、大して臭みがある魚でもないから、生のまま入れてしまうので、問題ない。

 

一人用の土鍋に5センチ角ほどのだし昆布を敷き、研いだ米1カップを入れる。

ハモのご飯 作り方

ささがきにし、5分ほど水に晒したゴボウ、うすく切り、サッと下ゆでしたコンニャク、お湯をかけて油抜きし、細く刻んだ油あげ、うす切りにした竹輪、そして食べやすい大きさに切ったハモを重ねていく。

 

土鍋で炊込みご飯を作る場合、水加減と調味料の量を、よくよく考える必要がある。途中で味見ができないから、火にかける前に、全てを決めてしまわないといけない。

 

まず白めしを炊く場合なら、水の量は、米の1.2倍が標準だ。炊込みご飯の場合にも、これと同じでいいのだが、ちょっと考えないといけないことがある。

まず水の量は、「酒やしょうゆなど水気の調味料と合計した水分の量」ということになる。だから純粋に水の量は、炊込みご飯の場合には、米の1.2倍から、調味料の量を引かないといけない。

また具に、水気を吸うものを入れた場合、その分、水の量も増やさないといけない。

 

きのうは調味料を酒を大さじ1(15cc)、みりんと淡口しょうゆを大さじ2分の1ずつ、塩小さじ2分の1を入れることにしたから、油あげとコンニャクが水気を吸うことを考え、水気が1カップの1.2杯(240cc)よりやや多くなる、水1カップ+大さじ1を入れることにした。

 

ちなみに、油あげやコンニャクを、米の上に重ねるのでなく、米に混ぜ込んで入れる場合は、さらに水の量を増やす必要がある。

米と同じ高さにあると、煮汁に浸ったままになるから、油あげやコンニャクは、余計に水気を吸うからだ。

 

フタをして、土鍋を中火にかける。

ハモのご飯 作り方

湯気が勢いよく吹き出してきたところで弱火にし、10分炊いて、そのあと火を止め、10分蒸らす。

 

炊込みご飯は、出来上がるまで中が見えないから、フタを取るのが楽しみだ。

ハモのご飯

ハモとゴボウの、いい香りがする。

 

茶碗によそい、わさびを天盛して食べる。

ハモのご飯

ハモの優しいうまみが、しみじみうまい。

 

それから炊込みご飯は、お湯や氷水を入れ、水漬け、湯漬けにすると、またうまい。

ハモのご飯

きのうの晩は、水漬けにし、

 

ハモのご飯

さらにきょうの昼には湯漬けにした。

 

あとは、オクラととろろ昆布の吸物。

オクラととろろ昆布の吸物

お椀にとろろ昆布と削りぶし、淡口しょうゆ、細い小口切りにしたオクラを入れ、お湯をそそぐ。

 

たたきキュウリのツナラー油。

たたきキュウリのツナラー油

すりこ木でたたき、指でちぎって塩もみし、5分ほど置いて水洗い、水気を拭き取ったキュウリと、ツナ、少量のしょうゆ、たっぷりのラー油とレモン汁で和える。

 

それにナスの味ポン酢。

ナスの味ポン酢

5ミリ幅くらいに切り、塩もみして5分ほど置き、水洗いしてよく絞ったナスを、おろしショウガ、味ポン酢、すりゴマと一味で和える。

 

酒は、焼酎水割り。

酒は、焼酎水割り

きのうはご飯物があったから、いつもよりは飲み過ぎなかった。

 

「鶏の炊込みご飯もおいしいけどね。」

チェブ夫

あれも黄金の味だよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

豚肉豆腐トマト入りは、たまらない味である。

サンマは、やはり酢じめである。

肉じゃがは、煮汁を煮詰めるとうまいのである。

万願寺とうがらしは、マーボー味でクッタリと煮るとまたうまいのである。

イカとトマトの麻婆ナス/新しいメニューは似たような料理から類推するのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-029 その他魚料理, 04 鍋料理・ごはん物
-