ムック本『おっさんひとり飯』は「隠れた名作だ」と言いたいのである。

2016/01/03

重版が止まっているムック本『おっさんひとり飯』だが、未だにけっこう売れていて、評価も高い。

おっさんひとり飯

『おっさんひとり飯』は、「隠れた名作だ」と、ぼくは言いたいのである。

 

ムック本『おっさんひとり飯』は、現在のところぼくの唯一の著書で、2年前に出版された。

重版は止まっていて、アマゾンでは中古本か、または「コレクター商品」と呼ばれる、高額な新品のみしか買えないのだが、未だにけっこう売れていて、きょうの時点で、「男の料理」部門で30位、こないだは19位だった。

 

評価がまたけっこう高く、現在のところ8人の人がカスタマレビューを書いているのだが、その全てが、満点の5つ星。ブログを見てくれていた人もいるのだが、本屋で初めて見て、気に入ってくれた人もいるようだ。

レビューをいくつか、引用してみると・・・。

「ブログは知らないし、聞いた事もなかった。 本屋でペラペラ捲ってみたら、美味そうな写真のオンパレード。 結局気になり、後ほどAmazonで購入。 ポイントはやはり、美味そうな写真とシンプルなレシピ。 ちょっと面倒そうな料理もなんとなく挑戦しようかという気にさせてくれる。 料理本と見てもなかなか使える一冊。 」
(By 魚神)

「独身男性の哀愁を料理への情熱に昇華していく姿が清々しい、気取りのないレシピ本です。

実際にいくつか作ってみたところ、私にとっては味付けが若干甘め・濃いめに感じましたが、ちょっとした料理でも出汁をきちんととるという姿勢が好印象でした。

料理研究家などという大層な肩書きを掲げながら、その飯の種であるレシピ本の材料項目に恥ずかしげもなく「コンソメ」だの「だしの素」だの「中華スープの素(味覇)」だのを載せる手合いの多い中、そういったものを常備していない私にとっては非常に「使える」一冊となりました。」
(By ひぼたん)

「おっさん飯ってタイトルだけど『お袋の味』ですね。
30代後半以降の男性が確実に好みそうな料理ばかりです
最近こういうの食べてなかったな~っ
なんか懐かしいな~、えーっと作り方は~
おぉー材料も作り方もシンプル~これなら作ってみようかな
と思わせる物が多いです。
すっごい旨そうなのにヘルシーなものが多く体にも優しそうです
下手な『男が喜ぶ』だとか『ダイエット』や『節約』系のレシピ本を買うなら
この本を買った方が断然いいです。
洋風なおしゃれな料理もいいけど若い女の子がこんな料理を
当たり前の様にササっと作れたら絶対かっこいいし惚れられると思う。」
(By にゃんまげ)

などなど。

著者が言うのも何だけれど、「絶賛」とも言える内容だろう。

 

この本は、出来上がった時点で、

「いい本が出来た」

と、自分で思った。編集の人は、ぼくのブログを見てくれていて、編集作業も楽しんでやってくれた。

ぼくもこれまで、自費出版で、本を何冊か作っているから、売れるかどうかは別として、「いい本であるかどうか」は作った実感から解る。

重版がされないのは残念だが、まあ、出版社も色々考えがあるのだろう。

 

それでも中古本で、これだけ健闘してるのは、大したものなのではないか。

『おっさんひとり飯』は、「隠れた名作だ」と、ぼくは言いたい。

 

「また重版されるといいね。」

チェブ夫

ほんとにな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

[料理本紹介]池波正太郎『食卓の情景』

〔料理本紹介〕玉村豊男『料理の四面体』

〔料理本紹介〕池波正太郎『そうざい料理帖』

檀一雄「檀流クッキング」は自炊をする男性には絶対的におすすめなのである。(イワシの煮付け)
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-53 料理本