三条会商店街にオープンした担々麺の店「匹十」はなかなかうまかったのである。

三条会商店街に担々麺の店がオープンし、商店街で話題になっていたから、行ってきた。

匹十

これがなかなか、うまかったのである。

 

 

京都三条会商店街は、ほんとに元気な商店街で、30代の若手商店主が中心となりながら、様々なイベントも企画して頑張っている。やはり商店の代替わりがうまく進んだことが、この活況のポイントなのだろうと思う。

また若手の人たちが中心になりながら、新しい店が開店することを、応援する雰囲気も作られている。

上の世代の人達は、新店を「ライバル視」する傾向もあったようだが、今ではそれは微塵もなく、店が閉まれば、すぐに新しい店が決まってオープンする。

 

話題になるような店も多いらしく、テレビ局もちょくちょく取材に来る。おしゃれな店もたくさんあり、いわゆる「昔ながらの古びた商店街」のイメージは、三条会商店街にはあまりない。

 

そこへ最近になって、担々麺の店がオープンしたと聞いた。商店街にある肉屋の息子さんが始めたそうで、

「けっこうおいしいらしいですよ・・・」

話題になっている。

 

三条会商店街といえば、ぼくの庭のようなものだし、これは行ってみないわけにはいかないだろう。

それできのう、早速食べに行った次第である。

 

店の名前は「匹十(ピート)」という。

匹十

三条会商店街の西の外れに近いあたり、スーパー「フレスコ」よりもまだ西、このあいだ、「Men's Leaf」

でぼくも取材に協力した立ち飲み屋「たけ屋」の隣にある。

店の前面に書かれた象の絵は、有名な画家の人が描いたものなのだそうだ。

店内は、白木一枚板のカウンターが据えられて、ちょっと割烹料理屋かと思うような、上品な設えとなっている。

 

メニューは、担々麺とチャーシュー担々麺、それに牛チャーシュー丼。

匹十

 

ぼくはまずは、ザーサイをあてにビールを頼んだ。

匹十

 
 

ご主人は、たぶん40代くらいだろう、それに奥さんらしき女性と、親戚の方だろうか、年配の男性店員が一人いる。

まだ慣れない様子だが、穏やかな雰囲気の人たちで、少し話をしたけれど、感じがよかった。

 

ビールを飲み終わって、担々麺。

匹十

丼に顔を近づけると、ちょうど「出前一丁」と同じ、あのごまラー油の香りがする。

 

スープを一口飲み、麺をすする。

匹十

これは、うまい。

担々麺としてはオーソドックスだと思うけれど、しっかりとしたコクがある。

よくありがちな、ゴマと唐辛子の味だけで食べさせるようなものではなく、かなり分厚いうまみを感じる。

 

聞くと、スープは鶏と豚と、両方を使うそうだ。

肉屋の息子さんだから、スープの材料などについては、安く手に入るのではないだろうか、材料をケチらずきちんと使い、丁寧に作っているのだろうなと思った。

 

帰り道、噂を聞いた商店の人たちにも、「おいしかったですよ」と報告した。

好みはあっても、行って後悔することは、まずないだろうと思う。

 

「また行かなくちゃね。」

チェブ夫

そうだな。

 

営業時間は、11時半~3時(LO)。

月曜定休。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

京都大宮「セアブラノ神」で背脂煮干しそばを食べ、「なかなかなものだ」と思ったのである。

今週は「PiPi」で3回昼酒をしたのである。

京都三条会商店街のイベント「夜店」はすごい人出だったのである。

京都がますます居心地よくなっているのである。(三条会商店街ミニライブ、たこ焼き壺味)

商店街は顔が見えるから楽しいのである。(カキと鶏のみそ煮込み)
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-084 飲食店