福島の桃は食べるに決まっているのである。

2014/08/23

ブログ読者の福島県農家の人から、採れたての桃を送ってもらった。

福島の桃

福島の桃は、食べるに決まっているのである。

 

 

1ヶ月くらい前、おっさんひとり飯のフェイスブックページに、

「福島の桃食べますか?」

とメッセージが入った。

その人のページを見ると、一応本名は書いてあるものの、詳しい情報などはなく、どういう人だかよく分からなかったので、

「おいしそうですね!」

とだけ答えたのだが、そうしたら、先日その人から改めてメッセージが入り、

「住所が分からなかったので、桃をPiPi宛に送りました。オーナー様とお分けください」

とのこと。そして翌日であるきのう、喫茶店「PiPi」に荷物が届いたのである。

福島の桃

お礼の電話をしたとき聞いたら、送ってくれたのは福島県の農家の人で、この桃は、自分のところで作ったものなのだそうだ。

 

早速一つを食べてみる。

福島の桃

でかい!

 

皮を剥き・・・、

福島の桃

 

食べる。

福島の桃

まだ熟れていないから少し硬いが、それでもうまい。

 

福島県は、山梨県に次ぐ、全国2位の桃の名産地だそうである。

以前フェイスブックで、福島の知り合いが桃を食べる話を書いていて、いかにもうまそうだったから、ぜひ食べてみたいと思っていた。

 

きのうはそれで終わったのだが、きょうになり、そのことをブログに書く段になり、ハタと考え込むこととなった。

「そういえば、放射線はどうなんだっけ・・・?」

 

まずぼく自身について言えば、

「福島の人が食べているのであれば、ぼくも食べる」

という立場である。もしそれが、仮に放射線で汚染されていたとしても、関係ない。

だいたいぼくは、タバコを吸う。有害物質の筆頭とされるタバコを吸う人間に、微量の放射線による危険を云々する資格はないだろう。

 

しかしブログに書くのであれば、単にぼく自身のことではなく、福島県産の桃の安全性が実際のところどうなのかを、もう少し詳しく知る必要がある。ぼくのことはいいとして、例えば子供も、食べても大丈夫なのだろうか。

それでネットを調べ始めたのだが、「福島 桃 安全性」などと検索すると、出てくる記事の半分以上が、安全性に疑問を呈するものだ。「検査方法に問題がある」のがその理由となっている。

 

それでその検査方法について、ちょっと詳しく調べてみた。

福島県の農産物の放射線検査は、「ふくしまの恵み安全対策協議会」という、生産者団体、流通業者、小売業者、消費者団体、および福島県によって設立された団体によって行われ、その検査結果がホームページで公表されている。

 

このホームページによれば、まず米については、現在福島県では、生産者による全量全袋の検査が行われている。それにより、放射線量が基準値を下回り、安全性が確認されたものだけが出荷される。

それから野菜や果物などについては、まず県による抜き取り(モニタリング)検査が行われる。

本来はそれに合格したものは、出荷してもいいはずなのだが、さらに生産者は、自主的に網羅的(スクリーニング)検査を行い、安全性を確認しているのだそうだ。

 

桃についての検査結果を見てみると、この2ヶ月で、3500点にも上る自主検査が行われ、その全てにおいて、基準値100ベクレル/kgに対し、放射線の検出は25ベクレル/kg未満だったとなっている。

つまり現在のところ、「福島県産の桃は安全である」と言い切っていいのだろう。

 

全く、涙ぐましい努力である。

この検査をするために、どれだけの余計な時間と費用がかかるのだろうと思う。

 

この検査を疑うことは、もちろんできる。検査の方法など、細かくつつけば、いくらでも疑問は見つかるだろう。

でも農家の人達は、抜き取り検査に加えて、さらに自主的に網羅的な検査までを行っている。

さらにその上、どこまでやれば、信用されるというのだろう。

 

もちろんそれは、国に責任があることだ。国が事故処理をきちんと行わず、さらに情報を隠すから、疑う気持ちが湧いてくる。

安倍首相が桃をみずから食べて見せ、安全性をPRするなど、何の意味もないことだ。

そんなことをすればするほど、余計に疑いたくもなるだろう。

 

ぼくに桃を送ってくれた農家の人が、

「福島の桃食べますか?」

と聞いてきたとき、どんな複雑な想いがあったのだろうと、今、思う。

もしかしたら「危険だから食べたくない」と、言われるかもしれないとも思っただろう。

 

それに対して、メッセージではすぐに答えられなかったけれども、今ははっきり答えたい。

 

福島の桃は、食べるに決まっているのである。

 

「甘くなるのが楽しみだね。」

福島の桃

ほんとにな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

「福島本」は福島に想いをもつ人は必見なのである。(親子炒め)

福島を忘れてはいけないのである。(郡山/新月、一平、来来、Bar Coos)

震災を忘れてはいけないのである。(ブリのてり焼き、ホタルイカと菜の花の酢みそ和え、ほうれん草と新子のおひたし)

郡山の本格バーは充実しているのである。(郡山/姑娘飯店、春待堂、BARdeMOBO)

郡山は「飛躍」しようとしているのである。(郡山/春待堂、花春酒蔵 河童、小結、フォーク酒場6575)
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-083 福島